Thinking

軍歌と平和とオリンピック。

8月になると、祖父がよく軍歌を歌いながら涙目になっていたのを思いだす。

その涙は、憂いというよりは当時に戻っている感じのものだった。

祖父は事故や病気で何度か脳の手術をしたので障碍者手帳を持っていた。
感情、言動にちょっと個性というか特徴があった。

時々、年相応の年配者のようになるが、子供じみた冗談が多くてどこからが本当でどこからが冗談なのか区別がつかないそんな面白い人だった。

そんな祖父が「ここはお国から何百里~」と軍歌を歌いながら「曹長殿~」と涙する寸劇が始まり、B29がとかいろいろ
当時のことを語りだすあの夏の日が懐かしい。

私が小学生だった時は、夏休みには必ず戦争映画、ドラマが放映されていて、というか大体夏休み入る前には「火垂るの墓」を学校で鑑賞する時間があって戦争について考えさせるときだった。
それに輪をかけるように祖父の演劇的回想は、私に生々しい何かに触れさせる感じがしたものだった。

「あんくれぇのとき、だったな。満州に行ったのは。」と高校球児たちの試合終了の涙と一緒に涙を流す祖父の姿。
校歌斉唱と一緒に軍歌を歌いながら、当時見たものについてとつとつと語る。

祖父は、大正生まれにしては体格が良く、170センチ以上あり健康優良児という太鼓判を押されて陸軍に配属されたそうだ。
戦争に行く前は相撲大会で優勝をした写真があり、額に入れて飾ってあった。
兵隊になったら大砲を担いでかなりの距離を歩いたと言っていた。
戦争で死ぬのは、兵士だけじゃなくて、子供や女のひと、おばあさん、おじいさん、民間人もだ。たくさん、目を覆いたくなる思い出したくないキオクは多く語らずにいた。

もし、戦争がなかったなら、
野球や相撲で、隣国交流出来たかもしれない。

笑いあって、美味しいごはんを一緒に食べて、青い空の下で汗をかきながら入道雲を見上げながら、スイカを食べる夏の暑さも心地よいそんな日を過ごせたかもしれない。

「もうあんな思いはしたくない。」

いつも戦争のことを思い出した後に、その一言をつぶやく姿。

戦争がどれだけむごく恐ろしいものなのか、記憶の傷をなぞる祖父の姿と平和だからこそできるオリンピック競技の中継を見ながら思い出した。

祖父のその一言には、同じような思いを味わせたくない。そういう思いも感じた。

おじいちゃん、大丈夫だよ。

戦場で敵を愛して誰も殺さずに生還してきたチョンミョンソク牧師から愛って平和ってどうやって培っていくのか、成していくのかそれを学べるから。
自分の生活の中で出会う様々な場面で最善を尽くすことが出来るから。

なかなかむずかしいとしても、平和と愛を成すことを選択できるよ。
そうできるように、日々もがいているけれどね。
私だけのメダルを目指して人生を生きてみているよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. キリスト教福音宣教会とは?
  2. このブログをしている理由。
  3. 胸にしみたひと言。
  4. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。

関連記事

  1. Thinking

    野鳥の鳴き声で思い出した。

    ↑これは序の口versionです。もっ…

  2. Thinking

    『問題』を乗り越えると生まれるモノ。

    「大皿に入ったサラダ見なかった?食べたりした?」と朝から形相が迫力ある…

  3. Thinking

    真剣さ。

    刃物のような鋭く研ぎ澄まされた集中力。シングルスの三位決定戦の…

  4. Thinking

    街を通してもらった『実践すること』のメッセージ。

    甲府市役所が立て替え中の時、工事の壁に寄せ書きをしよう~というイベント…

  5. Thinking

    雨の日は生きる力をたくわえる日。

    雨雲な日は、雨の日にしかできないことをする日。雨の音に耳を澄ますと…

  6. Thinking

    夢で見た自分の家。

    「夢で「自分の人生の家」はどんな家なのか見なさい。」と言われて、昔…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. Workつれづれ

    20歳のトラックドライバー、その後
  2. Workつれづれ

    業界No1のエステティシャン…結末は!
  3. イキサツ。

    ピアノ講師から転換!次の道は?
  4. イキサツ。

    憧れのピアノ講師…のはずが?
  5. イキサツ。

    業界No1のエステティシャンが見た現実は…
PAGE TOP