Thinking

褒めることのむずかしさ。

ときどき「やまなしから良く通っているね」と褒められることがある。

というか、呆れられていることもあるけれど(^_^;)

自分にとって必要不可欠で、その価値があるから通っているだけで、
なにも褒められることはないのです。
なーんて心の底から言えるのはわりと最近かもしれません。

普通に自問自答しちゃっていましたよ。
「ほんとにここに時間とお金出してもいいのかな?(移動の労力など考えると^_^;)」と。

でも、人が決めることでもなく自分が決めて選べることなので
いつもその自問自答の根本は

「どう生きたいか?」というものでして
自分が確かめるしかないのですよね。

なので確かめた結果、これでいいんだ。
というかこれがいい。
そう確信出来たから今に至っているだけなのでした。

というわけで、私に「教会にわざわざ山梨から通っていてすごいね」というのは褒め言葉ではないのです。

むしろ「やっぱその価値あるよね!」と言ってもらえるほうが嬉しい。

そう気づいた時に思いました。
褒めるってむずかしいなと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. キリスト教福音宣教会とは?
  2. このブログをしている理由。
  3. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  4. 胸にしみたひと言。

関連記事

  1. Thinking

    掃除を通してこのようにこうだ。

    悔い改めとは体を洗うように必要なことだ。悔い改めほどいいことは…

  2. Thinking

    何様からの脱却。

    自分の立場だけで、自分の見えることで考え始めるいわゆる、自己中心に陥る…

  3. Thinking

    節約のポイント。>食費

    節約アドバイザー丸山晴美さんによる「食費節約上手さんに共通して見られる…

  4. Thinking

    楽しいって何か。

    「楽しくしたいですね」とある摂理メンバーから言われました。あること…

  5. Thinking

    お掃除の極意。

    聖殿の掃除にひさびさに参加させてもらいました。玄関掃除に着手。…

  6. Thinking

    実践しようとして、わかった現状。

    「鉛筆の先で刺すよりは、鉛筆のもつところ、横で触るように伝える事」…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. Workつれづれ

    業界No1のエステティシャン…結末は!
  2. イキサツ。

    エステティシャン→整形外科の若手主任に!
  3. Workつれづれ

    20歳のトラックドライバー、その後
  4. イキサツ。

    バイクで意識不明、気づいたら病院に…
  5. Workつれづれ

    エステティシャンからリハビリ・看護助手へ転職!?
PAGE TOP