Thinking

本物だと思った。

今日の主日の説教で

<霊を考えて生きる人の生>はどんな生でしょうか?

やはり喩えを使ってひとことで話します。

穀物の種をもって毎年労苦し、努力して農作をし、農作したものを収穫して食べて生きる人と同じです。

このひとことを聴いて、
地に足付いているこの一言
やっぱり本物だ!!!と思った。

毎年、種まきと収穫を体験している私としては、これがどれほど労力が要る事なのか若干わかるので
この繰り返しが心底、苦痛だった時がある。

農作業は単調だ。
同じことの繰り返し。
でも、手を抜くと雑草にやられるし
たゆまない努力があるときに、その分得るモノもある。
山梨県出身のノーベル平和賞を受賞した大村博士も農作業をする中で、研究に必要な体質を培えたとコメントされているのを見たことがあるが、大成をする方は、やはり掴むものが違うなと思う。

人生、労苦と努力なしに、成功も完成もない。

わたしはお手伝い程度の労働・作業だけれど、チョンミョンソク先生は農作業しなければ生活が立ち行かないというか
生きるために全力で働いて、でも食べるものは麦ごはんとコチュジャンを付けたニンニクだけだった時があったと聴いたことがある。
むしろ、ここまで働いてもこのくらいなのかと、茫然とすることがあったと聴いた。
どれほど、人生の意味と目的について考えただろうか。

その心身の辛さ如何ばかりか、考えて、少なからず感じるものがあり・・・・

労苦も努力も全部が甲斐になる
答えを下さった神様と共に生きている先生のリアルさを感じて
本当に再び目が覚めたのであった。

この記事を書いたブロガー

黄雲 kou★un
生まれも育ちも山梨。東京へ通いながら摂理のバイブルスタディを学び、意を決して上京した後、教会がない山梨で生活している平信徒アラフォー。中高短大山梨英和卒業。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  2. このブログをしている理由。
  3. 胸にしみたひと言。
  4. キリスト教福音宣教会とは?

関連記事

  1. Thinking

    キリスト教福音宣教会とは?

    まっちゃんが通っている教会は、「キリスト教福音宣教会」だ。正式…

  2. Thinking

    夏の木陰のすばらしさよ。

    ランニングの時間が朝少し遅い時間におこなったら夏の日差し全開に浴びるこ…

  3. Thinking

    雨が降っても時を掴むツバメたち。

    今日は午後から雨模様。ツバメたちはお休みしているかな?と思いき…

  4. Thinking

    新しい朝。

    変わりたくても、変われない。そういうジレンマのどつぼだった時、…

  5. Thinking

    夢で見た自分の家。

    「夢で「自分の人生の家」はどんな家なのか見なさい。」と言われて、昔…

  6. Thinking

    心がしわくちゃな時。

    しわくちゃなシャツを速くきれいな状態にする秘訣ポイントはたった…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    エステティシャン→整形外科の若手主任に!
  2. イキサツ。

    エステティシャンからリハビリ・看護助手へ転職!?
  3. イキサツ。

    ちーちゃん、摂理に洗脳された妹を救いに!?
  4. イキサツ。

    ピアノ講師から転換!次の道は?
  5. イキサツ。

    憧れのピアノ講師…のはずが?
PAGE TOP