Thinking

本物だと思った。

今日の主日の説教で

<霊を考えて生きる人の生>はどんな生でしょうか?

やはり喩えを使ってひとことで話します。

穀物の種をもって毎年労苦し、努力して農作をし、農作したものを収穫して食べて生きる人と同じです。

このひとことを聴いて、
地に足付いているこの一言
やっぱり本物だ!!!と思った。

毎年、種まきと収穫を体験している私としては、これがどれほど労力が要る事なのか若干わかるので
この繰り返しが心底、苦痛だった時がある。

農作業は単調だ。
同じことの繰り返し。
でも、手を抜くと雑草にやられるし
たゆまない努力があるときに、その分得るモノもある。
山梨県出身のノーベル平和賞を受賞した大村博士も農作業をする中で、研究に必要な体質を培えたとコメントされているのを見たことがあるが、大成をする方は、やはり掴むものが違うなと思う。

人生、労苦と努力なしに、成功も完成もない。

わたしはお手伝い程度の労働・作業だけれど、チョンミョンソク先生は農作業しなければ生活が立ち行かないというか
生きるために全力で働いて、でも食べるものは麦ごはんとコチュジャンを付けたニンニクだけだった時があったと聴いたことがある。
むしろ、ここまで働いてもこのくらいなのかと、茫然とすることがあったと聴いた。
どれほど、人生の意味と目的について考えただろうか。

その心身の辛さ如何ばかりか、考えて、少なからず感じるものがあり・・・・

労苦も努力も全部が甲斐になる
答えを下さった神様と共に生きている先生のリアルさを感じて
本当に再び目が覚めたのであった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. このブログをしている理由。
  2. 胸にしみたひと言。
  3. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  4. キリスト教福音宣教会とは?

関連記事

  1. Thinking

    天国人仕様についておもう。

    ~でなくちゃいけない。~であるべき。そんな心・考えが知らないうちに…

  2. Thinking

    雨の日は生きる力をたくわえる日。

    雨雲な日は、雨の日にしかできないことをする日。雨の音に耳を澄ますと…

  3. Thinking

    正体を隠して勧誘って「いわゆる宗教」になってしまうね。

    隠されることって嫌ですね。もしそうされたら、わたしも嫌だなと思…

  4. Thinking

    ふと、比べる病が生じる時。

    都会のねずみと田舎のねずみという絵本がある(タイトルはうろ覚え)…

  5. Thinking

    赦すことは自分を省みることからはじまるって、小難しいことふと礼拝前に感じた件。

    摂理の教会には大学生しかいないというような印象を持っている方がいるよう…

  6. Thinking

    写真という証。

    証明写真ほど、自分を証明していると言われたくないものはない。とむか…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    憧れのピアノ講師…のはずが?
  2. Workつれづれ

    エステティシャンからリハビリ・看護助手へ転職!?
  3. イキサツ。

    業界No1のエステティシャンが見た現実は…
  4. イキサツ。

    エステティシャン→整形外科の若手主任に!
  5. Workつれづれ

    20歳のトラックドライバー、その後
PAGE TOP