feeling

転んでみて分かること。

おととい派手に転んで、歩く時に少し右足を引きずる感じになっています。
そして背中や首や肩や腕などなどあちらこちらに打撲とその余波のような痛みがあり
サロンパスさんにお世話になっている毎日です。

祖母が年末に転んで以来、家の中でもしばらしく「おっかねぇ、おっかねぇ」と言いながら杖をついていたんですが、少しだけその気持ちが分かりました。

自分の心と体が一致しない転び方をするとほんと恐い。
そして、痛い。
体の痛みだけでなく、ついて行けなかった出来事にココロもなんだかショック受けてしまいます。

祖母の杖の意味が少しリアルにわかりました。

痛みを知ることで、誰かの痛みを少しだけでも想像を超えて考えられるってこと久しぶりに思いだしつつ、
祖母の心のことを考えて接しなければいけなかったんだ・・・と気づけなかったことを気づけて良かったです。

あと内出血で紫というか黒くなっている両ひざよりも、太ももやら、両腕やら、お尻、腰も痛く、
首や肩にまで影響が出ていることに「このように、体って影響し合うんだなぁ」と体の相互作用というか連帯性におどろきました。

「キリストは頭であり、あなた方は手足である」この聖句の深さと重要さを文字通り痛感。

手が足の働きが出来ないように、それぞれが大事な存在だよ。
そういう意味でおっしゃったと思いますが、
怪我をする度に「体のどの部分も大事すぎる」って感じるしかなく、聖句の深いメッセージ性を思い知らされます。

怪我したところを自然とかばうようになったり、怪我しているせいで動きにくくなったりするこの不自由さを通して、
体全体が健康・無事であることがどれほど大切なのかそして、普通に稼働できる状態がどれほど素晴らしいことなのか
当たり前なことが当たり前であるようにあることがどれほど大事なのかを身につまされます。

このようにこうだ。
兄弟姉妹の為に祈ること。
国や世界の為に祈ること。
大事だなぁとしみじみ思いました。

チョンミョンソク先生はいつも細かく民族世界の為に祈っていらっしゃるのは
ベトナム戦争の体験や、ご自身の極貧の生活を通して
「体験」をもとに祈られているんだろうなぁ。。。
そう改めて思う瞬間でもありました。

先生の様々なイキサツについて
まとめられている
鄭明析(チョンミョンソク鄭明析)牧師の公式サイト⇒His Life
こちらで確認をされることオススメします。

この記事を書いたブロガー

黄雲 kou★un
生まれも育ちも山梨。東京へ通いながら摂理のバイブルスタディを学び、意を決して上京した後、教会がない山梨で生活している平信徒アラフォー。中高短大山梨英和卒業。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. このブログをしている理由。
  2. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  3. キリスト教福音宣教会とは?
  4. 胸にしみたひと言。

関連記事

  1. feeling

    コトバにヤラれ、コトバで立ち上がる。

    これ最近いろんなところで聴いたり、目にしたりするコトバ。バズー…

  2. feeling

    靴をさがすように。

    「靴を脱いで部屋に入ったら、また外に出る時には自分の靴を履いて外に出る…

  3. feeling

    明けない夜は無いように。

    明かない冬もない。新しい時、新しい自分を作るための力を蓄える時…

  4. feeling

    考えが方向だ。

    「考えが方向だ。人間は考えるとおりにそちらの方…

  5. feeling

    誰かに届けようとすることそのステキさを知るのですインスタで。

    最近、フォローさせてもらっている方々のコメント力の素晴らしさに学ばせて…

  6. feeling

    味噌汁作って喜ばれたよ。

    感謝なことに研修の間、摂理メンバーのお家に滞在させていただく協力を得ら…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    ちーちゃん、摂理に洗脳された妹を救いに!?
  2. イキサツ。

    憧れのピアノ講師…のはずが?
  3. イキサツ。

    20歳のトラックドライバー、その後
  4. イキサツ。

    ジュエリー店員が見た真の宝石
  5. イキサツ。

    エステティシャン→整形外科の若手主任に!
PAGE TOP