Thinking

祝福とは・・・。

朝、母が父に小言を言っているのが聞こえてきた。

「いくら、キュウリが好きだからって、苗木60本って作りすぎじゃない。」

毎日毎日、キュウリが消費しきれない有様をみて今更な苦言を呈している。。。

たしかに、一言何か言いたくなるほど
キュウリがハンパない。

毎日毎食、キュウリを食べている。

キュウリが餌?らしい河童だとしても、これほど食べないんじゃないか?
というぐらい食べている。

それでも、終わりが見えない。

今我が家は、キュウリの祝福を手におえきれなくて、災いになりつつある。

キュウリが大好きだから。キュウリだけ食べててもいいという思いがあって、きっと父はつい苗木60本も作ってしまったんだろう。

ただ黙っている父の心中をくみ取るのばむずかしいが、毎年このようなことを繰り返しているので
多分、父は来年もキュウリ天国を実現しようとするのだろう。

さしあたって、キュウリを消費すべく
知恵をいただきながら、調理に勤しむ。。。。
食べてもキュウリ、食べてもキュウリだと、キュウリは生食でしょうという概念でマンネリが生じる。
なので、スープに入れたり、野菜炒めにしたり結構、チャレンジしている。
というのは、
育ちすぎて、麺棒みたいになったキュウリはみずみずしさよりも、瓜っぽさが際立っているため。
このくらいになると、鶏だし系春雨スープの具材にしたり、ごま油で炒めたりするとおいしい。

近日中にレシピ上げるかも・・・。
(しかし、市場ではこういうキュウリは出回っていないため、まったく参考にならないか(^_^;))

ひとまず、祝福とは手におえてこそだなと、改めて思う。。。

この記事を書いたブロガー

黄雲 kou★un
生まれも育ちも山梨。東京へ通いながら摂理のバイブルスタディを学び、意を決して上京した後、教会がない山梨で生活している平信徒アラフォー。中高短大山梨英和卒業。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  2. このブログをしている理由。
  3. 胸にしみたひと言。
  4. キリスト教福音宣教会とは?

関連記事

  1. Thinking

    摂理家族~5人と1羽のヒトコマ

    初めまして(*^_^*)我が家は両親と3人娘、計5人の家族全員…

  2. Thinking

    真実な神様

    真実さって何か。裏表がない。建前がない。嘘がない。…

  3. Thinking

    洗濯物干すのにも方向があるように。

    干し方で渇きやすかったり、物もちよくなる干し方がある。たとえば…

  4. Thinking

    天が導く、主日礼拝の昼下がり。

    頑張り屋さんが、涙している姿を見た。天が見て心痛めているのを感…

  5. Thinking

    一年の半ばをすぎて、成功する秘訣をかえりみる。

    「今日の次元が、明日の次元になる」とまさしく、そのとおりだと痛…

  6. Thinking

    希望はシャボン玉ではない。

    私が摂理にくる前は、「希望」とはシャボン玉のようにきれいだけれど、…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    ピアノの先生からトラックの運転手へ!
  2. イキサツ。

    ちーちゃん、摂理に洗脳された妹を救いに!?
  3. イキサツ。

    ピアノ講師から転換!次の道は?
  4. イキサツ。

    業界No1のエステティシャン…結末は!
  5. イキサツ。

    ジュエリー店員が見た真の宝石
PAGE TOP