なんちゃってCooking

1分の手間でご飯つくっちゃいましょ。

疲れたなぁ寒いなぁ。
そんな時、おなかすいててもご飯作るのがめんどいってことありませんか。

私はあります。

めんどくさがる自分に「1分だけだからさ。」と勧誘しています。。。

メニューは一汁一菜
「さんまのかば焼き炊き込みご飯」と「えのきのあったかスープ」

材料はコレ

・さんまのかば焼き缶詰 1個 クリックすると新しいウィンドウで開きます
・大葉 数枚

・えのき
・しょうが
(味付けの調味料は麵つゆor中華だし系お好みで選択してください)

作り方
「さんまのかば焼き炊き込みご飯」
さんまのかば焼き1缶をお米1合分を炊く時にただ乗っけて炊くだけ。
炊き上がったら、大葉数枚クリックすると新しいウィンドウで開きます千切りにして混ぜ込んで、終了。(2枚くらいで良いと思います)

お米研ぐ時間は個人差があると思いますが、
缶詰を開けるのは、30秒くらいあればできるはず。
そして、大葉の千切りも15秒もかからないはず。
炊きあがったご飯に大葉を混ぜ込むのに10秒もあればOKでしょう。

料理上手な摂理メンバーから教えてもらったレシピですが、これホント簡単なのにめちゃんこ(死語)美味しい。
何だコレどうして私今まで作らなかったんだろう。。。
そう思える一品。
手軽においしく「なんだか美味しいご飯食べた気になれる」レシピは炊き込みご飯系ですねやはり。

「えのきのあったかスープ」
飲みたい分の量の水を鍋に入れます。
しょうが(ひとかけら分)を千切りにして、
えのきの石づき(おがくずがついている部分)はカットして取ってしまい
クリックすると新しいウィンドウで開きます
裂けるチーズみたいにお好みでさいて、お鍋にイン。
沸騰したらできあがり。

味付けは・・・
麵つゆならば沸騰してからお好みの量を入れて出来上がりです。
中華だしは顆粒やペースト状のものだと、えのきインするあたりに一緒に入れるのが良いと思います。

えのきは火の通りが早いので、沸騰するまでの待機時間は強火で焼く5分弱くらいだと思いますがそれで完成してしまいます。
切って入れるだけの手間的には
しょうがのカットに30秒
えのきのカットに30秒 みたいなイメージです。。。
ただ鍋にいれて火が通るのを待つだけ。

好みで、かつおぶしを入れてもいいし、粗挽き胡椒入れたり、すりごま入れてもいいと思います。
溶き卵をいれてかき玉スープにするのも有りですね(^^)
かき玉スープにする場合は私は酸辣湯にしちゃいます。
酸辣湯もどきにするには、お酢とラー油を入れるだけです。

寝る前の1分で朝ごはん用に「さんま蒲焼炊き込みご飯」を仕込むのもよし
忙しい朝に目覚ましスープとして「えのきのあったかスープ」を作るのもよし

時短でおいしくコスパ
手軽に自炊で身も心も温かく(*^^*)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 胸にしみたひと言。
  2. このブログをしている理由。
  3. キリスト教福音宣教会とは?
  4. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。

関連記事

  1. なんちゃってCooking

    火を使わない夏のおかずをとおしてふと思う。

    毎年この時期は、キュウリ茄子三昧がスタートするのだが今年に限り、茄子が…

  2. なんちゃってCooking

    マヨネーズを使わないカボチャサラダを作ってみた結果。

    9月下旬に採れたかぼちゃたちがかなり熟してきました。熟かぼちゃを使…

  3. なんちゃってCooking

    摂理人の台所あるある。

    摂理人の台所には豆苗が割と栽培されているのを目にする気がする。…

  4. Health

    季節の野菜で健康管理。>かぼちゃって夏野菜なのです

    かぼちゃの黄色い色素の元であるβカロテンは、体内でビタミンAに変わるそ…

  5. なんちゃってCooking

    お餅とのお付き合い。

    お餅誕生してから5日目。室温で置いていた分に、カビが生えていました…

  6. なんちゃってCooking

    オススメ調味料。>ゆずこしょう

    冷奴にちょこん。お味噌汁にちょこっと。…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    エステティシャン→整形外科の若手主任に!
  2. Workつれづれ

    業界No1のエステティシャン…結末は!
  3. Workつれづれ

    20歳のトラックドライバー、その後
  4. イキサツ。

    バイクで意識不明、気づいたら病院に…
  5. イキサツ。

    業界No1のエステティシャンが見た現実は…
PAGE TOP