Thinking

泣くのが好きな日本人。

泣ける映画、泣ける小説、泣けるいい話。

日本人は「泣く」ということが非常にイイものだと認識していると
日本文学の先生が昔、おっしゃっていた。

わたしは逆に泣くのが嫌だったから、
日本人枠に入らないのか~と思ったけれど。

チョンミョンソク牧師の主日礼拝のメッセージで無表情な私の顔に涙が流れることが
本当に不思議で不思議で、不思議すぎて通うしかなかった。

なんでなんだろう、どうして心にす~っと入ってくるんだろう。

誰かを傷つけて泣かすことは簡単でも、
いやすことができるのはそうそう出来ない。

同じかそれ以上の痛みを知っている人でしかできない。

わたしはそう思う。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 胸にしみたひと言。
  2. キリスト教福音宣教会とは?
  3. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  4. このブログをしている理由。

関連記事

  1. Thinking

    神様からのプレゼント☆ぷちぷち編

    まっちゃん、絵の展覧会に出展するために、作品を海外に送ることになった。…

  2. Thinking

    神様の懐の深さ、考えの高さを逆境で感じるのです。新青年部のみなさんへ

    いろんな状況、環境を通して神様のその偉大さを知ります。&n…

  3. Thinking

    自分一人いなくても世界は回る。

    そー思って生きてきたしいまもそう感じます。…

  4. Thinking

    人と比べる苦しさからの脱却。

    一人ひとりがオンリーワンだって言っていう歌詞にみんなそうだよねと感動し…

  5. Thinking

    憎しみと愛はどちらが強いのか?

    家族を思う時、そんなことを考えることがありました。今もまだ解決…

  6. Thinking

    霊的な人とは

    ハイ、いきなり 質問です。…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. Workつれづれ

    ピアノの先生からトラックの運転手へ!
  2. イキサツ。

    業界No1のエステティシャンが見た現実は…
  3. Thinking

    ちーちゃん、摂理に洗脳された妹を救いに!?
  4. イキサツ。

    ジュエリー店員が見た真の宝石
  5. Workつれづれ

    エステティシャンからリハビリ・看護助手へ転職!?
PAGE TOP