Thinking

泣くのが好きな日本人。

泣ける映画、泣ける小説、泣けるいい話。

日本人は「泣く」ということが非常にイイものだと認識していると
日本文学の先生が昔、おっしゃっていた。

わたしは逆に泣くのが嫌だったから、
日本人枠に入らないのか~と思ったけれど。

チョンミョンソク牧師の主日礼拝のメッセージで無表情な私の顔に涙が流れることが
本当に不思議で不思議で、不思議すぎて通うしかなかった。

なんでなんだろう、どうして心にす~っと入ってくるんだろう。

誰かを傷つけて泣かすことは簡単でも、
いやすことができるのはそうそう出来ない。

同じかそれ以上の痛みを知っている人でしかできない。

わたしはそう思う。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  2. このブログをしている理由。
  3. キリスト教福音宣教会とは?
  4. 胸にしみたひと言。

関連記事

  1. Thinking

    手をつないで。

    振り上げた拳を下ろし 手をつないで赦せない…

  2. Power of God's word

    時間についての考察が深まる神様のみことば。

    Time is moneyとよく言ったもので、お金と時間はイコールで結…

  3. Thinking

    自由意思と価値は比例するかも。

    田舎ゆえに、ナスをおすそ分けしたら、ブドウでお返しをもらう。という…

  4. Thinking

    手がヤバイことになりましたが、プライスレスなこと悟りました。

    やってみてこそ、、わかることが、ある。と考えるだけであまり行動に移…

  5. Thinking

    家族の良いところをちゃんと見つけられるようになったワケ。

    どのくらい自分が良い方へ変化したのかをふと感じる瞬間があった。…

  6. Thinking

    東京マラソンを通して思ふ。>応援

    昨日2/26に開催された東京マラソン。参加したことがある人の記…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. Workつれづれ

    エステティシャンからリハビリ・看護助手へ転職!?
  2. イキサツ。

    ダイバーちーちゃん、世界の海へ!
  3. Workつれづれ

    業界No1のエステティシャン…結末は!
  4. イキサツ。

    業界No1のエステティシャンが見た現実は…
  5. イキサツ。

    エステティシャン→整形外科の若手主任に!
PAGE TOP