Thinking

競歩大会で思い出す人は見た目ではないってこと。

あまり足が速そうに見えないようで、走ると「意外に速いね!」とよく言われる昔も今も。

どちらかというと、長距離のが性に合っているが、わりと速いかもしれない。小学校の時は選抜に選ばれたこともあった(^_^;)

しかし根っからの文化系なので
「意外に!」というのはその「わたしは文化系です」というオーラが出ているのを読み取られているのかもしれない。

秋空のもと、近所の高校で競歩大会が開催されているを見て、自分の高校時代の競歩大会を思い出した。
練習の最中、学校の近所のパン屋におやつを買いに行ったこと。
競歩大会当日は、速く走った分、速く上がれるのと、その日が映画の日で1000円で見れる日だったから
映画見に行きたいその一心で走ったこと。

まじめそうに見えると昔からよく言われてきたが、
やはり人は見かけによらないのだなぁと自分を見て思う。
今朝の箴言

「<人>は前後、左右、上下の「六つの角度」は見てこそ、その存在をちゃんと見るようになる。
だから「いろいろな角度」から人を見て考え、判断しなさい。キリスト教福音宣教会-チョンミョンソク牧師による箴言」

しみじみその通りだなぁと思う。

ちなみに、映画見に行きたいという不純な動機でありながらも
文系の身としては14キロ走るのはけっこうキツくて、何度歩こうと思ったか・・・
しかし、止まって歩こうとする瞬間に

「あなた方は知らないのか。
競技場で走る者は、みな走りはするが、賞を得る者はひとりだけである。あなた方も賞を得るように走りなさい。」
「私たちは朽ちない冠を得るためにそうするのである。」コリント人への第一の手紙9章24節25節

パウロ先生のこのメッセージがとっても脳に浮かんできて・・・
朽ちない冠ってなんなんだろうと、考えながらひたすら、聖句が頭に浮かんで離れなかったから、それを繰り返し考えているうちに、肉体の限界を超えて、なんだかわからない恍惚感に満たされ
自分の限界を聖句で超えられた体験の方が
映画の内容よりも濃厚だったという不思議な思い出。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. このブログをしている理由。
  2. 胸にしみたひと言。
  3. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  4. キリスト教福音宣教会とは?

関連記事

  1. Thinking

    生きることの意味と目的を問い続けて今があることについて。

    私の10代は、生きることと死ぬことを常に考えていた。と、思う。…

  2. Thinking

    健康診断と一周年記念。

    今日、健康診断に行ってきました。身長が少し伸びているのは姿勢が良く…

  3. Thinking

    歴史的試合にハラショー。

    スゴイよスゴイ!!歴史的剣道の延長戦。で、後日改めて戦…

  4. Thinking

    個性と調和。

    ある時、管理職をされていた女性から「あなたはNoと言える人(自分の…

  5. Thinking

    すさまじい威力、感謝の力。

    私の所属する青年部女子チームではLINEで1日1感謝を!というルームが…

  6. Thinking

    自由意思と価値は比例するかも。

    田舎ゆえに、ナスをおすそ分けしたら、ブドウでお返しをもらう。という…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    憧れのピアノ講師…のはずが?
  2. イキサツ。

    ピアノ講師から転換!次の道は?
  3. イキサツ。

    バイクで意識不明、気づいたら病院に…
  4. Workつれづれ

    ピアノの先生からトラックの運転手へ!
  5. イキサツ。

    エステティシャン→整形外科の若手主任に!
PAGE TOP