Thinking

実践者の哲学。

「ジャパネットたかた」の創業者、高田氏の人生哲学についての記事を読んだ。

生放送で通販番組を放映するというスタイルは高田氏が考案したものだそう。

 

高田氏はおもしろい話し方をする人。というイメージだったのだが、この記事を読んで全くイメージが変わった。。。
生放送にする理由がお客さんとの心のやり取り。
リスクよりも、「お客さんが感動すること」を選んで実践したところ。

目先の利益よりは、お客さんの視点で考えているから上手くいくんだなと思った。

新しいことを始めるのには、ものすごいリスクと努力が必要だろうが、
「一生懸命すれば出来ないことはない」
「なにもしなかったという失敗はしたことがない」という

高田氏のコメントを読みながら、チョンミョンソク先生の実践哲学とあまりにも通じていて驚いたが
やはり、行なった人はその次元で通じるのだなぁと・・・・痛感。

 

参考:東洋経済オンライン ジャパネット髙田明「できる理由を考える」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  2. 胸にしみたひと言。
  3. このブログをしている理由。
  4. キリスト教福音宣教会とは?

関連記事

  1. Thinking

    個性と調和。

    ある時、管理職をされていた女性から「あなたはNoと言える人(自分の…

  2. Thinking

    団結することを蟻みて学ぶ。

    4匹の蟻が自分たちの体より10倍以上は大きい虫の死骸を背負って運んでい…

  3. Thinking

    泣くのが好きな日本人。

    泣ける映画、泣ける小説、泣けるいい話。日本人は「泣く」というこ…

  4. Thinking

    暗雲なとき。

    心と考えがもしゃもしゃ・モヤモヤ・暗雲めいている時。祈りにくい。。…

  5. Thinking

    ネコも杓子もゴールデンウィーク。

    数年前まではこの時期に田植えの準備をしてましたが稲の種類や刈り入れ…

  6. Thinking

    人と比べる苦しさからの脱却。

    一人ひとりがオンリーワンだって言っていう歌詞にみんなそうだよねと感動し…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    ジュエリー店員が見た真の宝石
  2. Workつれづれ

    ピアノの先生からトラックの運転手へ!
  3. Workつれづれ

    20歳のトラックドライバー、その後
  4. イキサツ。

    憧れのピアノ講師…のはずが?
  5. イキサツ。

    業界No1のエステティシャンが見た現実は…
PAGE TOP