Thinking

電車乗る時に、何気なく後から来た人に横入りされるとき、ふと思うこと。

いや、いいんですけれどね。
私座り仕事なので、まったくもって立っている時間少ないですし、中年といわれる年ではありますが「まだ若いから」といわれることがまだありますし、というか大体において私の前に入られる方はお年を召した、いわゆるご高齢と思われるので、とがめることなど致そうなど、あるわけがございません。

しかしながら、しかしながら、しかしながらです、

さも当然かのようなその素振りに、正直モヤッとした心持ちが生じるのは否めず。
どうしたらいいのか。毎度、横入りの所業に遭遇するとこのモヤッとをどのように対処すればよいのか思い悩ませるのですが、
いやこれは私の考えすぎで、ほんとに私のことが見えていない(年を取ると視界が狭まるそうなので)ゆえの行動で私が勝手にモヤッとしているだけなのでは?という考えで思い直そうとしました。
しかし、、、この方に続け。といわんばかりに私を差し置いて電車に乗り込まれていく50代後半初老風の男性と寒いけれども制服ミニ丈の女の子。

もしかして今、

わたし透明人間なのではッ?!

と、混乱と錯覚に陥るほどの無視っぷり。
というか山梨なので、コロナ渦なので、いつも以上に電車に乗る人なんて少ないんで、
横入りなどしなくても至って普通に席に座れる次第なのですが。。。それでも早く座りたいのね皆さん。

みんな疲れていて「誰か」のココロなんて考える余裕も余地もなく、居るのだろうか。

モヤッとした感情がとぐろ状にわたしを拘束していくのを感じる最中。。。

こういうとき、あの人ならばどうするんだろうか。

そう自問自答しました。

チョンミョンソク牧師ならば、どうするんだろうかねと。

私は、憤慨と悲しさでやられそうになっていくが、きっとそうじゃないだろうな。

どんだけ、無視されても、どんだけ馬鹿にされても、どんだけ傷つけられても、
人を傷つけようとしなかったし、今も「最後まで命を愛しなさい」といっているような人だから。

私には、それがどういう意味で、どうしたら愛せるのか。分かっていないんだな。。。
自分の思いから抜け出せなくて、自分の考えに縛られて怒り、悲しみにがんじがらめにやられやすいんだなぁ。
と自分の足りなさを目の当たりにしました。

単に、横入りされただけのことなんですけれどね、、、
そして、そういう扱いはどこ行っても昔からなので、まぁいわゆる舐められやすい(おとなしそうに見えると大多数の方によく言われる)たぶん私のせいなんでしょうけれど、ゆえに以前ならばモヤッとどころか激しい怒りに火を付いたものでした。
今だって、高齢者は置いておいても、若者に一言「あの、それどうなんすかね?」とうっかり、物申しそうになりましたし。。。しかし、おそらく私のハナシなど受け止めることなどなく、むしろ電車内もワタシも激しく嫌なオモイで満ちみちていくであろうが予想されるとともに、やっぱチョンミョンソク牧師だったらそういうことしないだろうな。という気づきが私をとどめました。

自分の思いを置いておいて、我慢せずに平和を成すって地味にむずかしい。

こういうちっちゃなことだからこそ、それがいたく染みる瞬間。
かつ、かの人をもっと研究していけば愛って具体的により分かるんだろうなとおもいました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. このブログをしている理由。
  2. 胸にしみたひと言。
  3. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  4. キリスト教福音宣教会とは?

関連記事

  1. Thinking

    ゴーストライター説があるんだってさ。

    チョンミョンソク牧師が毎週説教原稿を書けるはずがないということで「…

  2. Thinking

    ほぐすこと大事。

    ほぐすこと。とどこおりをなくすこと。体も、こころも。…

  3. Thinking

    個性と調和。

    ある時、管理職をされていた女性から「あなたはNoと言える人(自分の…

  4. Thinking

    憎しみと愛はどちらが強いのか?

    家族を思う時、そんなことを考えることがありました。今もまだ解決…

  5. About 摂理

    摂理の聖霊運動

    学校でする【運動】といったら、…

  6. Thinking

    復活=考えの転換★バレー

     まっちゃんは背が低い…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    ダイバーちーちゃん、世界の海へ!
  2. イキサツ。

    業界No1のエステティシャンが見た現実は…
  3. Workつれづれ

    業界No1のエステティシャン…結末は!
  4. Workつれづれ

    ピアノの先生からトラックの運転手へ!
  5. イキサツ。

    バイクで意識不明、気づいたら病院に…
PAGE TOP