Power of God's word

心の畑~マタイによる福音書~

 

 

お師匠が教えてくれた御言葉の中で、まっちゃんが好きな話の一つに

「心の畑」

の話がある。

この話は、聖書の

<マタイによる福音書13章>

に書かれている。

 

★★★★★★★★★★★★★★★

肥沃1

@takanakoubou

イエスは譬で多くの事を語り、こう言われた、

 

「見よ、種まきが種をまきに出て行った。

まいているうちに、道ばたに落ちた種があった。

すると、鳥がきて食べてしまった。

鳥

@www.hirosegawa-net

ほかの種は土の薄い石地に落ちた。

そこは土が深くないので、すぐ芽を出したが、

日が上ると焼けて、根がないために枯れてしまった。

石地

ほかの種はいばらの地に落ちた。

すると、いばらが伸びて、ふさいでしまった。

茨

 

ほかの種は良い地に落ちて実を結び、

あるものは百倍、

あるものは六十倍、

あるものは三十倍にもなった。

Sprouts of young garden wild strawberry grown in a nutritious fertile ground

@jp.depositphotos

耳のある者は聞くがよい」。

<マタイによる福音書13章3~9節>

★★★★★★★★★★★★★★★

j

@windychapel

この後に、弟子がイエス様に

「どうして譬え(たとえ)でお話になるのですか?」

と話す場面がある。

つまり、この話は「たとえ」なのである。

では、一体どういう「たとえ」なのだろうか?

お師匠は、

「聖書の中の問題は、聖書の中に答えがある。」

と教えて下さった。

よく読むと、

<マタイによる福音書13章18~23節>

でイエス様が「たとえ」を解いて教えて下さっている。

 

★★★★★★★★★★★★★★★

種2

@seeds.gldplants.

そこで、種まきの譬を聞きなさい。

 

だれでも御国の言を聞いて悟らないならば、

悪い者がきて、その人の心にまかれたものを奪いとって行く。

道ばたにまかれたものというのは、そういう人のことである。

石地

@jp.123rf.

石地にまかれたものというのは、

御言を聞くと、

すぐに喜んで受ける人のことである。

その中に根がないので、

しばらく続くだけであって、

御言のために困難や迫害が起ってくると、

すぐつまずいてしまう。

茨

@new-mu.seesaa

また、いばらの中にまかれたものとは、

御言を聞くが、

世の心づかいと富の惑わしとが御言をふさぐので、

実を結ばなくなる人のことである。

肥沃

@www.biodic.go

また、良い地にまかれたものとは、

御言を聞いて悟る人のことであって、

そういう人が実を結び、

百倍、

あるいは六十倍、

あるいは三十倍にもなるのである」。

<マタイによる福音書13章18~23節>

Sprouts of young garden wild strawberry grown in a nutritious fertile ground

@jp.depositphotos

★★★★★★★★★★★★★★★

ここに出てくる「畑」は「心」で、

「種」は「神様の御言葉」だ。

 

また、「いばら」とは、

「自分自身の中にある悪い考えや性格」

の事だとお師匠が教えてくれた。

 

お師匠は、この聖句を読んで、

自分の中にある「いばら」のようなものが

「自尊心」

「怠惰」

「高慢」

「我慢できない性格」

「血気」

「強情」

などの性格だと分かり、

それを一つ一つ取り除く為に毎日努力したそうだ。

朝

@and-plus.

明け方、朝早く起きてお祈りに行っていた10代の時。

どうしても「怠惰」が出て、布団から起きれない日があった。

そうしたら、どんなに嫌でも

「遠く遠いところまで山を超えて走る」という試練を自ら課して、

「自分が自分自身の監督になって鍛えた」そうだ。

R1

@www.dex.

 

この聖句にある「良い地」のように、

自分の心が「善良な義なる心」に完全に変わるまで、

お師匠は、

何度も何度も自分を練達して磨いてきたと仰った。

 

「何故そこまでするんですか?」

そう聞くと、

 

「神様が願っていらっしゃるからだ。」

 

「善であってこそ、善なる神様と通じる事ができるからだ。」

 

そう仰った。

お師匠の精神は、

 

「ひたすら主・神様」だ。

 

どんな時も、神様が最優先。

自分の考えよりも、神様の考え。

 

いつも神様に仕え、愛し、敬って生きる生。

 

それがお師匠が「実体」として見せて下さった生き方だった。

先生9

@matome

誰よりも聖書のイエス様の御言葉を実践し、

誰よりも神様を愛して生きた人。

 

その切実で、一筋の心が、本当に美しい。

善良な畑」はまさしく「お師匠の心」だと心からそう思うまっちゃんでした。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. このブログをしている理由。
  2. 胸にしみたひと言。
  3. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  4. キリスト教福音宣教会とは?

関連記事

  1. Power of God's word

    柑橘系の成分。

    夢を見た。なんかプレゼン的なことをしていた。ぼろくそに言わ…

  2. Power of God's word

    個性という宝石はどこで手に入るのか?

    日本人は基本的に否定的な考え方になっている。そう韓国の宣教師さんが…

  3. Power of God's word

    幸せは感じるとおりにくる。

    <幸せ>は「感じるとおりに」来る。何が幸せなのか「考える」通りに「…

  4. Power of God's word

    確認 3

    「確認」シリーズ 第三弾!御言葉の中で…

  5. Power of God's word

    実をつけること。

    岩手在住の妹からさくらんぼが送られてきた。めっちゃ甘い。つ…

  6. Power of God's word

    力が抜けない方法。

    分かって損を被ることがないように、変化と成長が出来るように神様が教えて…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. Workつれづれ

    20歳のトラックドライバー、その後
  2. イキサツ。

    エステティシャン→整形外科の若手主任に!
  3. イキサツ。

    ダイバーちーちゃん、世界の海へ!
  4. イキサツ。

    バイクで意識不明、気づいたら病院に…
  5. イキサツ。

    ピアノ講師から転換!次の道は?
PAGE TOP