Thinking

褒めることのむずかしさ。

ときどき「やまなしから良く通っているね」と褒められることがある。

というか、呆れられていることもあるけれど(^_^;)

自分にとって必要不可欠で、その価値があるから通っているだけで、
なにも褒められることはないのです。
なーんて心の底から言えるのはわりと最近かもしれません。

普通に自問自答しちゃっていましたよ。
「ほんとにここに時間とお金出してもいいのかな?(移動の労力など考えると^_^;)」と。

でも、人が決めることでもなく自分が決めて選べることなので
いつもその自問自答の根本は

「どう生きたいか?」というものでして
自分が確かめるしかないのですよね。

なので確かめた結果、これでいいんだ。
というかこれがいい。
そう確信出来たから今に至っているだけなのでした。

というわけで、私に「教会にわざわざ山梨から通っていてすごいね」というのは褒め言葉ではないのです。

むしろ「やっぱその価値あるよね!」と言ってもらえるほうが嬉しい。

そう気づいた時に思いました。
褒めるってむずかしいなと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  2. キリスト教福音宣教会とは?
  3. このブログをしている理由。
  4. 胸にしみたひと言。

関連記事

  1. Thinking

    大人の味 菜の花

    学校の帰りにふと道路の脇を見ると菜の花が満開だった…

  2. Thinking

    捧げることのプロを見たから。

    何で毎週礼拝を東京まで捧げに行くのか?肉体が疲れたり、お金かかった…

  3. Thinking

    心がしわくちゃな時。

    しわくちゃなシャツを速くきれいな状態にする秘訣ポイントはたった…

  4. Thinking

    隙。

    心の隙ほど、気をつけなければならない。そう改めて感じました。…

  5. Thinking

    1%の霊感

    子どもの頃から、絵を書くのが  大~好きだった  まっちゃん。…

  6. Thinking

    和睦をあじわう。

    これ奇跡だと思う。摂理に来る前は、傷つくよりは一人でいる方がいいと…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    ジュエリー店員が見た真の宝石
  2. イキサツ。

    バイクで意識不明、気づいたら病院に…
  3. イキサツ。

    エステティシャン→整形外科の若手主任に!
  4. イキサツ。

    憧れのピアノ講師…のはずが?
  5. Workつれづれ

    ピアノの先生からトラックの運転手へ!
PAGE TOP