Thinking

何でもない自分が、どれほど大事なのかを感じた説教。

わたしは存在していても良いのだろうかと
居たたまれなくなる心がMAXになる都度、献血に行っていた過去。
血管が太く、血液濃度?も濃いという事で「献血向きネあなた!」とお墨付きをいただき、献血の常連者になり
腕に針の穴の跡が出来るほどになっていたそんな自分。。。

「必要な存在」と思えるのはなかなか難しくかつ申し訳なく、神様を認め信じるようになっても
自分の価値を認められない自分の考えに苦しんでいた無駄な考え貧乏な自分に
「自分の存在の必要性」がしみこむように染み渡ったのが
「神経」についての説教だった。

信徒は神経のような存在であり
指導者は、心と考えのような存在だと説いてくださったその説教。

ただ、あなたは大切な人なんだよと言われてもどのように?というのが分からなかった私。

「神経」について先週の主日礼拝から水曜礼拝で丁寧に神経の重要性を解いて下さりながら、
今週の主日礼拝の説教で
「実はあなた自身が神経だったんだよ!」と言われて、ジーンとしました。
そんなに大切だったんだなと。

「<団体>を治めるとか<国家>を治める時、従う人達を厳しく治めるからと言ってよく治められるのではありません。<導く指導者>は≪心と考え≫です。<従う人達>は≪神経≫なので鋭敏です。」

「神経は肉体世界で、心考えは精神世界です。
肉と神経は直接身を持って味わい、感じるけれども、心は肉ではないので直接感じることはできません。
先ず、肉が身を持って味わい、神経が身を持って味わったら、その時にはじめてその反応で心と考えが感じ、分かるようになります。」

2017年12月3日「神経を鋭利にし、心で治めなさい」より引用

 

チョンミョンソク先生の説教は
あいまいさがまったくなく
何より、小難しい表現がいっさい無い。
わかり易く文章で伝えることはすごく難しいのに、わかり易い。

指導者と従う人の位置と役割について、これ以上ないくらい明確に
そして、どちらも必要なんだという事が的確にわかるように教えて下さり感服の至り。

大きな啓示の御言葉だと銘打たれていたその通りだと
読み返すたびに思う日々。

この記事を書いたブロガー

黄雲 kou★un
生まれも育ちも山梨。東京へ通いながら摂理のバイブルスタディを学び、意を決して上京した後、教会がない山梨で生活している平信徒アラフォー。中高短大山梨英和卒業。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  2. 胸にしみたひと言。
  3. このブログをしている理由。
  4. キリスト教福音宣教会とは?

関連記事

  1. Thinking

    おいしく食べながら、かえりみた。

    かねてから、噂に聞いていた豚バラと白菜のミルフィーユ鍋。白…

  2. Thinking

    「カルト宗教摂理」の理由を発見。

    カスタードって、卵ありきじゃないですか。なのに、卵使わないってどう…

  3. Thinking

    服を買わずにおしゃれさんになる方法。

    79歳マダムのパリ流「ファッション断食」より参考になる・共感するところ…

  4. Thinking

    『問題』を乗り越えると生まれるモノ。

    「大皿に入ったサラダ見なかった?食べたりした?」と朝から形相が迫力ある…

  5. Thinking

    手をつないで。

    振り上げた拳を下ろし 手をつないで赦せない…

  6. Thinking

    団結することを蟻みて学ぶ。

    4匹の蟻が自分たちの体より10倍以上は大きい虫の死骸を背負って運んでい…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    ダイバーちーちゃん、世界の海へ!
  2. イキサツ。

    ピアノ講師から転換!次の道は?
  3. イキサツ。

    業界No1のエステティシャンが見た現実は…
  4. イキサツ。

    バイクで意識不明、気づいたら病院に…
  5. イキサツ。

    ちーちゃん、摂理に洗脳された妹を救いに!?
PAGE TOP