Thinking

カルト随筆記。

人と人は考え方と感じ方が違う。
だから、理解すること・理解されることは出来ないと私は孤独の中、思った。

人に話したところで、何も解決されず
むしろ逆に溝を感じるのだ。

しかし、摂理で神様に自分の思いを全部話すこと、それを教えてもらった時
神様の視点でみると自分の矛盾と相手の主張による摩擦も無理なく解けることを体験した。

結局、人同士の溝は考えと感覚の違いからくる。

そして、自分と違う意見・考えには納得がむずかしいものだ。
納得できるところで満足できるかどうかではないだろうか。
しかし、それが答えではないし、正しい答えはやはり人の次元では分からない。
主張の対立で終わるであろう。

自分が正しいというわけではなく、誰かが正しいというわけではない。

聖書の真理が自分の人生で起こるすべての摩擦と溝を解決できる基準になると実感したときに
真理はあなたを自由にするとイエス様がおっしゃったその意味を雷が落ちたように体感した。
どこのだれが摂理はカルトだといっても、それは否と。
私は論破することができる。
そう思った。

なぜなら、人同士の思いと考えでは、
馴れ合いか対立のどちらかしかない。
それは安楽さか溝の埋められなさになるかであり
つまりは、問題の解決ができない。

神様は双方が一つになるように真理と愛をキリストを通して教えてくれるのだ。

今起きているすべての問題はキリストによる真理と愛を知る過程なのだと
真理を持って解ける時に思う。

平たく言うと、人間同士のめんどくさい部分を
鈍感になることで乗り越えるのでなく
聖書の真理ですっきり解かれつつ癒されたりもするのですよ。と、いうことである。
これが摂理で体験したよかったこと。
の一つである。

よって、摂理はカルトだと思う方とも、
神様のもとで和を講じることは可能なのだろう。
偏見から来るカルト視は、実像を知るならば無くなるし
誤解から来るカルト観は、真理で解かれたらなくなる
結局は、知ることが大きい。

真理を自分の生活に引き寄せたときに、
イエス様が「真理があなたを自由にする」とおっしゃった意味が分かる。
そして、それが学びなのだと振り返って思う。

そういうわけで、怪しいカルトなのかどうかは、知ってみてから
判断してもいいのではないですか?という提案である。
これって勧誘かしらん。

この記事を書いたブロガー

黄雲 kou★un
生まれも育ちも山梨。東京へ通いながら摂理のバイブルスタディを学び、意を決して上京した後、教会がない山梨で生活している平信徒アラフォー。中高短大山梨英和卒業。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. このブログをしている理由。
  2. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  3. 胸にしみたひと言。
  4. キリスト教福音宣教会とは?

関連記事

  1. Thinking

    1%の霊感は神様

    まっちゃん、以前【1%の霊感】で書いたけど、絵の展…

  2. Thinking

    ぶっちゃけが極まると何が起こるか。

    教会合宿に行ってきました。約3年ぶりの合宿は、長老や牧会者のぶ…

  3. Thinking

    肯定的かぁ。

    ある人から私は肯定的な考え方をしていると言われた。会社とかでも…

  4. Thinking

    実践者の哲学。

    「ジャパネットたかた」の創業者、高田氏の人生哲学についての記事を読んだ…

  5. Thinking

    おいしく食べながら、かえりみた。

    かねてから、噂に聞いていた豚バラと白菜のミルフィーユ鍋。白…

  6. Thinking

    ネコも杓子もゴールデンウィーク。

    数年前まではこの時期に田植えの準備をしてましたが稲の種類や刈り入れ…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    ピアノの先生からトラックの運転手へ!
  2. イキサツ。

    ダイバーちーちゃん、世界の海へ!
  3. イキサツ。

    エステティシャン→整形外科の若手主任に!
  4. イキサツ。

    バイクで意識不明、気づいたら病院に…
  5. イキサツ。

    業界No1のエステティシャンが見た現実は…
PAGE TOP