Thinking

歴史的試合にハラショー。

スゴイよスゴイ!!

歴史的剣道の延長戦。

で、後日改めて戦ってなおかつ、延長線。

大会始まっての異例な展開↓

「互いに傷んだ竹刀を1本ずつ取り換えた後、試合時間50分20秒で審判長が止めた。午後7時過ぎだった。「試合時間が1時間に及び、この会場の運営の関係もあり、引き分け再試合とします。大会本部によると、引き分け再試合は「前例がない」という。」朝日新聞デジタルより引用

再試合の結果は

コテ勝ちで勝敗は決まったそうですが

両者それぞれ団体戦優勝、個人戦優勝で日本一に輝いたそうです。

清々しい気持ちになりました。

私は、剣道は未経験ですけれど

ほぼ互角の力量だとなかなか、決まらないという経験したことがあるので、若いというスタミナ以上に彼らの精神力、集中力のスゴさかんじました。

異例の再試合戦った剣士、それぞれ個人・団体で日本一に

この歴史的勝利という結果を得るまでにどれほどの鍛錬と労苦があっただろうか‥‥

それぞれ人生の中でこのように勝利するのだと自信と確信を得ただろうなと思います。

自分との戦いが一番死闘だったりしますが、それを超えるにはやはり精神。

辛い練習をただの練習にしなかったんだと思います。

英雄になり、主人公になるそれは艱難辛苦を経てこそなのだ。

そう改めて感じ

チョンミョンソク先生の詩が思い浮かびました。

 

「霊感の詩」 鄭明析

吹雪が吹き付ける冬でも
歳月は行く
雨風台風が吹き荒れても
歳月は行く
患難迫害激しい苦痛が押し寄せても
幸せは来る

 

【詩人としての鄭明析】
1995年に月刊「文芸思潮」に登壇した後、「霊感の詩」4冊を発表。2011年に韓国100年史詩人に公式登録。2013年、各書店にて詩集ベストセラー。現在も、詩作の手綱を緩めることなく、今までに3000編あまりの膨大な詩を発表している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 胸にしみたひと言。
  2. このブログをしている理由。
  3. キリスト教福音宣教会とは?
  4. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。

関連記事

  1. Thinking

    新しい朝。

    変わりたくても、変われない。そういうジレンマのどつぼだった時、…

  2. Thinking

    挫折って実は「いいこと」なんじゃない?って思える言葉集。

    「挫折をしている人のための言葉集Vol.2」です。挫折って実は…

  3. Thinking

    遭遇。

    それは主日礼拝に向かう早朝。隣の家の倉庫の屋根にドタンッと大きな音…

  4. Thinking

    自分に対しての自分の認識で苦しむ人へ。

    「人と違うこと」に苦しみ続けてきた女性が、モデルになると決めた理由…

  5. Thinking

    愛したら恥なんてない。

    実体がないものに、だまされるのが恥ずかしいと思っていたから恋愛もの…

  6. Thinking

    肯定的かぁ。

    ある人から私は肯定的な考え方をしていると言われた。会社とかでも…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    バイクで意識不明、気づいたら病院に…
  2. イキサツ。

    業界No1のエステティシャンが見た現実は…
  3. Workつれづれ

    ピアノの先生からトラックの運転手へ!
  4. イキサツ。

    ピアノ講師から転換!次の道は?
  5. Workつれづれ

    20歳のトラックドライバー、その後
PAGE TOP