Thinking

父が誕生日で感慨深い。

父の誕生日をささやかにお祝いをしたんですが、とても可愛らしく喜んでいました。

ほんとうに大したことがない物でも、喜んでもらえてなんだか、こそばゆかったです。

昔、父と2年間全く話さなかったときがあります。
色々なことがかさなってそうなったんですが、いつからまた話すようになったかというと、私がキリスト教福音宣教会(摂理)に通うようになったとき、心配しているようだったので、私から話をするようになりました。

教会行事、クリスマス礼拝やスキー合宿にも誘って教会のメンバーと自然に交流する中で「いい人たちにお世話になっている」という認識を持ったみたいで畑の収穫があるごとに「教会の皆さんに渡してくれ」と持たせてくれます。

父とのわだかまりが色々と解けて行くようになっったのと、私の信仰生活が始まったのは同時だったかも。。。と父の誕生日に振り返りつつ

そろそろクリスマスイベントに誘ってみようと思うのでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 胸にしみたひと言。
  2. このブログをしている理由。
  3. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  4. キリスト教福音宣教会とは?

関連記事

  1. Thinking

    摂理人みて思ったこと。

    ありのままであることの強さ。飾らない美しさ。すり減るではな…

  2. Thinking

    特性を見つけようと人鳥を見て思った。

    飛べない鳥という形容を時々される、penguin:ぺんぎん。漢…

  3. Thinking

    捧げることのプロを見たから。

    何で毎週礼拝を東京まで捧げに行くのか?肉体が疲れたり、お金かかった…

  4. Thinking

    遠距離恋愛ならぬ遠距離信仰が成り立つワケ。

    所属教会から遠めのところに住んでいるメンバーってわりと普通に存在する昨…

  5. Thinking

    心がしわくちゃな時。

    しわくちゃなシャツを速くきれいな状態にする秘訣ポイントはたった…

  6. Thinking

    御子と主に挟まれた男の子☆

     先日、摂理姉妹とご飯を食べに行ったら、凄い行列だった。…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    憧れのピアノ講師…のはずが?
  2. Workつれづれ

    20歳のトラックドライバー、その後
  3. イキサツ。

    ダイバーちーちゃん、世界の海へ!
  4. イキサツ。

    業界No1のエステティシャンが見た現実は…
  5. Thinking

    ちーちゃん、摂理に洗脳された妹を救いに!?
PAGE TOP