イキサツ。

身につまされる「親を愛する」ってことは。

最近、教会に通うようになってからどんな変化があったのか?神様の愛を知ってから若者にどのような変化があったのか赤裸々な話を聴かせてもらえる機会がありました。

過干渉気味なお母さんが大嫌いだったそうです。彼女などいないのに「女が出来たのでは?」と勘繰られたり、いつも学校の成績のことしか話題に上がらない。そういう中で心が閉じるしかなく、数年まったく会話もしない日々のなかである時、「これは御言葉(神様の愛と真理)に反している」と朝祈っている時に気づいたそうです。神様のことを愛しているように、神様が作られた親も愛さなければそれは神様の願う愛を成していないと。

が、しかしどうしたらいいのか分からず・・・
「愛せないです。どうしたらよいのでしょう。」と祈り願い求めたそうです。

そこで、簡単な当たり前な挨拶からスタートし、自分の学校やバイト先の話しなどするようになってゆき、いつしか大学の卒業旅行へ一緒に行こうという計画を立てるほど関係性が回復したそうです。
その過程で、いかに自分のことを大切に産み育ててくれているのか、その偉大な愛を悟ったと語っていました。

思わず目頭が熱くなり、もらい泣きはほとんどしないわたしももらうはめに。

父親と約2年間話さなかった時期からどのようにして冗談を言えるくらいまでになったのか、そのさまざまなことが思い返されました。

まだまだ最近もお互いの削らなければならない部分で朝っぱらから怒鳴りあうこともありますが、それでも前よりはちゃんとキャッチボールできるようになってきました。(以前はデッドボールの応酬のみ)

悲喜こもごも、喜怒哀楽。
主の愛と精神は人生の悲しみと辛さ、行き場のない澱のようなものを堆肥に換えてくれる。
いかに人生を豊かにしてくれているのかを、しみじみとかみしめてともに感謝に溢れる時間となりました。

 

この記事を書いたブロガー

黄雲 kou★un
生まれも育ちも山梨。東京へ通いながら摂理のバイブルスタディを学び、意を決して上京した後、教会がない山梨で生活している平信徒アラフォー。中高短大山梨英和卒業。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 胸にしみたひと言。
  2. このブログをしている理由。
  3. キリスト教福音宣教会とは?
  4. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。

関連記事

  1. イキサツ。

    愛を知ること、愛を行なうことのスタートは。

    幼いころ、両親がしょっちゅう喧嘩をすることを目にした。子供心にも大…

  2. イキサツ。

    入口。

    「歯磨き粉貸してくれる?」って言われて、きょとんとしながら貸した。…

  3. イキサツ。

    自分を大切にするって分からない人へ。

    大切にするって分からない。どうしたらいいのか。そう初めて心…

  4. イキサツ。

    女子中学生のメシア。

    朝礼ならぬ朝の礼拝が山梨英和中高等学校ではある。メッセージは牧師先…

  5. イキサツ。

    念願のウォルミョン湖でボート部なり。

    10年越しの願い成されました!!にわかボート部になりま…

  6. イキサツ。

    カラスと恐怖ならぬ強風。

    低気圧の影響で北日本が荒天と天気予報で聞いていた通りその余波なのか…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    エステティシャンからリハビリ・看護助手へ転職!?
  2. イキサツ。

    バイクで意識不明、気づいたら病院に…
  3. イキサツ。

    業界No1のエステティシャン…結末は!
  4. イキサツ。

    ダイバーちーちゃん、世界の海へ!
  5. イキサツ。

    ちーちゃん、摂理に洗脳された妹を救いに!?
PAGE TOP