Thinking

誕生日が嫌いな理由は。

夏生まれ、に見えないと定評があるのですが、夏生まれなんです。

誕生日が嫌いなのは、年を取るから~なんて可愛らしい理由ではなくて、
それなりに辛い思いというか「なんでこんなことが・・・・」という思いが生じる確率が高い日だからです。

なぜ?かというと、両親が(特に父が)祝ってくれようと出かけようとするのですが、
必ず、と言っていいほど、問題のある運転をするため死にそうになるからです。

住宅地の道なのに40キロ以上出しながら運転したり、幅狭い道を対向車来るのにスピード緩めずにすれ違おうとしたり、
何かの映画の中にいるようなすさまじい運転です。

「危ないから」と止めようとすると、怒り出してもっとひどい恐ろしい運転になるため、
どうか事故が起きないようにとひたすら祈るしかない。。。。(幼い時からそれしかなかったです。)
でも、大分大きくなってからは、もう限界だという思ったら怒鳴って罵倒しながら車を降りる。
それが私の生き残る方法でした。

今は?というと。。。

どうしたら父がこういう運転はしてはいけないと理解が出来るようになるのでしょうか・・・・どうしたらいいのか私には分かりません。
というか、こんなひどい思いをさせられるならば、一体何が誕生日祝いなのか・・・
今日で最後にしたいです。というのがわたしの心の底からの叫びです。
と、本音トークで神様に告げられるから幸せだなぁと、思いました。
なので、
神様、今までこんなひどい運転をする父と、そして親を呪うような私を今日まで生かしてくれてありがたです。と感謝しつつ、本当に申し訳ないですと悔い改めの祈りをしました。

発狂したかのような叫びを上げることもできたし、車のドアを開けて飛び降りるという暴挙に暴挙で対抗することもできたけれども、
そういう過去やったことを繰り返すのは、こういう愚かな私たちを見ている神様的にはきっと悲しいだろうな。
とおもえたのと、
いつも神様に告げるのだよ~と教えてくれたチョンミョンソク先生のこと思い出せたんです。
先生が死にたくなるほど、先生のお父様からひどいことをさらりと言われたとしても、それらをすべて神様に心向けて神様からの愛をもらってお父様にもその愛伝えられたこととかモロモロのことが脳内に巡り、なんか思いとどまれたんです。

しかし色々こらえるのに、口の中また血だらけ気味になったり、もしかして何の関係もない誰かに迷惑かけるのでは?という心労で胃が痛くなり、
誕生祝で向かった料理屋さんに着いた時にはもうぐったりして食べるどころじゃなかったけれど・・・。

そんなこんなで頭痛もしてきて眉間に線も入り、美味しくご飯なんて食べられる状態ではない私の様子を見て、
父は自分の行動を見つめ直す変化が起こり、帰りの運転は模範的安全運転でした。

「言葉よりも実践だ」

という、チョンミョンソク牧師の哲学的言葉が、また別の味で味わえたのが今年の誕生日プレゼントでした。

骨身にしみるとはよく言ったものだが、神様を、チョンミョンソク牧師を知らなければ今の私はいないな。と思いました。

普通に親を愛すること難しかったのを久々に痛いほどしみて、赦せること祈ってあげられるようになったことも

ほんとに感謝しかない。と思ったのでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  2. キリスト教福音宣教会とは?
  3. 胸にしみたひと言。
  4. このブログをしている理由。

関連記事

  1. Thinking

    タルトタタンのように。。。

    田舎の姉妹が作ったお菓子だというタルトタタン。失敗から生じた世…

  2. Thinking

    ランチで小旅行。

    今日はどこで楽しくランチしましょうか?と聖霊様と御子主に訊きながら…

  3. Health

    「自分」を好きになる3つのこと

    進路や教員採用の面接で聞かれることの一つに、…

  4. Thinking

    料理を通して考える。>今朝の箴言

    <食べ物の味>を最高に出すためには、 「時を合わせること、…

  5. Thinking

    意見・抗議の発信の仕方を少年たちから学ぶ。

    SWNSイギリスの学校に通う男子生徒たちが「スカートの乱」を起こし…

  6. Thinking

    礼拝の花道をつくる聖歌隊。

    名古屋の聖歌隊が礼拝で捧げたものをYou tubeで展開してくださって…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    ジュエリー店員が見た真の宝石
  2. イキサツ。

    バイクで意識不明、気づいたら病院に…
  3. イキサツ。

    業界No1のエステティシャンが見た現実は…
  4. イキサツ。

    憧れのピアノ講師…のはずが?
  5. Workつれづれ

    業界No1のエステティシャン…結末は!
PAGE TOP