Thinking

家族の良いところをちゃんと見つけられるようになったワケ。

どのくらい自分が良い方へ変化したのかをふと感じる瞬間があった。

家族どうしのプチもめごとが起きた。
結局は家族ゆえの心配からのもめごとなのだが・・・
妹がもう一人の妹のことで、いろいろと責めてしまっていた。

わたしも、過去心配のあまりに色々と過ぎたことあーだこーだ言ってしてしまっていたなぁ。
と思うのと同時に
今は
当事者がどれほど今の状況に対峙してふんばってがんばっているのかを理解したほうがいい。
そういう考えでとらえるようになっていることに気づいた。

そして、
父に対しても、自分が傷ついたことがいろいろあって良い所を認めて敬うことなどが出来なかったけれど
今は、父のいいところをちゃんと見つけて認められて敬えるようになっている!!ことにも気づいた。

なんでだろうか?

「自分の視点で見ると心が冷たくなるが、神様の視点でみると心が温かくなる」

それが少し出来るようになったんだなと実感した。

冷たい心で、不毛なやり取りをするしかなかった自分と家族が
だいぶ変わってきたのは

「より良い所を見る」
肯定的な神様の寛容さに触れて包まれたからだ。

普通に出来る人もいるかもしれない。
けれども、いろいろと機能不全なところがあることを気づいて
いろんなメンタル系の本を読んでも、結局自分が癒されて、自分がその愛に包まれない限りは
出来ないなと打ちのめされた過去がある自分。

ひねり出そうとしてもできねぇと思った自分。
そんな自分が、変わったのは
「祈り」と「みことば」とおして
生活のなかで神様の愛を知ること、それだった。

結婚したときはこんなんじゃなかったんだけれど・・・
と漏らす母に、それでも父のこういうところがいいよね
そして、私が変わったから、みんなも変われるよね
神様の愛を知るならば。

そんなススメもできること、しみじみ神様の御業だと感じる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. このブログをしている理由。
  2. 胸にしみたひと言。
  3. キリスト教福音宣教会とは?
  4. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。

関連記事

  1. Thinking

    愛したら恥なんてない。

    実体がないものに、だまされるのが恥ずかしいと思っていたから恋愛もの…

  2. Thinking

    誰かのために生きるということ。

    私の職場にいる方8割がお母さん。デスクの前に子供の写真を貼った…

  3. Thinking

    大阪教育大学~カラスとの攻防戦その③~

    大阪教育大学の運動場で27匹もいたカラスと攻防した…

  4. Thinking

    摂理人あるあるかもしれない。

    ミコトバを読む事で満足・信仰が良いとおもってしまう。それを真っ…

  5. Thinking

    タルトタタンのように。。。

    田舎の姉妹が作ったお菓子だというタルトタタン。失敗から生じた世…

  6. Thinking

    自分に対しての自分の認識で苦しむ人へ。

    「人と違うこと」に苦しみ続けてきた女性が、モデルになると決めた理由…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    ピアノ講師から転換!次の道は?
  2. イキサツ。

    憧れのピアノ講師…のはずが?
  3. Thinking

    ちーちゃん、摂理に洗脳された妹を救いに!?
  4. イキサツ。

    業界No1のエステティシャンが見た現実は…
  5. イキサツ。

    ダイバーちーちゃん、世界の海へ!
PAGE TOP