Thinking

褒めることのむずかしさ。

ときどき「やまなしから良く通っているね」と褒められることがある。

というか、呆れられていることもあるけれど(^_^;)

自分にとって必要不可欠で、その価値があるから通っているだけで、
なにも褒められることはないのです。
なーんて心の底から言えるのはわりと最近かもしれません。

普通に自問自答しちゃっていましたよ。
「ほんとにここに時間とお金出してもいいのかな?(移動の労力など考えると^_^;)」と。

でも、人が決めることでもなく自分が決めて選べることなので
いつもその自問自答の根本は

「どう生きたいか?」というものでして
自分が確かめるしかないのですよね。

なので確かめた結果、これでいいんだ。
というかこれがいい。
そう確信出来たから今に至っているだけなのでした。

というわけで、私に「教会にわざわざ山梨から通っていてすごいね」というのは褒め言葉ではないのです。

むしろ「やっぱその価値あるよね!」と言ってもらえるほうが嬉しい。

そう気づいた時に思いました。
褒めるってむずかしいなと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 胸にしみたひと言。
  2. キリスト教福音宣教会とは?
  3. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  4. このブログをしている理由。

関連記事

  1. Thinking

    摂理の帆掛船 HAPPY★BIRTHDAY

    リニューアルして、openしました!!【摂理の帆掛船】、今…

  2. Thinking

    「よくわからない」から「ちょこっとわかった」で見えたこと。>選挙と政策

    私の通っている教会ではそれぞれの学んでいる事・個性を通してお勉強会を開…

  3. Thinking

    Birthday。

    先生はご自分の誕生日にむしろみんなによくしてくださる。わたしが…

  4. Thinking

    凹むんですが、挽回は可能です。

    自分の失敗で、凹むような時、挽回する方法。出来なかった~…

  5. Thinking

    自由になる知恵。>対人関係

    最近、指導者との関係で苦しんでいる子の話を聞いた。色々たまりに…

  6. Thinking

    チューリップに込める思い~諦め癖のある子へ~

    @photohito.com今日、生活の時間にチュ…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. Workつれづれ

    20歳のトラックドライバー、その後
  2. イキサツ。

    エステティシャン→整形外科の若手主任に!
  3. イキサツ。

    憧れのピアノ講師…のはずが?
  4. イキサツ。

    ピアノ講師から転換!次の道は?
  5. Workつれづれ

    ピアノの先生からトラックの運転手へ!
PAGE TOP