Power of God's word

心の畑~マタイによる福音書~

 

 

お師匠が教えてくれた御言葉の中で、まっちゃんが好きな話の一つに

「心の畑」

の話がある。

この話は、聖書の

<マタイによる福音書13章>

に書かれている。

 

★★★★★★★★★★★★★★★

肥沃1

@takanakoubou

イエスは譬で多くの事を語り、こう言われた、

 

「見よ、種まきが種をまきに出て行った。

まいているうちに、道ばたに落ちた種があった。

すると、鳥がきて食べてしまった。

鳥

@www.hirosegawa-net

ほかの種は土の薄い石地に落ちた。

そこは土が深くないので、すぐ芽を出したが、

日が上ると焼けて、根がないために枯れてしまった。

石地

ほかの種はいばらの地に落ちた。

すると、いばらが伸びて、ふさいでしまった。

茨

 

ほかの種は良い地に落ちて実を結び、

あるものは百倍、

あるものは六十倍、

あるものは三十倍にもなった。

Sprouts of young garden wild strawberry grown in a nutritious fertile ground

@jp.depositphotos

耳のある者は聞くがよい」。

<マタイによる福音書13章3~9節>

★★★★★★★★★★★★★★★

j

@windychapel

この後に、弟子がイエス様に

「どうして譬え(たとえ)でお話になるのですか?」

と話す場面がある。

つまり、この話は「たとえ」なのである。

では、一体どういう「たとえ」なのだろうか?

お師匠は、

「聖書の中の問題は、聖書の中に答えがある。」

と教えて下さった。

よく読むと、

<マタイによる福音書13章18~23節>

でイエス様が「たとえ」を解いて教えて下さっている。

 

★★★★★★★★★★★★★★★

種2

@seeds.gldplants.

そこで、種まきの譬を聞きなさい。

 

だれでも御国の言を聞いて悟らないならば、

悪い者がきて、その人の心にまかれたものを奪いとって行く。

道ばたにまかれたものというのは、そういう人のことである。

石地

@jp.123rf.

石地にまかれたものというのは、

御言を聞くと、

すぐに喜んで受ける人のことである。

その中に根がないので、

しばらく続くだけであって、

御言のために困難や迫害が起ってくると、

すぐつまずいてしまう。

茨

@new-mu.seesaa

また、いばらの中にまかれたものとは、

御言を聞くが、

世の心づかいと富の惑わしとが御言をふさぐので、

実を結ばなくなる人のことである。

肥沃

@www.biodic.go

また、良い地にまかれたものとは、

御言を聞いて悟る人のことであって、

そういう人が実を結び、

百倍、

あるいは六十倍、

あるいは三十倍にもなるのである」。

<マタイによる福音書13章18~23節>

Sprouts of young garden wild strawberry grown in a nutritious fertile ground

@jp.depositphotos

★★★★★★★★★★★★★★★

ここに出てくる「畑」は「心」で、

「種」は「神様の御言葉」だ。

 

また、「いばら」とは、

「自分自身の中にある悪い考えや性格」

の事だとお師匠が教えてくれた。

 

お師匠は、この聖句を読んで、

自分の中にある「いばら」のようなものが

「自尊心」

「怠惰」

「高慢」

「我慢できない性格」

「血気」

「強情」

などの性格だと分かり、

それを一つ一つ取り除く為に毎日努力したそうだ。

朝

@and-plus.

明け方、朝早く起きてお祈りに行っていた10代の時。

どうしても「怠惰」が出て、布団から起きれない日があった。

そうしたら、どんなに嫌でも

「遠く遠いところまで山を超えて走る」という試練を自ら課して、

「自分が自分自身の監督になって鍛えた」そうだ。

R1

@www.dex.

 

この聖句にある「良い地」のように、

自分の心が「善良な義なる心」に完全に変わるまで、

お師匠は、

何度も何度も自分を練達して磨いてきたと仰った。

 

「何故そこまでするんですか?」

そう聞くと、

 

「神様が願っていらっしゃるからだ。」

 

「善であってこそ、善なる神様と通じる事ができるからだ。」

 

そう仰った。

お師匠の精神は、

 

「ひたすら主・神様」だ。

 

どんな時も、神様が最優先。

自分の考えよりも、神様の考え。

 

いつも神様に仕え、愛し、敬って生きる生。

 

それがお師匠が「実体」として見せて下さった生き方だった。

先生9

@matome

誰よりも聖書のイエス様の御言葉を実践し、

誰よりも神様を愛して生きた人。

 

その切実で、一筋の心が、本当に美しい。

善良な畑」はまさしく「お師匠の心」だと心からそう思うまっちゃんでした。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. キリスト教福音宣教会とは?
  2. このブログをしている理由。
  3. 胸にしみたひと言。
  4. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。

関連記事

  1. Power of God's word

    力が抜けて、何も考えたくない時。が、実は成功するための過程・チャンス。

    「力が抜けて、何も考えたくない時。その時は<チャンス>を使いなさい…

  2. Power of God's word

    罪と雨と人生

     梅雨があけない日々・・・雨模様の空を見上げながら、…

  3. Power of God's word

    柑橘系の成分。

    夢を見た。なんかプレゼン的なことをしていた。ぼろくそに言わ…

  4. Power of God's word

    「私」~霊感の詩~

    今日は、お師匠の霊感の詩の一つ「私」を紹介する。 &n…

  5. Power of God's word

    時間についての考察が深まる神様のみことば。

    Time is moneyとよく言ったもので、お金と時間はイコールで結…

  6. Power of God's word

    「しあわせ」はどこからくるのか?

    もし、人が花ならば花の蜜は人の心・考え。はちみつを作るハチは、…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. Thinking

    ちーちゃん、摂理に洗脳された妹を救いに!?
  2. イキサツ。

    エステティシャン→整形外科の若手主任に!
  3. Workつれづれ

    ピアノの先生からトラックの運転手へ!
  4. Workつれづれ

    20歳のトラックドライバー、その後
  5. イキサツ。

    業界No1のエステティシャンが見た現実は…
PAGE TOP