Thinking

ステキなアラフィフになるには。

最近、というか今年、いろいろな縁で50歳前後のお姉さん(いわゆるアラフィフ)と話す機会があります。
おしごと、結婚、子育て、さまざまな経験を経てまた自分の人生をあたらしくどうしようか?と思っている方々のハナシの中で、印象的だったのは「自分の良くないところを直せるように言ってくれるってありがたい!」そういう思いを持っていらっしゃるところでした。

「この年になると、良くないところがあっても、普通に流されんのよね。直すようにハッキリ言ってくれるのはほんとありがたい。」
摂理の教会のメンバーではないです。

今週もまた別の場所で、また別の方が「自分の心の汚い所とか、はっきり教えてほしい」と仰っているアラフィフの方に会いました。
お二人に共通しているのは、自分の持っている力をもっと出し切りたい!と思っているところです。

ふと、メンバーのお母さんがここで聖書学んでスッキリした!残りの人生不安もなくなったワ。とおっしゃっていたことが思い出されて、
点と点がつながる感じがしました。

正直、自分の良くないところ(いわゆる粗アラ)と向き合うのは、しんどいこともあります。がしかし、どうしたいのか?という自分の意思がはっきりしているならば、汚くなるよりは、ずっときれいになるはずです。

自分の良くないところを直視することに座り込みたくなる思いがよぎりそうなところがあったのですが、人生の先輩たちのステキコメントから「どうせ生きるなら、よりよく生きたい!」初心に立ち返るよう、背中を押してもらったかんじです。

やはり人と人の出会いって神様の計らないだなぁ😊

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. このブログをしている理由。
  2. キリスト教福音宣教会とは?
  3. 胸にしみたひと言。
  4. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。

関連記事

  1. Thinking

    服を買わずにおしゃれさんになる方法。

    79歳マダムのパリ流「ファッション断食」より参考になる・共感するところ…

  2. Thinking

    当サイトにようこそ(人ω・*)皆様へ

    一個人的なつぶやきが多い当サイトではありますが、掲示された絵、写真…

  3. Thinking

    遭遇。

    それは主日礼拝に向かう早朝。隣の家の倉庫の屋根にドタンッと大きな音…

  4. Thinking

    人生とは攻撃と防御の生だ。

    チョンミョンソク先生がおっしゃった一言。すべきことを「行うこと…

  5. Thinking

    雨が降っても時を掴むツバメたち。

    今日は午後から雨模様。ツバメたちはお休みしているかな?と思いき…

  6. Thinking

    度肝抜かれた陥没。

    博多駅前陥没事故 奇跡の犠牲者0これは本当に神様がして下さった奇跡…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    エステティシャン→整形外科の若手主任に!
  2. イキサツ。

    業界No1のエステティシャンが見た現実は…
  3. イキサツ。

    ピアノ講師から転換!次の道は?
  4. イキサツ。

    ダイバーちーちゃん、世界の海へ!
  5. Workつれづれ

    ピアノの先生からトラックの運転手へ!
PAGE TOP