Thinking

「カルト宗教摂理」の理由を発見。

カスタードって、卵ありきじゃないですか。
なのに、卵使わないってどういう了見ですか?とおどろくじゃないですか。
卵使っていないと言われるまで気づかずに、完食してしまうレベルのタルトをビーガン(肉・魚・乳製品を使わない)カフェで頂いたんです。
おいしすぎる。。。

目からウロコ的に美味。
卵のコクをどうやって出すんですか?ときいたところ
工程と材料の配分に秘訣があるようですが、アーモンドプードルがポイントだねと仰っていました。

作り手のたゆまない研究と努力に感動しつつ、ふと思いました。

もし、卵から作られていないカスタードなんて「邪道」と思う方がいるならば、
美味しいタイルだとしても「きっと食べない」だろうなって。

そこから、「摂理はカルト宗教」って思っている方も、邪道だよね。って思って毛嫌いしているんじゃないかって気づいたんです。。。

摂理カルト疑惑が生じる要素を考えた時・・・・

団体の発祥地とかなんだろうなぁと。
思い当たるところはそこでした。

たしかに発祥地が韓国です。
摂理(キリスト教福音宣教会)が説いていること、いわゆる「教え」がどんなか?というと
聖書をもとに創造主神様と神様が送って下さったキリストイエス様の精神と愛です。
詳しくはこちら⇒公式HP「キリスト教福音宣教会

悪いところだよって話がある理由として考えられるのは・・・・

「勧誘されるから気を付けてね」って大学で見聞きしますが、そのあたりですよね多分。

その点に関しては
りおさんブログ⇒摂理ナビ「摂理の正体を隠した勧誘方法
日本では一般的に、宗教に対してのイメージが悪いからつい、隠してしまった・・・
これが事実確認的な内容かもと思いました。

摂理の勧誘についてまとめた記事「摂理の人はどのような方法で勧誘(伝道)されてきたのか」も参考になるかもです。

ちなみに私個人や私の周りでは、「私はクリスチャン(神様やイエス様を信じています)ですよ」と自己紹介を普通にしてます。
そして、その人にとって良いかもと思う時は、「聖書学ぶといいよ!」とオススメ(紹介)しています。

 

卵から作られるカスタードタルトも、卵から作られていないカスタードタルトも
美味しくて心身によいならば、それでいいじゃないって思う人の方がたぶん多いと思いますが、
宗教も「とくに問題なければいいんじゃない?」っていうかんじになれたらいいのになぁ。。。
まぁそうなるように、もっとイメージアップに取り掛かるというか、、、認められるように「行ない」の次元レベルアップに励みます(;O;)

今年の初めに、ぺたぺた日記のhanaちゃんが「カルトはカルタの間違いじゃ?」という記事をかかれて、摂理内部の人々は
腹を抱えながら「そうかも!」と思った方がたも、少なくなかったはずです。

あながち思い過ごしでもないかもねと、裏も表もないありのままさとある種の洞察力から語られるその実態が面白いのでまだ読んだことがない方は是非読んでみてください。↓

摂理がカルトではないことをカルタをつくって説明してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 胸にしみたひと言。
  2. キリスト教福音宣教会とは?
  3. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  4. このブログをしている理由。

関連記事

  1. Thinking

    和睦をあじわう。

    これ奇跡だと思う。摂理に来る前は、傷つくよりは一人でいる方がいいと…

  2. Thinking

    ちーちゃん、摂理に洗脳された妹を救いに!?

    ~摂理に出会う前の私・ちーちゃん篇13~整形外科で若手主任とし…

  3. Thinking

    勝利を左右するモノ。>思考の戦い

    否定的な自分との戦い。武器を見つけました。私たちの心は目と…

  4. Thinking

    失望を希望に変えるには。

    今週の主日の御言葉が「つまずくな」で、つまづきとは一体なんなのか明…

  5. Thinking

    元裁判官の方が書いた「告発本」が国民審査の「お助け本」になっている件。

    「衆議院議員総選挙」だけでなく「最高裁判所裁判官国民審査」…

  6. Thinking

    1%の霊感

    子どもの頃から、絵を書くのが  大~好きだった  まっちゃん。…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. Workつれづれ

    20歳のトラックドライバー、その後
  2. イキサツ。

    ピアノ講師から転換!次の道は?
  3. Workつれづれ

    ピアノの先生からトラックの運転手へ!
  4. イキサツ。

    ジュエリー店員が見た真の宝石
  5. イキサツ。

    憧れのピアノ講師…のはずが?
PAGE TOP