Thinking

新しい朝。

変わりたくても、変われない。

そういうジレンマのどつぼだった時、新しい朝が来ても、季節が変わっても
変化のない自分のココロを見て、ただ過ぎていく時間が恐ろしく、もどかしく、苦しかった。

万物が時にしたがって花咲き実を結ぶのを見ては、ひとり置いてゆかれるような気持ちだった。

「御言葉聴けば変われるよ」と言われた時、
自分のできる限りのことをしたが変わることが出来ず途方に暮れていた私にとって
半信半疑の心が5割
月も星もない夜の様なこの空虚感と焦燥感のココロに朝日が昇るかもしれない期待が5割だった。

宗教に答えがあるのだろうか?という疑念はあったが、
心理カウンセラーの先生に「あなたの知りたいことは、神様しか解けないことだ」と言われたことを思い出して、
神様がいるならば、教えてくださる機会をもらったことだと決意して、一歩踏み出したのを覚えている。

道を調べて、目的を確認して、自分の足がどこの地についているのか
足の裏に生きているという実感と感謝が生じるようになるまでは、いろいろあったけれど、

どこでも教えてくれない人生の根本と自分のココロの取り扱い方を教えてもらう
その貴重な情報を得るには必要な努力という対価だったと思う。

今は、新しい朝、新しい季節がくる時、恐くない。
私に力をくれることを感じられるから。

今日は主日礼拝。
太陽のように、必要な新しい真理の光と神様の愛を心いっぱいに満たそうと嬉しく準備する。

この記事を書いたブロガー

黄雲 kou★un
生まれも育ちも山梨。東京へ通いながら摂理のバイブルスタディを学び、意を決して上京した後、教会がない山梨で生活している平信徒アラフォー。中高短大山梨英和卒業。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  2. 胸にしみたひと言。
  3. キリスト教福音宣教会とは?
  4. このブログをしている理由。

関連記事

  1. Thinking

    あたりまえポエム。

    流行っているって、LINEニュースで聞いたので作ってみた。…

  2. Thinking

    神様に命を救われたエピソード

    まっちゃんは、よく神様をハラハラさせていたと思う。何でって?!…

  3. Thinking

    お母さんによるお母さんへの「批判」。

    コスモポリタンの「母親たちへの批判に喝!あるママの投稿がカッコいい」こ…

  4. Thinking

    能動的インスピレーションをもらう摂理の礼拝。

    チョンミョンソク先生は故郷を神様の作品になるまで開発された方。それ…

  5. Thinking

    隙。

    心の隙ほど、気をつけなければならない。そう改めて感じました。…

  6. Thinking

    大阪教育大学~カラスとの攻防戦その②~

    先日、大阪教育大学で大量に発生したカラスの大群とバ…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    憧れのピアノ講師…のはずが?
  2. イキサツ。

    業界No1のエステティシャンが見た現実は…
  3. イキサツ。

    エステティシャン→整形外科の若手主任に!
  4. イキサツ。

    業界No1のエステティシャン…結末は!
  5. イキサツ。

    20歳のトラックドライバー、その後
PAGE TOP