feeling

就職氷河期のヤバイ私が、コロナ渦で更にしぶとく前向きに生きるその実録。

いやはや、思った以上に職に就くのは難しく予想通りいや、それ以上に書類落ちの嵐。。。
閉鎖的な田舎では派遣社員として首の皮つなげてきたことの意味合いも汲まれることはなく、むしろ「何でこんな不利な。というか自分の首を絞めるような有様に?」と面接で言われる始末。

教会の指導者といわれる人からもマリーアントワネット的「パンがないならばお菓子を食べればよろしいのに」という発言よろしく、「正社員になればいいのに」と言われたこと多々あるので、信仰がある無し関わらず、自分と異なる境遇にいる人のことを想像すること、相手の心情を考えることというのは、やはりまったくもって難しいことなのだと、冷静に納得。

ただでさえ、就職氷河期世代なのに。さらに学歴もなく、職歴もたいしたことないといわれるレベルだと、そりゃ不採用なのです。私が雇用主だったら、確かに雇わないだろうなと思います。なので、生きていくために採用される可能性として短期の派遣社員になるしかなかったり、パート職員で首の皮つなげたり、という荒業が続くしかなく。新聞で書かれている「貧困に陥ると抜け出せない」まさにそのループ!を身をもって実感して久しいです。

誰も助けてくれません、誰も、理解してくれません。
むしろ、お前馬鹿じゃね?みたいな言われようなので、少し前まではフツーに憤ってました。
もっと前は、もうだめだ。と、絶望と自暴自棄に至っていました。

今はどうか?というと、教会でも世の中でも、愚か者扱いされても、自暴自棄しません。

どうしてか?

6千年間前から今のこの時まで、続いている聖書に書かれていることが、自分の生活に希望と力をくれるのを確かめられたから。

それは、実践したうえで説いてくれる存在に会えたから。

お先真っ暗過ぎると思うような心境になるとしても、
人生の問題を真実にというか、命を懸けて神様を信じて、
その愛で乗り越えて解決している。
その方のエピソードや精神をもとに、自分もその都度その状況で新しくなる挑戦をして変化して今に至っているので。
私は今日も希望と感謝で一日を終えられます。

傷つけられるくらいならば誰も信じたくないし何もしたくない。
そもそも、生きている意味が分からない。
世の中でだまされること、就業先でいいように利用されて使い捨てなこと、対岸の火事のようなやりとりで見下されること。たくさん、恨んでも仕方ないことなんか日常の中、それでもその場で経験積ませてもらったこと。そこに行かないと知ることが出来なかったこと。
それは、絶対に無駄ではなかった。

人を恨むより、憎むより、不条理に憤りすぎて具合悪くなるよりも、むしろひたすら感謝な部分を見つけていくと、そんな世の中でもより社会がよくなるように努力して生きる素敵な生き方している人たちの考えや動きに気づいて刺激を受けるし、どうしたら酷い目に遭わないか?の知恵と知識を身に着けるようになる。よりよく生きることをあきらめない心は神様が助けようとしてくれるチャンスをつかめる。何より誰かの痛みを知ることが出来るようになったこと、それは大きな財産だと思います。

無感覚に、傷つけることや、意図せず見下し、意図してマウントとるよりはずっといい。
そう思えます。
いつ死んだっていいならば、後世にほんのすこしでもプラスになる一端を担えるよう、考えて行動しよう。
そんな考えることもなかった考えを、志と希望とを抱けるようになりました。
まさに、天の御働きだと思います。

もし、こういう私を哀れだと思う人がいるとしても、笑って処することが出来るくらいになれました。
私がどれだけ変わるか、それだけしかない。
ただ死ぬときに後悔がない自分に作ろう。

こういう私を正面から否定し、馬鹿にするのもその人の自由ですが、
それは今日死んだとしても誰にも迷惑かからない、ゆえにいつ死んでもいいような私に「死ね」というトリガーを引くってこと
それをどうか、覚えてほしいと心から思います。

その意、その覚悟がもしなければ、控えていただくとありがたいです。事実を知らずに糾弾する行為は、その正義感と裏腹に当事者への非情な名誉棄損であるということをご理解していただくべく、笑顔で淡々と半日くらいお話し差し上げるくらいの意気込み、わたくしございます。

どれくらいより良く生きることが出来るか?の挑戦。
どう生きるか、選択できる面白楽しさ。
というわけで、どうであれ年を取るのも悪くない。
ひとまず、若い人に変な説教たれる輩にならぬよう自戒しつつ
新芽ほころぶ春の日に思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. キリスト教福音宣教会とは?
  2. このブログをしている理由。
  3. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  4. 胸にしみたひと言。

関連記事

  1. feeling

    当たり前なんですけれど、愛を知ると辛くなく幸せになるのだとわかった話。

    辛いと幸せは一つ違い。その「一つ」は、なんなんだろうと思って、…

  2. feeling

    福祉学科の子たちがナゼ福祉の仕事に就かないのか、その理由。

    福祉関係の仕事をしているメンバーが、どうして福祉学科の学生の就職先…

  3. feeling

    「世界の果て」といわれた場所。

    素敵なカフェがあったんです。その名も「世界の果て」という名前。…

  4. feeling

    パワーをもらえることのすばらしさ。

    ちょっとパワーダウンしていた。体調どうこう、年がどうこうというより…

  5. feeling

    そうだ温泉入ろう。~よってけし温泉シリーズ~【山梨の温泉】

    給湯器が寿命を迎えて生ぬるいお湯しかださなくなり、くしゃみをしながら…

  6. feeling

    背中を押してくれる一言。

    「逃げる」と「挑む」は「しんにょう」or「てへん」のひとつの違…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. Workつれづれ

    20歳のトラックドライバー、その後
  2. Workつれづれ

    エステティシャンからリハビリ・看護助手へ転職!?
  3. Thinking

    ちーちゃん、摂理に洗脳された妹を救いに!?
  4. イキサツ。

    エステティシャン→整形外科の若手主任に!
  5. イキサツ。

    業界No1のエステティシャンが見た現実は…
PAGE TOP