Thinking

疲労困憊の現場ゆえに起きる軋轢を、教えという洗脳で回避。

だれしも経験、覚えがあると思う。
忙しいときって、心を失うって。
ほんとに漢字ってよくできている。まさにソレ。

いま短期でお世話になっている現場は人件費を抑えて少数精鋭で稼働しているため、既存スタッフの方々は常にいら立ちと疲労を抱えている。

ゆえに、訊いたらまずイライラしながら返されるし、怒られる。。。
ひとことでいうと、理不尽の巣窟。

そんなわけで職場は暗いし、休憩室では「戻りたくな~い」といつも誰かがボヤいてる。

最初は、可哀そう・・・・と思って、少しでもお役に立てるように頑張ろうと思っていたが・・・
負の感情をぶつけられまくると、知らずと怒り気味になっている自分に気づく始末。。。

しかし、負の感情に、また負の感情を返してもあまり気分は良くないことは確か・・・・

そんなときだったからこそ、「理想世界はこうやって成される」と教えてくれた主日礼拝のメッセージがえらく染みて( ;∀;)

温かく柔らかく、心を全部包みこんでくれて、、、私の心を癒しながら、どう生きたらいいのか、むずかしい局面で、希望を成す力を心に与えてくれるお手本を通して神様が教えてくれているのが感じられ、涙がこぼれた。

人を憎むこと、憤ることは本当に簡単。

でも、許すこと、愛することは、難しい。そんな自分の考えの限界を優しく取っ払ってくれる教えについて、

世の一部では『洗脳』という単語を当てはめる。

洗脳って言われても
人を憎み、憤り、疲れて生きるよりはずっといい。
どこかの誰かに適当なこと、何を言われてもいいやと思う。

なぜなら、、憤りより、許しのほうが、ずっと幸せに近いって体験したから。
(ただし許すだけでは自分の心を守れないため、不当な部分をいかに改善していくか、それが大事でもある。)

憎しみと憤りよりは、許しと改善で前向きに対処できるってホントに良いなとおもう。

洗脳がいつしか、肯定的な言葉として使われるようになるようになる日がいつか来るかもしれない。
そう改めて思った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. キリスト教福音宣教会とは?
  2. 胸にしみたひと言。
  3. このブログをしている理由。
  4. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。

関連記事

  1. Thinking

    思い出す2014年の大雪の時のこと。

    昨日から、今日にかけてニュースで大雪注意報が出ていますね。山梨…

  2. Thinking

    「種を蒔く通りに得る」とは。

    名前が素敵な「借金なし大豆」を手に入れたので、プロの農家さんに蒔き時を…

  3. Workつれづれ

    自分を殺すことについて考察。

    大変になってくると自分中心になるクセがまだあるな~と仕事を通して思…

  4. Thinking

    すさまじい威力、感謝の力。

    私の所属する青年部女子チームではLINEで1日1感謝を!というルームが…

  5. Thinking

    焼却リストで完全実践!

     以前ブログにも書いたが、まっちゃんは「整理整頓」が好きだ。…

  6. Thinking

    摂理のスーパーサイヤ人愛と平和のバレー

     まっちゃんは、スポーツが好きだ♥…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    業界No1のエステティシャンが見た現実は…
  2. イキサツ。

    エステティシャン→整形外科の若手主任に!
  3. イキサツ。

    バイクで意識不明、気づいたら病院に…
  4. Workつれづれ

    ピアノの先生からトラックの運転手へ!
  5. イキサツ。

    憧れのピアノ講師…のはずが?
PAGE TOP