Thinking

途中下車したっていいじゃない。

きれいな夕日を見てそう思った。

中学生だった時、不登校気味になったことがある。

そんな時、父と見晴らしがいい所に行ったことがある。
駅のホームが見えた。
電車から出る人、乗る人その様子をみながら

「みんな生きていくこと生活することは一緒だけれど、時々自分のリズムで生きるってのが必要な時ってあると思うんだ。
同じ場所にいても、感じること考えることはそれぞれだから。」

そんな感じのことを言われた。

あまりにも意外だったから、驚いて今でも覚えている。

なんだか息苦しさを覚えるならば、新鮮な空気を吸いにホームに少し出るのも必要な時がある。

大切なのは、目的地を忘れないこと。

最後まで行くこと。

この2つさえあれば、「時」を逃さない限り途中下車も時にイイと思う。

大事なのは後悔しない選択と行動。
行動をちゃんとできるように考えのメンテナンス。
そんなこと思ったゆうぐれ。

この記事を書いたブロガー

黄雲 kou★un
生まれも育ちも山梨。東京へ通いながら摂理のバイブルスタディを学び、意を決して上京した後、教会がない山梨で生活している平信徒アラフォー。中高短大山梨英和卒業。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  2. 胸にしみたひと言。
  3. このブログをしている理由。
  4. キリスト教福音宣教会とは?

関連記事

  1. Thinking

    自分の価値と本来の値打ち。

    「すべての果物には共通点があります。それは!熟してこそ「本来の成分…

  2. Thinking

    忘れられなかった一言。

    「買う方がいるから、売る方もいるわけじゃん。なんで、ウルほうばかり悪く…

  3. Thinking

    摂理人みて思ったこと。

    ありのままであることの強さ。飾らない美しさ。すり減るではな…

  4. どーでもいいハナシ

    実践しようとして、わかった現状。

    「鉛筆の先で刺すよりは、鉛筆のもつところ、横で触るように伝える事」…

  5. Thinking

    どうしたら失敗を恐れなくなるのか?

    「失敗を恐れない」ということが成功をする生き方だということを話している…

  6. Thinking

    おかあさん。

    世界でたった一人しかいないお母さん。私の職場にはお母さんがいっ…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    憧れのピアノ講師…のはずが?
  2. イキサツ。

    エステティシャン→整形外科の若手主任に!
  3. イキサツ。

    バイクで意識不明、気づいたら病院に…
  4. イキサツ。

    ピアノ講師から転換!次の道は?
  5. イキサツ。

    ダイバーちーちゃん、世界の海へ!
PAGE TOP