イキサツ。

辛いと幸せは「一」違い。

この「一」は、新しい考えを得ることではないかとわたしは思う。

良い物を得るには、それなりにいい値段がする。

たとえるならば、100円ショップでもマグカップは買えるけれども、
ブランドのマグカップの値段はその10倍はあるだろう。

新しい自分・新しい考え・新しい世界を得るには
その分、得るまでの「もがき」「努力」とか、「生みの苦しみ」的なものがある。
それがあってこそ得られる。

というか、価値があるから代価がある。
というか、条件があってこそ対価が生じる。

もし、摂理って大変~と思う方がいたら、それは確かに自分を作るという過程「いいもがき」をしているってこと。
なぜ大変なのか?その原因・理由が「永遠」を得るスタートということでもあるのだ。

やみくもに辛さを我慢しろということではない。
辛い心は、問題の表出であり、問題には必ず答えがあるのだ。

なぜ「辛く」感じるのか?
どうしたら「辛さ」が「甲斐」に変わるのか?

もがきにもがく自分に愕然とした経験がある私からのオススメ2つ。

1つ、御言葉・バイブルスタディーに答えがある。

2つ、わっかんねー、なんだか辛い。その想いをそのまま質問してみたらいい。
天と地に。かならず、応えてくれる。わかるまで教えてくれる先生がいるから。

「辛い」を「幸せ」に変換するのは、
自分の「諦めないでやってみること」という一つの「行ない」からなのだ。
そのモデルがチョンミョンソク先生だと思う。
誰よりも諦めたくなる気持ちになるしかない事が多かったであろう
先生があそこまで輝く笑顔で生きていらっしゃるのは、
御言葉が人生の答えだという結果を見せてくださっている。
先生の精神「最後まで」
これ本当に、胸にしみる。

自分が御言葉を聴いて理解できるまで考えてみるとか、
祈って訊いてみるとかそういう「行なってみること」その一つで
辛さは変化する。
「最後まで」知ろうとするとき、自分にしかないオリジナルの味、個性的な経緯になるからhalleluiah

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. キリスト教福音宣教会とは?
  2. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  3. 胸にしみたひと言。
  4. このブログをしている理由。

関連記事

  1. イキサツ。

    ジュエリー店員が見た真の宝石

    ~摂理に出会う前の私・ちーちゃん篇⑪~エステサロンを退職したち…

  2. イキサツ。

    私が出会った摂理と韓国。

    私が初めて韓国を訪れたのは高校生の修学旅行でした。当時は、2002…

  3. イキサツ。

    人生の作り方。

    進路を考える時、好きなことをするのがいい。好きなことを仕事にできた…

  4. イキサツ。

    人生のさなか、牧者を求めて。

    中学3年生の時、「なぜ人はいつか死ぬのに生まれてくるのか?」「…

  5. Workつれづれ

    業界No1のエステティシャン…結末は!

    ~摂理に出会う前の私・ちーちゃん篇⑧~ますます忙しくなるエステ…

  6. イキサツ。

    適性が無いこと、わかった時どうするか考えた。

    コールセンターの仕事から転職しようかという現状を綴った記事を書いたとこ…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. Workつれづれ

    20歳のトラックドライバー、その後
  2. イキサツ。

    業界No1のエステティシャンが見た現実は…
  3. Workつれづれ

    エステティシャンからリハビリ・看護助手へ転職!?
  4. Workつれづれ

    業界No1のエステティシャン…結末は!
  5. Workつれづれ

    ピアノの先生からトラックの運転手へ!
PAGE TOP