Thinking

チョンミョンソク牧師をどうして信じるのか?

元摂理のメンバー(キリスト教福音宣教会に在籍していた)実の妹に正月に久しぶりに会いました。

思いもよらなかったのですが、彼女から家族の問題を発端にいろいろと話し始めて(というかぶちまける感じでしたが)どうして教会に通わないことにしたのか?を自ら語ってくれました。

「理想論を長い時間話をきいても何も変わらない。というか、良い話を聞いてもこんな行動する人たちってどうなんだろう」という事があったと、色々話してくれました。妹はもう通わないって決めたから!ということで、一切今後は話をしてくるなと言っておりますので(というか、もうすでに妹に連絡取る奇特な方はいらっしゃると思えないのですが)もしご存じの方で気に留めて下さっていた方は気兼ねなくお忘れくださいm(__)m

正直、私自身が言うだけで「行ない」がない。そう認めざるを得ないため深く深い痛みを覚えさせる現実に向き合う今年始めとなりました。
しかし妹に対してモーレツに腹立たしい気持ちもあり、どうにもこうにも整理がつかない思いの中で、自分の対峙すべきモノとあいまみえて当たり前なことを受け止めるに至りました。

色々とぼろくそいわれる自分については、ただ私が変わればいいだけのことなのだと。

そして・・・・これだけはハッキリ伝えなければならない!って思いました。

「チョンミョンソク牧師は理想論を話しているのではない。」ということを。

どうして、私がそう思うのか?そのように信じるのか?というと

一番逃げ出したくなる思いをしたときに、どう生きるのか?
希望が見いだせない時に、どう生きるのかを見せてもらったからです。

総会長牧師のチョンミョンソク牧師とは直接同じ空間にいることなど、以前もこれからも全くないであろうくらい遠い距離のワタシですが、その方をどうして、信じられるのか?というと、教えてもらうことが具体的な話だからです。

たとえば、思うとおりに行かない。
もしくは、不条理な仕打ちを受ける。

そんな時、どう思うのか?どうするのか?
人を恨まずに環境のせいにすることなく、より善い生き方をするってどうしたらいいのか?

私だと、負のスパイラルで生きる希望も力も出せないのですが、教えてもらったことを自分の生活でやってみるならば、得られるようになったのです。
希望が無くなりそうな時には、希望を。
愛を見つけることができそうにもない時には、愛を。
目には見えないけれど、実感するから今日も明日も生きることができる。
そんな生きる力を得られるようになったからです。

 

じゃなんで、妹にとってそれが「理想論」になってしまうのか?

 

信じること・どのように受け止めるかは人それぞれ自由だから。
それに尽きるなあと、しみじみ感じます。

そして、
苦い味が心に広がる中、決めました。

理想論ではなくて、理想的な生き方。
行なって伝えるチョンミョンソク牧師のスタイルを私もホントに身につけよう。
と。

そんなわけで、良薬口に苦し的に今年がスタートしたのでした。

この記事を書いたブロガー

黄雲 kou★un
生まれも育ちも山梨。東京へ通いながら摂理のバイブルスタディを学び、意を決して上京した後、教会がない山梨で生活している平信徒アラフォー。中高短大山梨英和卒業。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. キリスト教福音宣教会とは?
  2. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  3. このブログをしている理由。
  4. 胸にしみたひと言。

関連記事

  1. Thinking

    歯を食いしばって、踏ん張ろうと思える一言。

    ちょっと、仕事で悔しい思いをしました。自分の至らなさを目の当た…

  2. Thinking

    なんか疲れた。

    力が出ないというか起き上がれないというか原因理由も考えたくない…

  3. Thinking

    実践者の哲学。

    「ジャパネットたかた」の創業者、高田氏の人生哲学についての記事を読んだ…

  4. Thinking

    おいしい生活、おいしいソース。

    先日、拠点(メンバー宅)にお泊りさせてもらった時「美味しい野菜の…

  5. Thinking

    ぶーたれる時、何が来ているか。

    「この日ちょっとみんなお休みが集中しているから、ほかの日検討してもらえ…

  6. Thinking

    芽が出た。

    パクチー好きゆえに種を入手し育ててみようとして1年越し放置でし…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    エステティシャン→整形外科の若手主任に!
  2. イキサツ。

    憧れのピアノ講師…のはずが?
  3. イキサツ。

    20歳のトラックドライバー、その後
  4. イキサツ。

    業界No1のエステティシャン…結末は!
  5. イキサツ。

    エステティシャンからリハビリ・看護助手へ転職!?
PAGE TOP