Thinking

一番の敵との和解。

一番仲良くすべき、存在と仲良くできない私。
自分自身が一番の敵。

この矛盾がいろいろな弊害を生んで来た。。。

こんな自分が愛されるはずがないという箱に自らを閉じ込めるし、
自分などいないほうが周りに迷惑が掛からないだろう・・・とか思っていた。。。
10代の終わりに読んだ太宰治の「人間失格」。
「生まれてきてすみません」主人公のその一言が私の気持ちを全部、すっきり代弁してくれていた。

そんな、こんなで病んだ心・考えだったので、健康なクリアな考えを持っている方と共にすると
勝手に落ち込み、勝手に傷つく事が多かった時期もあった。

いろんなことがあって、解かれていって、今がある。。。

神様を知らなければ絶対愛を知らないから、自分の存在が不安だったんだな~
神様という存在が目に見えないからこそ絶対的だということも、ちゃんと神様と交通するお祈りを体験してこそ納得するな~と。

神様と心をやり取りするようなお祈り。
それが、自分の心と考えが変わるようになる。。。

だから、祈る事が私にとって一番の力。癒しの始まりだったなとおもう。

中高でも毎日礼拝で祈っていた経験があるけれど、
一番具体的に祈りについて教えてくれたのは摂理だった。

具体的な祈り。
たとえば。。。。

自分の前に神様がいると思って、対話するようにお祈りする事。

これが私の神様との交通の初めの一歩だった。

そして、この基本が本当にいつも大事だなと思う。。。
自分自身が一番の敵だったけれど、神様と対話することで、自分と和解し助け合えるようになった。
自分のことが嫌いじゃない人にはまったくなんの話か分からないだろうが。。。

世の中には、こういう人もいるのです。そして、学問的な知識では解けませんでした。
そういうお話であります。。。

この記事を書いたブロガー

黄雲 kou★un
生まれも育ちも山梨。東京へ通いながら摂理のバイブルスタディを学び、意を決して上京した後、教会がない山梨で生活している平信徒アラフォー。中高短大山梨英和卒業。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 胸にしみたひと言。
  2. キリスト教福音宣教会とは?
  3. このブログをしている理由。
  4. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。

関連記事

  1. Thinking

    手をつないで。

    振り上げた拳を下ろし 手をつないで赦せない…

  2. Thinking

    終りとはじまり。

    スマップが解散して、さみしいと涙する方が日本に溢れているだろうけれど、…

  3. Thinking

    大阪教育大学~カラスとの攻防戦その②~

    先日、大阪教育大学で大量に発生したカラスの大群とバ…

  4. Thinking

    本物だと思った。

    今日の主日の説教で<霊を考えて生きる人の生>はどんな生でしょう…

  5. Thinking

    繊細さじんわり。

    運転免許更新にて講習を受けた。ただテキストを読むのではなくて、…

  6. Thinking

    人生の苦痛を通して生み出された詩。

    チョンミョンソク先生がどんな思いをしてこられているのかそれを沁みる…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    ダイバーちーちゃん、世界の海へ!
  2. イキサツ。

    20歳のトラックドライバー、その後
  3. イキサツ。

    業界No1のエステティシャンが見た現実は…
  4. イキサツ。

    憧れのピアノ講師…のはずが?
  5. イキサツ。

    ピアノの先生からトラックの運転手へ!
PAGE TOP