Thinking

褒めることのむずかしさ。

ときどき「やまなしから良く通っているね」と褒められることがある。

というか、呆れられていることもあるけれど(^_^;)

自分にとって必要不可欠で、その価値があるから通っているだけで、
なにも褒められることはないのです。
なーんて心の底から言えるのはわりと最近かもしれません。

普通に自問自答しちゃっていましたよ。
「ほんとにここに時間とお金出してもいいのかな?(移動の労力など考えると^_^;)」と。

でも、人が決めることでもなく自分が決めて選べることなので
いつもその自問自答の根本は

「どう生きたいか?」というものでして
自分が確かめるしかないのですよね。

なので確かめた結果、これでいいんだ。
というかこれがいい。
そう確信出来たから今に至っているだけなのでした。

というわけで、私に「教会にわざわざ山梨から通っていてすごいね」というのは褒め言葉ではないのです。

むしろ「やっぱその価値あるよね!」と言ってもらえるほうが嬉しい。

そう気づいた時に思いました。
褒めるってむずかしいなと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. このブログをしている理由。
  2. 胸にしみたひと言。
  3. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  4. キリスト教福音宣教会とは?

関連記事

  1. Power of God's word

    成功したいと思う方に、オススメ。

    聖書を根拠にアドバイス・コーチングしてくださるくらら牧師You…

  2. Thinking

    辛い時が一番チャンス。

    「辛い」と「幸せ」は「一」ちがいだ。と、星野富弘さんの詩で知ってか…

  3. Thinking

    マザーテレサの子孫とランチ。

    ご存じのとおり、マザーテレサはシスターなのでご子息、孫等いらっしゃらな…

  4. Thinking

    良い人善い人。

    メンバーと話したり過ごしたりする時に毎回思うが。。。奇跡か!?…

  5. Thinking

    カルト宗教に通う娘をナゼ止めないのか?その理由。

    年に、数回くらいの頻度で「教会に行っているって親に話していますか?」と…

  6. Thinking

    元裁判官の方が書いた「告発本」が国民審査の「お助け本」になっている件。

    「衆議院議員総選挙」だけでなく「最高裁判所裁判官国民審査」…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    エステティシャン→整形外科の若手主任に!
  2. イキサツ。

    ダイバーちーちゃん、世界の海へ!
  3. Workつれづれ

    20歳のトラックドライバー、その後
  4. Workつれづれ

    エステティシャンからリハビリ・看護助手へ転職!?
  5. イキサツ。

    ジュエリー店員が見た真の宝石
PAGE TOP