忘れないようにメモ

問題を愛しなさいをやってみるには。

すこし前の主日礼拝の説教で「問題を愛することで解決されます」と、そう教えていただきました。「問題を愛する。抱き締めるのです。」

と、説いてくださったんですが、これどうするんだろう?そう思ったかたへ。

分かり易い例を思い出したので、お節介シェアします。

ハリウッド黄金時代の女優オードリー・ヘップバーンは自分の鼻が醜いと思っていたそうな・・・

彼女はそれを軽減するために(というか全く醜くないのに)、どうしたらより素敵に見えるようになるのか?眉づくりを徹底して研究を重ねたそうなのです。

たしかにその甲斐あって瞳の印象がとても強く残る素敵なメイクは歳月を超えて魅力的。

困ったなあ。嫌だなぁ。じゃなくて「どうしたらより良くなるのか?」を考える。それが肯定的・前向きな思考であり「問題を抱き締めて愛する」ということなんだなと思いました。

さて一方、私はメイク大の苦手というか、特に美しくもないのでメイクをしても映えねーし。という言い訳よろしく無頓着。というか色々考え方にゆがみがあったんですが「愛するってなんだろう。」
「神様が自分を好きってどういうことなんだろう」とか様々分からないことを直球勝負よろしく天に尋ね求めてきましたところ
「自分が自分であることをもっと楽しむにはどうしたらいいのか?」という考えの方向に変わって行き、「問題だらけである自分のことをどうしたら抱きしめること出来るのか?」すこーしずつ自分を認める方向へ感化されてきました。

メイクもそんなわけで自分を楽しむひとつの方法になってきたのですが、

眉毛だけはどうしても難しく・・

よく眉毛を描くポイントとして
「植える様に描くんです」という文言を見かけてきましたが~私がこれを実践するとゴルゴ13もしくはイモトアヤコさんになるんですよね。。。

今どきのメイクはふわっと感だし、ゴルゴ眉で眼力を無駄に出したくないし、イモトさんは好きだけれど似なくてもいいし・・・・

さて、どうしたものか・・・この問題を抱き締めるには一体。
と思ってありのまま
天に直球質問を投げて見ました。
「メイクが楽しくなりたいのですが、わたしの眉毛だと楽しめません。どうしたら抱き締められるんでしょうか?この問題を。」と。

そうして鏡に向かうときにふと
「陰影でメイクをするのです。」という一節を思い出し、また好きな印象派画家レンブラントの作品を思い浮かんできて・・・

光と影メイクするようになってからは
イイ感じです。
気分やその日の服に合わせて変えられるメイクの面白さを楽しめるようになりました~

まとめますと。

問題を抱き締めるとは

1.問題と前向きの方向で向き合う。
2.問題を抱き締めるには知恵と知識の主人である天を呼び求めて助けてもらうに限る。

というわけで、様々な問題を抱き締めて2020年へ邁進していこうと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  2. キリスト教福音宣教会とは?
  3. このブログをしている理由。
  4. 胸にしみたひと言。

関連記事

  1. Power of God's word

    刃物の刃みたいな考えとは。

    考えは形がない。放っておくと、流れてしまう。だから、刃の様…

  2. 忘れないようにメモ

    今年のゴールデンウィークは稼ぎました。

    絶賛!転職期間中のため、今回の歴史的10連休は転職資金を稼ぐチャンスと…

  3. 忘れないようにメモ

    オンドルとの付き合い方のポイント。

    冷え性な私はヒートテック2枚重ねは冬仕様として基本。ユニクロの…

  4. 忘れないようにメモ

    チョンミョンソク牧師がすごいと言われる件。

    どうして、みんな異口同音的に口々にすごいと言うんだろう。な…

  5. 忘れないようにメモ

    学ぶは真似るってこと。

    「学ぶ」の語源は「真似る」から来ていると、以前聴いたことがある。…

  6. 忘れないようにメモ

    そういえば、詐欺だったんです。

    その後、研修はどうだったの?と思っている方がいるかも?とふと思ったので…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    ピアノ講師から転換!次の道は?
  2. Workつれづれ

    20歳のトラックドライバー、その後
  3. Thinking

    ちーちゃん、摂理に洗脳された妹を救いに!?
  4. Workつれづれ

    エステティシャンからリハビリ・看護助手へ転職!?
  5. イキサツ。

    業界No1のエステティシャンが見た現実は…
PAGE TOP