Thinking

職場でイヤミを言われたが、 Holy Spiritで回避した件。

Holy Spirit=「聖霊」
聖霊とは神様の霊である。と日本語で表現すると、うさん臭さと、怪しさが爆発して拒否したくなる気持ちが否めないかも。

なのは、霊についていろんな考え方、捉え方、誤解が蔓延している日本で自分も影響うけているからなんだろうなと思います。

聖書では霊を「Spirit」と「Ghost」の2つで表記され
日本語だとどちらも【霊】で表現されてあり、
言葉の意味と使われ方を知ることの大きさを感じるところであります。

と、前置きはさておき。

聖霊の御働き、神様の霊の助け、働きかけには「癒し」や「悟り」、「思い出すこと」などいろいろあります。

聖書を学んで新しい感覚、面白さ、喜びとか生じうるのは聖霊が下さるものなんだなとふり返っておもうのですが
自分にはできないことを挑戦させてくれる力も聖霊によって与えてもらっていたのだなとふとおもったのでした。
というのは、
絶対暮らすことはないであろうと思った東京で、
これまた絶対することはないであろうと思っていた事務職をしたとき
毎日が、自分の考えでは「ありえない」の連続でした。
毎日、神様~私こんなかんじですがどうしましょぉおおおっと全力で助けを求めながら挑戦する毎日でした。
全力で、求めると
全力で応えてくださるのを感じて、
いっそう目に見えない神様は完全に存在してらっしゃると痛感するしかない毎日でした。

その中で、鮮やかな思い出を一つご紹介。
ある課長のストレス発散の方法が事務員にイヤミの応酬をすることだったのですが、
もれなくわたしもある時、大きな声で「メモの一つもちゃんと書けねーなんて仕事にならねぇ」と言われ
職場のフロアの雰囲気が、みなストップモーションで止まったかのように数秒止まりつつ絶対零度の風が吹いたような感じでした。
私の目の前にいた先輩がなんとかしてフォローしてくれようと必死の表情が見えた瞬間
あぁ神様はちゃんといらっしゃる、私が直すべき所直せばそれでいい。
そう感じて
「アドバイスありがとうございます。次からは気を付けます。」
と朗らかに明るく大きな声で返答する事ができました。
課長がどうなったかというと、あてつけ的なイヤミに対してまさかの反応があるとは思ってもいなかったのか
「わ、わかりゃいいんだよ。次からは気をつけろよ。」とちょっとどもっていました。
先輩方から、「あの顔見た~?すっきりしたわ~。一瞬どうなるかな泣いちゃうかなと心配していたんだけれど、けっこう強いね。」と言われました。

私の性格やコミュニケーションのレベルからすると、あの返答が出てくるのは本当に神業。
聖霊の御働きだったなぁ。
と本当に思います。

そんな思い出を思い返しつつ、さらに聖霊を求めなければ!と思うのでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 胸にしみたひと言。
  2. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  3. このブログをしている理由。
  4. キリスト教福音宣教会とは?

関連記事

  1. Thinking

    服を買わずにおしゃれさんになる方法。

    79歳マダムのパリ流「ファッション断食」より参考になる・共感するところ…

  2. Thinking

    競歩大会で思い出す人は見た目ではないってこと。

    あまり足が速そうに見えないようで、走ると「意外に速いね!」とよく言われ…

  3. Thinking

    赦すことは自分を省みることからはじまるって、小難しいことふと礼拝前に感じた件。

    摂理の教会には大学生しかいないというような印象を持っている方がいるよう…

  4. Thinking

    秋の恵みはやっぱり実り。

    先日、だいこん祭りに行った際に手に入れたリンゴ。ジャム用と明記され…

  5. Thinking

    摂理人が若く見える理由、判明。

    摂理人は年齢不詳な人が多い。既婚者の40代男性の牧師さんが合宿先で…

  6. Thinking

    ちーちゃん、摂理に洗脳された妹を救いに!?

    ~摂理に出会う前の私・ちーちゃん篇13~整形外科で若手主任とし…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. Workつれづれ

    業界No1のエステティシャン…結末は!
  2. イキサツ。

    業界No1のエステティシャンが見た現実は…
  3. Workつれづれ

    エステティシャンからリハビリ・看護助手へ転職!?
  4. イキサツ。

    憧れのピアノ講師…のはずが?
  5. Workつれづれ

    20歳のトラックドライバー、その後
PAGE TOP