Thinking

このようにこうだ・・・・か。

昨日、ツバメたちが無事巣から飛び立った。

空っぽの巣をみて、すこしさびしいけれど
巣から誰も落っこちずに、全員飛びたてたことに心から安堵。

5羽の兄弟だったのに、食い意地というか生命力というか性格はそれぞれ違う。
親鳥もがんばってそれぞれに均等にえさを口に入れてあげよとしている努力は見られたけれど
いつも1羽が餌をくいっぱぐれていて、ほかの4羽よりやはり体の大きさが小さかった。
昨日、朝ものすごい大歓声というか大声援的なさえずりがあったが、
朝から一羽ずつ巣から飛び立った様子。
しかし、朝9時頃の時点では、その体の小さい一羽が一人で巣に心もとなく佇んでいた。
まだ体が小さいから飛べないのかな?
親鳥は飛び立てない一羽をまだ育て続けるのかな?
いろいろと気になりながら会社に向ったが、夕方巣を見上げたら空っぽになっていた。
父の情報だと10時頃に最後の一羽が飛び立ったそうだ。

ちゃんと飛べたんだ!
そして、一人じゃなくてみんなと飛んでいるのを目撃できた。
嬉しかった。

夕方、聴きなれたさえずりがするので、庭に出てみたら近くの電線に五羽の兄弟と少し離れたところに親鳥二羽が
止まっていた。
成長して、全員が巣に入るには狭すぎてはみ出していたので巣には入らないというか、入れないみたい・・・。

孵化してから約半月。
8/1に飛び立ったというのが、何か意味ありげ。
そして、また私に何か天がメッセージを下さっているようで

もう一度巣を見たら、一羽だけがでーんと巣を占領していた。
ちょっとうれしい。
が、この巣を占領しているこの一羽は子供のほうだったようで、親が餌を上げていた。
親より大きな体になっているし、もう飛べるのに。。。。

わたしに向けられた「悟れ!」というこのメッセージ。
解くべく、祈ります。。。

この記事を書いたブロガー

黄雲 kou★un
生まれも育ちも山梨。東京へ通いながら摂理のバイブルスタディを学び、意を決して上京した後、教会がない山梨で生活している平信徒アラフォー。中高短大山梨英和卒業。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. このブログをしている理由。
  2. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  3. 胸にしみたひと言。
  4. キリスト教福音宣教会とは?

関連記事

  1. Thinking

    失敗を恐れない工夫。>マツダの「失敗大賞」

    失敗は成功のもと。の代名詞と言えるエジソンは失敗と成功についての名…

  2. Thinking

    元裁判官の方が書いた「告発本」が国民審査の「お助け本」になっている件。

    「衆議院議員総選挙」だけでなく「最高裁判所裁判官国民審査」…

  3. Thinking

    すさまじい威力、感謝の力。

    私の所属する青年部女子チームではLINEで1日1感謝を!というルームが…

  4. Thinking

    「カルト宗教摂理」の理由を発見。

    カスタードって、卵ありきじゃないですか。なのに、卵使わないってどう…

  5. Thinking

    死にたくなる時。

    最近、ハローワークに行った際に「親切親身に、利用者の側に立って案内説明…

  6. Thinking

    人生の苦痛を通して生み出された詩。

    チョンミョンソク先生がどんな思いをしてこられているのかそれを沁みる…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    ピアノの先生からトラックの運転手へ!
  2. イキサツ。

    ピアノ講師から転換!次の道は?
  3. イキサツ。

    憧れのピアノ講師…のはずが?
  4. イキサツ。

    業界No1のエステティシャンが見た現実は…
  5. イキサツ。

    ジュエリー店員が見た真の宝石
PAGE TOP