Thinking

服を買わずにおしゃれさんになる方法。

79歳マダムのパリ流「ファッション断食」より参考になる・共感するところ2つありました。

 

①自分に似合うものを知ることが大事。
自分が好きなものだけでなく、他者からもそれイイネ!似合ってる!とほめられたモノを参考にすること。

「似合うものがわからない。何を買えばいいのかわからない」と悩む人に向けて、この提案をされていました。
服がたくさんあっても、自信がないのは、自分に似合う物が分からないからだと指摘もされています。

たしかに~わたしも人からイイネ!と言われること無かった時はそんな気持ちだったなと振り返ると思い出します。
今は神様に訊きながら知恵をもらい、コーディネートを霊の母である聖霊様に助けてもらうようになってからは会社でも「どこでそれ買ったんですか?」とユニクロで買った服なんですが、イイネ!と言われることがあります。組み合わせと着方(自分に似合うもの)って大事なんだなとおもいました。

②味方を得ること。

そんな着回しの強い味方は小物類。
「洋服の数はそれなりに絞っていますが、小物の数はその分、許容しているの。だって、洋服ほどスペースはとらないし、組み合わせで着こなしが何通りにもなるのだから。洋服ほど流行もないですしね」と弓さん。

79歳マダムのパリ流「ファッション断食」。服を買うのをやめておしゃれになる方法」より

街で見かけるファッション雑誌のおしゃれは、どこか商業的な戦略と異性的アピールというか媚びを感じるところがあり、疲れるなぁ、おもろくないなぁと思うことがあったのですが、この方のファッションの楽しむコツがすごくナチュラルで好感を持ちました。
自分らしさを自分の好きと他者からの反応で作る感じが新鮮かつ
アクセサリーやストール・ベルト・靴などトータルのバランスでおしゃれを楽しむのいいなと思いました。

いつも神様~私に似合う服くださーいと言いながらイイモノを安く買い物をして楽しい戦利品を獲てきましたが
年を重ねている今日この頃、より知恵を持ってイイ買い物をしたいと思っていたので、79歳のパリジェンヌからの知恵は大いに参考になりました。感謝。

知恵は判断だ。
知恵は実践だ。

キリスト教福音宣教会-摂理 チョンミョンソク牧師による箴言

この記事を書いたブロガー

黄雲 kou★un
生まれも育ちも山梨。東京へ通いながら摂理のバイブルスタディを学び、意を決して上京した後、教会がない山梨で生活している平信徒アラフォー。中高短大山梨英和卒業。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 胸にしみたひと言。
  2. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  3. キリスト教福音宣教会とは?
  4. このブログをしている理由。

関連記事

  1. Thinking

    神様からのプレゼント☆ぷちぷち編

    まっちゃん、絵の展覧会に出展するために、作品を海外に送ることになった。…

  2. Thinking

    ぶっちゃけが極まると何が起こるか。

    教会合宿に行ってきました。約3年ぶりの合宿は、長老や牧会者のぶ…

  3. Thinking

    ローラさんの一言から学ぶ。

    LINEニュースでタレントのローラさんがご自分の幼少時代のことをある番…

  4. Thinking

    地に足ついていない。と、そう思ったでしょ。

    神様を信じているとか、教会に通っているというと、目の敵のように接される…

  5. Thinking

    甲斐がある生き方を手に入れた人。

    多くの人が最高においしく理想的なものを食べて骨と肉にしようとして、…

  6. イキサツ。

    チョンミョンソク牧師が、30代OLをつくばマラソンに出場させた理由〜前篇〜

    冬のスポーツといえばマラソンですね!私も30代になってフルマラ…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    ピアノ講師から転換!次の道は?
  2. イキサツ。

    ダイバーちーちゃん、世界の海へ!
  3. イキサツ。

    エステティシャン→整形外科の若手主任に!
  4. イキサツ。

    憧れのピアノ講師…のはずが?
  5. イキサツ。

    ジュエリー店員が見た真の宝石
PAGE TOP