Thinking

カルト随筆記。

人と人は考え方と感じ方が違う。
だから、理解すること・理解されることは出来ないと私は孤独の中、思った。

人に話したところで、何も解決されず
むしろ逆に溝を感じるのだ。

しかし、摂理で神様に自分の思いを全部話すこと、それを教えてもらった時
神様の視点でみると自分の矛盾と相手の主張による摩擦も無理なく解けることを体験した。

結局、人同士の溝は考えと感覚の違いからくる。

そして、自分と違う意見・考えには納得がむずかしいものだ。
納得できるところで満足できるかどうかではないだろうか。
しかし、それが答えではないし、正しい答えはやはり人の次元では分からない。
主張の対立で終わるであろう。

自分が正しいというわけではなく、誰かが正しいというわけではない。

聖書の真理が自分の人生で起こるすべての摩擦と溝を解決できる基準になると実感したときに
真理はあなたを自由にするとイエス様がおっしゃったその意味を雷が落ちたように体感した。
どこのだれが摂理はカルトだといっても、それは否と。
私は論破することができる。
そう思った。

なぜなら、人同士の思いと考えでは、
馴れ合いか対立のどちらかしかない。
それは安楽さか溝の埋められなさになるかであり
つまりは、問題の解決ができない。

神様は双方が一つになるように真理と愛をキリストを通して教えてくれるのだ。

今起きているすべての問題はキリストによる真理と愛を知る過程なのだと
真理を持って解ける時に思う。

平たく言うと、人間同士のめんどくさい部分を
鈍感になることで乗り越えるのでなく
聖書の真理ですっきり解かれつつ癒されたりもするのですよ。と、いうことである。
これが摂理で体験したよかったこと。
の一つである。

よって、摂理はカルトだと思う方とも、
神様のもとで和を講じることは可能なのだろう。
偏見から来るカルト視は、実像を知るならば無くなるし
誤解から来るカルト観は、真理で解かれたらなくなる
結局は、知ることが大きい。

真理を自分の生活に引き寄せたときに、
イエス様が「真理があなたを自由にする」とおっしゃった意味が分かる。
そして、それが学びなのだと振り返って思う。

そういうわけで、怪しいカルトなのかどうかは、知ってみてから
判断してもいいのではないですか?という提案である。
これって勧誘かしらん。

この記事を書いたブロガー

黄雲 kou★un
生まれも育ちも山梨。東京へ通いながら摂理のバイブルスタディを学び、意を決して上京。信仰生活5年の時、想定外にUターンな平信徒アラフォー。中高短大山梨英和。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. このブログをしている理由。
  2. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  3. キリスト教福音宣教会とは?
  4. 胸にしみたひと言。

関連記事

  1. Thinking

    ホストファミリーにマジ心配された件。

    高校2年の夏に3週間だけホームステイをカナダでしたことがある。その…

  2. Thinking

    会いたくても会えない辛さを思って、祈ります。

    またいつも通り、帰ってくると思って、送り出したけれど帰らぬ人となっ…

  3. Thinking

    繊細さじんわり。

    運転免許更新にて講習を受けた。ただテキストを読むのではなくて、…

  4. Thinking

    小さきものをもって大切なことを思い出す。

    ひっそりとたくましく、誰かが植えたり水をやったりしているわけではないの…

  5. イキサツ。

    指導者が救いならば、ヤバマズイ。

    父に「長く教会に通っているから何か役職とかあるのか?」と6年くらい昔に…

  6. Thinking

    職場でイヤミを言われたが、 Holy Spiritで回避した件。

    Holy Spirit=「聖霊」聖霊とは神様の霊である。と日本語で…

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    バイクで意識不明、気づいたら病院に…
  2. イキサツ。

    ピアノ講師から転換!次の道は?
  3. イキサツ。

    エステティシャンからリハビリ・看護助手へ転職!?
  4. イキサツ。

    ジュエリー店員が見た真の宝石
  5. イキサツ。

    エステティシャン→整形外科の若手主任に!
PAGE TOP