Thinking

失敗を恐れない工夫。>マツダの「失敗大賞」

失敗は成功のもと。
の代名詞と言えるエジソンは失敗と成功についての名言・格言を沢山残している

私は失敗したことがない。ただ、1万通りの、うまく行かない方法を見つけただけだ。

この一言には、成功するまであきらめずに、ひたすら繰り返し行うことの精神が現れている。

ニュースイッチ
マツダの「失敗してもチャレンジ精神をたたえる表彰制度「失敗大賞」を導入した経緯」について書かれている記事を読んだが、
「なぜマツダは「失敗大賞」をつくったのか-あえて称賛し大きな成功につなげる」

エジソンの精神を培うようなこの制度、とても素晴らしいなと思った。

製造業に携わったことが私は人生に2度あったが、ライン行程と生産率の工夫と挑戦が業績に影響するのだと
この記事を通して改めて感じた。

成功に至るにはたゆまない挑戦と工夫・努力が必要だ。
その根本には「諦めない心」があってこそ。

モノヅクリ、の深さ。

自分という作品も、たゆまず研究しながら繰り返し挑戦することだと
おもった。
今週は「前もってやればできる」の週(←キリスト教福音宣教会-摂理5/21 主日の主題)
「出来る」という成功・勝利を得るためには「先に」すること。
「先に」行なうべきことを行なうことがポイントだと、細かくチョンミョンソク先生が教えて下さったのだが、

自分の実際をみると、
なかなかちゃんと出来てない自分の至らなさを目の当たりにして、しょげるような思いになったのだが
「成功」という目的がなされるまで何回も繰り返し出来るまで挑戦すること。
諦めずに、最後まで。

この記事を通して、そう感じた。

先生のウォルミョンドンの開発を通して見せて下さった姿が思い浮ぶ。。。
成功哲学はやっぱり「いそしんで行なうこと」なのだ。
と成功者を見て痛感。

自分の生活と人生をもっとよくなるように「作る」面白さをもっと自分のものにしたい。
そう思った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 胸にしみたひと言。
  2. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  3. キリスト教福音宣教会とは?
  4. このブログをしている理由。

関連記事

  1. Thinking

    実践しようとして、わかった現状。

    「鉛筆の先で刺すよりは、鉛筆のもつところ、横で触るように伝える事」…

  2. Thinking

    ダメだし祭りのさなかで思う詩。

    だいぶ負のスパイラルをしなくなったとしても、自分のことを肯定的にみ…

  3. Thinking

    競歩大会で思い出す人は見た目ではないってこと。

    あまり足が速そうに見えないようで、走ると「意外に速いね!」とよく言われ…

  4. Thinking

    希望はシャボン玉ではない。

    私が摂理にくる前は、「希望」とはシャボン玉のようにきれいだけれど、…

  5. Thinking

    百聞は一見にしかず。

    直接見る事がいかに大事か、ということですが。直接会って、話すことも…

  6. Thinking

    お掃除の極意。

    聖殿の掃除にひさびさに参加させてもらいました。玄関掃除に着手。…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    エステティシャン→整形外科の若手主任に!
  2. イキサツ。

    ジュエリー店員が見た真の宝石
  3. イキサツ。

    バイクで意識不明、気づいたら病院に…
  4. Workつれづれ

    業界No1のエステティシャン…結末は!
  5. Workつれづれ

    ピアノの先生からトラックの運転手へ!
PAGE TOP