feeling

一日を生きたら、何を得たのか振り返ってみよう。

今日は父のことを改めて嫌いだと思ってしまった。
手をちゃんと洗わないことはよろしくないといったところ「うるさい!」と逆切れ一蹴。
昔からそんななので、自然と避けるしかない心否めない。

父から昔「お前は何でそんな暗い顔なんだ」と責められるような問を投げかけられたことがあるがその原因はあなたゆえですと伝えたのは割と最近というか、摂理で信仰生活を経験しつつ、山梨に戻ってきてからだった。

正直な思いを告げるってけっこう心の労力を使うらしく、、、泣きたくもないのに涙が出てきて非常に後始末が悪い。。。
そんなことがまぁワンシーズンに1回はある。そのように、心の中にしまわれていた痛みを改めて取り出して整理整頓をするかのように家族とのあれこれを重ねて今がある。

重ねたからこそ、変化したものもあれば、
正直、もう無理じゃね?つーか無理だわ。と思う自分と家族の姿もある。

でも、神様は無理じゃない。
新しくなれる。
諦めるな最後までだと常に、本当に私が何度も無理だと思ったときになぜか毎回、「最後まで行おう」そうチョンミョンソク牧師を通してメッセージをもらうその不思議。。。

最後まで行い続けている方を通して説いて投げかけてくるそのメッセージは
嫌です無理ですとは言えない。
愛はあるのだ。
と認めるしかなかったその姿は、今なお変わらない。
その姿をみると私もやってみようとなんでだか、そう思えてくる。。。

そんなわけで、自分と家族のための祈りをもっと強烈にしつつ
私は一日の終わりに今日平和と愛を成せたのか?を問いかける。

いつも楽しく甲斐に満ちて生きているチョンミョンソク牧師から「一日の終わりに何を得たのか振り返ってみてください」と、そういわれたときにやはり、そのように振り返りをしながらよりよく生きるんだなと改めて思った。
日常の積み重ねを意識するのとしないのとでは、天と地の差。
自分の間違いもうやむやにしないで善し悪しを割くことが出来るのも本当に感謝。

今日は一つ、父の対処の仕方を一つ得た。
手をそんなに洗いたくなければ、せめてアルコール消毒を。と設置してみたところ、手を水にぬらすようになった。(洗うというよりは数秒ぬらしている感じ)一応このご時世の最中にやはり父も考えることがあったようだ。(まだ洗うというには、いい難い段階ではあるが)
こうしろと命令されているような感じだと反発したくなるというか、自分のやりたいようにやりたい。そういうことのようだ。
相手の想いを尊重しながらもお互いが善とするところを見つけそこへ誘導する技術を付けていきたいものだ。と思った。
蟻のような歩みでも日進月歩。
小さな振り返りから今まで選択できなかった行動をとる新しい自分へ少し変化する楽しみ得られた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 胸にしみたひと言。
  2. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  3. キリスト教福音宣教会とは?
  4. このブログをしている理由。

関連記事

  1. feeling

    テスト落ちみたらより良かったって、話。

    研修テストに受からないと現場に出られない仕組みで再研修中でふ。…

  2. feeling

    「世界の果て」といわれた場所。

    素敵なカフェがあったんです。その名も「世界の果て」という名前。…

  3. feeling

    転んでみて分かること。

    おととい派手に転んで、歩く時に少し右足を引きずる感じになっています。…

  4. feeling

    過去祈った事が、成されていること気づいた。

    変質しないで変化する。私が15歳の時に祈っていた理想の大人像。…

  5. どーでもいいハナシ

    山梨弁にあらず、甲州弁なり。

    ときどき、県外の方に「やまなし弁」と言われるのですがNO!と思…

  6. どーでもいいハナシ

    にぎらない、おにぎりの良さ。

    急いでる時の荒業、握らないおにぎり。ただタッパーにご飯いれて、…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. Workつれづれ

    業界No1のエステティシャン…結末は!
  2. Workつれづれ

    エステティシャンからリハビリ・看護助手へ転職!?
  3. イキサツ。

    業界No1のエステティシャンが見た現実は…
  4. イキサツ。

    ピアノ講師から転換!次の道は?
  5. イキサツ。

    憧れのピアノ講師…のはずが?
PAGE TOP