摂理ってカルト?

年の瀬のさなか、ヤバイ人生が楽しい。

ふと思ったのでした。

「やばいあっという間に、一年が終わってしまう・・・」と思っていた昔と比べるとヤバイくらい面白くて楽しい!と。

世の中の基準で見たら親が心配するであろうおひとり様の老後を迎えるであろう私。
ボーナスももらったこともないような働き方で、両親も心配するし教会の先輩方や指導者さんからは正社員になればいいのにと言い放たれることしばしばありながら、いまに至っていますが・・・どうしてこんなに面白いのか。

真理を、愛をどのように実践したらより生活が人生がどのくらい面白くなるか検証した結果を見せなければ!という観点で仕事を探したり創出しようとしているからだと思いました。

そんな中、改めて自分の変化をはっきりと感じる出来事がありました。

地域問題をどのように改善解決しようか?と対話式のワークショップに参加したのですが

「あなたが困難にあったとき、どのようにして乗り越え克服しますか?」と言う問いと
「あなたが人生の中での成功体験は何ですか?」という問いがありました。

それに対して私の答えは・・・・
⇒実践しながら答えを見せて教えてくれる恩師がいるから乗り越えられるし、そういう存在がいるってことが人生の成功をしていると痛感します。

昔は生きることが大変で、恐くて、辛かったから絶望的な感じでしたが
今はどうしたら自分も周りもしあわせに出来るだろうか?そんな風に思えるようになれたのは
そう考えるだけの変化があったのは、
チョンミョンソク牧師の存在が大きい。そう心の底からはっきりと言えるなぁと思いました。

暗ーく辛かったことが完全に昔になったよって認めるのは家族だけじゃもったいない。
教えてもらったことを社会に発信するような活動をなんらかしよう~と去年から細々と必要な情報を集めつつ、出来ることから体当たりではじめました。

言葉より実践だ。

いつも仰っている実践哲学。

さまざまな場所で、いろんな人と出会ってお話を聞かせていただいたり、自分がどういう生き方をしようとしているのかを話したりすると
「ほんとに神様は必要があって出会わせて下さるんだ」と思いました。

私の中にもっと神様の愛と真理が根付くように実践しようとする中で、たしかな全知全能な神様の御働きがあるを再認識しつつ、チョンミョンソク牧師を通してリアルに天が私に働きかけて下さるのを感じる2019年でした。

「神様の言葉は絶対に成される」

その信仰で、イエス様の衣に触れて病が治った女の人のように、
この方を通して神様が仰っているならば、そのとおりに行なってみるならば、死ぬことばかり考えてしまう自分が人生を生きることが楽しくてしょうがなくなるなんじゃないか。そんなことが起こるならば・・・・この人に学んで、行なってみよう。
そう思えるように感動感化を与えて下さった聖霊様に一生、永遠に感謝します!と思う大晦日。
終りと始まりの交差をいとおしく思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  2. 胸にしみたひと言。
  3. このブログをしている理由。
  4. キリスト教福音宣教会とは?

関連記事

  1. 摂理ってカルト?

    摂理をやめる。いわゆる、脱会について。

    有名な摂理ブロガーさんであるLunaさんの「摂理を脱会したけれど戻って…

  2. About 摂理

    ペニーワイズより怖くヤバイやつ。

    怖さが増してるとそこかしこで評されてる。「Itそれを見たら終わ…

  3. 摂理ってカルト?

    学校に相談すると、100%摂理はカルトになる理由。

    理由は、いたってシンプル。あげるならば、2つです。先ず一つ…

  4. 摂理ってカルト?

    「宗教アカン」って思ったエピソード復活ってどんなものか。

    私が人生の中で「宗教アカン」って思ったことがありますが、それは「死んだ…

  5. つぶやき

    カルトだっていわれても。

    昨日は一日中、偏頭痛で頭がガンガン痛み吐き気もでてきたのでその…

  6. 摂理ってカルト?

    見えない神様をどうやって確認するのか?Part 1

    祈りです。祈ると答え・反応があるんです。マジで!た…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. Workつれづれ

    エステティシャンからリハビリ・看護助手へ転職!?
  2. イキサツ。

    憧れのピアノ講師…のはずが?
  3. Workつれづれ

    20歳のトラックドライバー、その後
  4. イキサツ。

    ジュエリー店員が見た真の宝石
  5. イキサツ。

    ダイバーちーちゃん、世界の海へ!
PAGE TOP