摂理ってカルト?

生きてるとけなされること、貶められることに出会うのよねだから、理想世界って何か。

小市民の中の小市民であるワタクシが幼少のころから思っている一つのこと、それは人生は生きる分だけ大変だってこと。
だから、こそ年長者さんってすげぇなと敬う心が自然と生じるものなんですが、なんだろう・・・
貶められること、けなされることも比例するのを実感するとき、なんで生まれてきちゃったんだろうなと自問自答。

むかしは女性であるということがマイナスだった。そして、今は年を取っているということでマイナス扱いされる。
マイナスにする人がいるとしても、自分がマイナスだと思わなければ、問題なし。
と思えるようになったのは、聖書を通してイエス様の伝えたかったこと、神様の愛を知るようになってから。

最近は女性であることを悪くないと思えるけれど、ちょっと年が近いお姉さんから「もう若くないおばさん」と評されることが今年多いのは、何が理由なのか、そして「おばさん」はどうして悪いのか?なぜその発言がでてくるのか?いろいろ考察が深まる今は秋。

そもそも私が自分に価値がないと突きつけられたファーストインパクトは祖母だった。
「女だから駄目だ」
祖母も女性なのに。
これは私よりもお姉さんからおばさん認定を受けるのと同じ構造な気がする。

祖母は待望の男児として誕生するはずだったそうで、男のような名前を付けられた。
それだけではないと思うけれど、嫌な思いをしたらそれをコピーして自ら行なうようで
一度目の結婚のときに受けたこと、二度目の結婚で受けたときの姑からのいびりをグレードあげて母にしていた。
そう。つまりは「傷」があるからそういうことをしていたのだ。

女性であることも、年を取ることも、ほんとは何も悪くない。
なのに、悪くて、劣っていて、醜いものだとするのはどこから来るんだろうか?

それは、そういう体験をして脳にその考えが入ってしまったからだ。
考えの選択を間違ったら本当にヤバイ。

本当に善い生き方って年を取るごとにできるもの。
それを見せてくれるし、教えてくれる存在が欲しかった。
喉の奥から手が出てくるっていうレベルで。

だからそういう存在に会えたら、絶対に離したくないわけで
誹謗中傷、変な噂が例年のごとくチョンミョンソク牧師にあるとしても
私以上にけなされてきて、私以上に苦痛と悲しみが多かったその人生なのに
恨むより、憎むより
「理想世界って雨の中でもやるべきことをやるってことだよ。」
って言いながらスマフォのライトを点けながら作業をするような人だから。

安穏な後ろ向きに、暗いこと言って、愚痴るような生き方じゃなくて
むしろ、しんどくて大変だけれど挑戦と感謝をし続ける生き方をしている人だから。

明るいと言えない現実をちょいちょいみちゃうとしてもさ、
理想世界ってやつを作ってみようじゃん、私の人生で。
と、そう思うのだ。

この記事を書いたブロガー

黄雲 kou★un
生まれも育ちも山梨。東京へ通いながら摂理のバイブルスタディを学び、意を決して上京した後、教会がない山梨で生活している平信徒アラフォー。中高短大山梨英和卒業。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. このブログをしている理由。
  2. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  3. キリスト教福音宣教会とは?
  4. 胸にしみたひと言。

関連記事

  1. 摂理ってカルト?

    摂理をやめる。いわゆる、脱会について。

    有名な摂理ブロガーさんであるLunaさんの「摂理を脱会したけれど戻って…

  2. 摂理ってカルト?

    私が私を殺そうとした理由・私が今生きている理由。

    どぎついタイトルで大変恐縮ですが、摂理(キリスト教福音宣教会)がカルト…

  3. feeling

    ペニーワイズより怖くヤバイやつ。

    怖さが増してるとそこかしこで評されてる。「Itそれを見たら終わ…

  4. 摂理ってカルト?

    道を伝える。

    イエス様は「わたしは道であり、真理であり、命である。だれでもわたし…

  5. 摂理ってカルト?

    私が摂理で生きる理由。

    車の運転で事故を回避しやすい考え方を教えてもらった。「カモシレナイ…

  6. 摂理ってカルト?

    俺の話を聞いてくれ。

    「明日も東京いくのか?」毎週末、父に訊かれる。「行ってくるよ」…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    ダイバーちーちゃん、世界の海へ!
  2. イキサツ。

    バイクで意識不明、気づいたら病院に…
  3. イキサツ。

    エステティシャンからリハビリ・看護助手へ転職!?
  4. イキサツ。

    業界No1のエステティシャン…結末は!
  5. イキサツ。

    ジュエリー店員が見た真の宝石
PAGE TOP