Thinking

ほぐすこと大事。

ほぐすこと。

とどこおりをなくすこと。

体も、こころも。
そして、時間も。

どこかに、無理な力がかかるというか、心の均衡が崩れるというか無感覚っぽくなる時
その時は体がどこかこわばったり、心も固くなったり、時間もあるようでないという焦燥感に駆られるものだと思った。

おや?私今否定的じゃないか?どうしたんだ。と思って点検をしたところ
首のリンパがパンパンで触るだけで痛くなっていた。
体と心はつながっている。
お休みの人が多くて対応件数がその分、しわ寄せが来ていた今日の業務。。。
神様と一緒にしたくても、自分の考えでいつの間にか苦しくまたなっていた・・・。
顎下から首のライン肩に向かって、息を吐きながら上から下にただ撫でた。
固く張っているところを少しつまむように、2回3回、繰り返してみた。

私の考えで一人で苦しくなっていたことがわかった。
神様は隣で助けたかったけれど、
私が神様を呼ばなかった・考えなかったことで、神様も私も苦しかったんだな・・・
なんでこんなに忙しいんだ。なんでみんな休んじゃうんだろ。
どっかで詰問してしまう考え知らずにストレスを培養してしまっていたのだとわかった。

神様を呼ぶ・考えると考えが変わる。
神様は絶対肯定の神様だから。
人は見える範囲で見えたまま判断をするが、神様は見えない心と未来すべてを見通して導いて下さる。
だから、人間の考えと神様の考えは絶対的に違うのは考えの次元だ。

「神様の考え」を一言でいうならば「肯定的」

全てを受け入れ、善を目的にして力を与えてくださる神様の考え。
チョン・ミョンソク先生から御言葉を学んで思う。

忙しいからこそ、心を失わないようにもっと神様を呼んでみよう。
自分を守って、誰かの助けになるように、最善を尽くそうという考えですれば、新しい次元に上がるチャンスだよね。

パンパンに張った首を神様と一日を振り返りながらマッサージした時に、そう思った。

そうなのだ。
いつも、事象が問題ではない。自分の考えが問題なのだ。

どのようにとらえて、どのように判断し、どのように対応・行なっていくのか。
あぁ私、また繰り返しちゃっていました。。。すみませんと神様に謝った。

神様は、わかったからいいじゃないかとおっしゃったかんじがした。
マッサージに使っていたBio-oilのやわらかく甘い花の香りが固くなっていた首と心をつつんで溶かしてくれた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  2. 胸にしみたひと言。
  3. このブログをしている理由。
  4. キリスト教福音宣教会とは?

関連記事

  1. Thinking

    実践者の哲学。

    「ジャパネットたかた」の創業者、高田氏の人生哲学についての記事を読んだ…

  2. About 摂理

    リアルに制約を受けない愛。

    摂理で神様の愛、神様から人間に向けられている願い・想いを知り、自分…

  3. Thinking

    和睦をあじわう。

    これ奇跡だと思う。摂理に来る前は、傷つくよりは一人でいる方がいいと…

  4. Thinking

    一年の4分の1が過ぎました。

    明日で、4月も終わり。本当に光のように早く4月がおわり、そして冬か…

  5. Thinking

    感性が、写真と文字であらわれる。>せつりぺたぺた日記

    以前も一度、紹介したのですが「別れへの感じ方が変化した話」を読んで…

  6. Thinking

    人生とは攻撃と防御の生だ。

    チョンミョンソク先生がおっしゃった一言。すべきことを「行うこと…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. Workつれづれ

    ピアノの先生からトラックの運転手へ!
  2. イキサツ。

    ジュエリー店員が見た真の宝石
  3. イキサツ。

    エステティシャン→整形外科の若手主任に!
  4. イキサツ。

    憧れのピアノ講師…のはずが?
  5. イキサツ。

    バイクで意識不明、気づいたら病院に…
PAGE TOP