Thinking

ステキなアラフィフになるには。

最近、というか今年、いろいろな縁で50歳前後のお姉さん(いわゆるアラフィフ)と話す機会があります。
おしごと、結婚、子育て、さまざまな経験を経てまた自分の人生をあたらしくどうしようか?と思っている方々のハナシの中で、印象的だったのは「自分の良くないところを直せるように言ってくれるってありがたい!」そういう思いを持っていらっしゃるところでした。

「この年になると、良くないところがあっても、普通に流されんのよね。直すようにハッキリ言ってくれるのはほんとありがたい。」
摂理の教会のメンバーではないです。

今週もまた別の場所で、また別の方が「自分の心の汚い所とか、はっきり教えてほしい」と仰っているアラフィフの方に会いました。
お二人に共通しているのは、自分の持っている力をもっと出し切りたい!と思っているところです。

ふと、メンバーのお母さんがここで聖書学んでスッキリした!残りの人生不安もなくなったワ。とおっしゃっていたことが思い出されて、
点と点がつながる感じがしました。

正直、自分の良くないところ(いわゆる粗アラ)と向き合うのは、しんどいこともあります。がしかし、どうしたいのか?という自分の意思がはっきりしているならば、汚くなるよりは、ずっときれいになるはずです。

自分の良くないところを直視することに座り込みたくなる思いがよぎりそうなところがあったのですが、人生の先輩たちのステキコメントから「どうせ生きるなら、よりよく生きたい!」初心に立ち返るよう、背中を押してもらったかんじです。

やはり人と人の出会いって神様の計らないだなぁ😊

この記事を書いたブロガー

黄雲 kou★un
生まれも育ちも山梨。東京へ通いながら摂理のバイブルスタディを学び、意を決して上京した後、教会がない山梨で生活している平信徒アラフォー。中高短大山梨英和卒業。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  2. キリスト教福音宣教会とは?
  3. 胸にしみたひと言。
  4. このブログをしている理由。

関連記事

  1. Thinking

    トイレの感動を侮るべからず(笑)

    まっちゃん、【水分】が足りなくて、長い間体調崩した事が…

  2. Thinking

    泣くのが好きな日本人。

    泣ける映画、泣ける小説、泣けるいい話。日本人は「泣く」というこ…

  3. Thinking

    「カルト宗教摂理」の理由を発見。

    カスタードって、卵ありきじゃないですか。なのに、卵使わないってどう…

  4. 摂理ってカルト?

    カルト宗教に通う娘をナゼ止めないのか?その理由。

    年に、数回くらいの頻度で「教会に行っているって親に話していますか?」と…

  5. Thinking

    歴史を成す。

    内村航平選手が語られた「アテネは超えられないけれど、僕たちが新しい…

  6. Thinking

    摂理人みて思ったこと。

    ありのままであることの強さ。飾らない美しさ。すり減るではな…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    エステティシャン→整形外科の若手主任に!
  2. イキサツ。

    ちーちゃん、摂理に洗脳された妹を救いに!?
  3. イキサツ。

    ジュエリー店員が見た真の宝石
  4. イキサツ。

    憧れのピアノ講師…のはずが?
  5. イキサツ。

    業界No1のエステティシャンが見た現実は…
PAGE TOP