Thinking

祝福とは・・・。

朝、母が父に小言を言っているのが聞こえてきた。

「いくら、キュウリが好きだからって、苗木60本って作りすぎじゃない。」

毎日毎日、キュウリが消費しきれない有様をみて今更な苦言を呈している。。。

たしかに、一言何か言いたくなるほど
キュウリがハンパない。

毎日毎食、キュウリを食べている。

キュウリが餌?らしい河童だとしても、これほど食べないんじゃないか?
というぐらい食べている。

それでも、終わりが見えない。

今我が家は、キュウリの祝福を手におえきれなくて、災いになりつつある。

キュウリが大好きだから。キュウリだけ食べててもいいという思いがあって、きっと父はつい苗木60本も作ってしまったんだろう。

ただ黙っている父の心中をくみ取るのばむずかしいが、毎年このようなことを繰り返しているので
多分、父は来年もキュウリ天国を実現しようとするのだろう。

さしあたって、キュウリを消費すべく
知恵をいただきながら、調理に勤しむ。。。。
食べてもキュウリ、食べてもキュウリだと、キュウリは生食でしょうという概念でマンネリが生じる。
なので、スープに入れたり、野菜炒めにしたり結構、チャレンジしている。
というのは、
育ちすぎて、麺棒みたいになったキュウリはみずみずしさよりも、瓜っぽさが際立っているため。
このくらいになると、鶏だし系春雨スープの具材にしたり、ごま油で炒めたりするとおいしい。

近日中にレシピ上げるかも・・・。
(しかし、市場ではこういうキュウリは出回っていないため、まったく参考にならないか(^_^;))

ひとまず、祝福とは手におえてこそだなと、改めて思う。。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. このブログをしている理由。
  2. 胸にしみたひと言。
  3. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  4. キリスト教福音宣教会とは?

関連記事

  1. Thinking

    大阪教育大学~カラスとの攻防戦その③~

    大阪教育大学の運動場で27匹もいたカラスと攻防した…

  2. Thinking

    見えない存在が存在したこと。>Ghost

    夏の風物詩の一つ、怖い話。私は幽霊は見たことはないが聴いたこと…

  3. Thinking

    共同生活で得た神様からのプレゼント。

    一人暮らしだった部屋の契約期間が切れる時期と、ご近所でルームシェアをし…

  4. Thinking

    性に合う、合わないってこともある。

    摂理から去る人、摂理に残る人、その差は意思。性に合わな…

  5. Thinking

    なんか疲れた。

    力が出ないというか起き上がれないというか原因理由も考えたくない…

  6. Thinking

    アレルギーの身を守る。>読み聞かせ絵本

    お母さんの愛から生まれた絵本を知りました。ご自分が脳腫瘍を患い…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. Workつれづれ

    ピアノの先生からトラックの運転手へ!
  2. Workつれづれ

    20歳のトラックドライバー、その後
  3. イキサツ。

    ピアノ講師から転換!次の道は?
  4. Workつれづれ

    エステティシャンからリハビリ・看護助手へ転職!?
  5. イキサツ。

    エステティシャン→整形外科の若手主任に!
PAGE TOP