Thinking

失敗を恐れない工夫。>マツダの「失敗大賞」

失敗は成功のもと。
の代名詞と言えるエジソンは失敗と成功についての名言・格言を沢山残している

私は失敗したことがない。ただ、1万通りの、うまく行かない方法を見つけただけだ。

この一言には、成功するまであきらめずに、ひたすら繰り返し行うことの精神が現れている。

ニュースイッチ
マツダの「失敗してもチャレンジ精神をたたえる表彰制度「失敗大賞」を導入した経緯」について書かれている記事を読んだが、
「なぜマツダは「失敗大賞」をつくったのか-あえて称賛し大きな成功につなげる」

エジソンの精神を培うようなこの制度、とても素晴らしいなと思った。

製造業に携わったことが私は人生に2度あったが、ライン行程と生産率の工夫と挑戦が業績に影響するのだと
この記事を通して改めて感じた。

成功に至るにはたゆまない挑戦と工夫・努力が必要だ。
その根本には「諦めない心」があってこそ。

モノヅクリ、の深さ。

自分という作品も、たゆまず研究しながら繰り返し挑戦することだと
おもった。
今週は「前もってやればできる」の週(←キリスト教福音宣教会-摂理5/21 主日の主題)
「出来る」という成功・勝利を得るためには「先に」すること。
「先に」行なうべきことを行なうことがポイントだと、細かくチョンミョンソク先生が教えて下さったのだが、

自分の実際をみると、
なかなかちゃんと出来てない自分の至らなさを目の当たりにして、しょげるような思いになったのだが
「成功」という目的がなされるまで何回も繰り返し出来るまで挑戦すること。
諦めずに、最後まで。

この記事を通して、そう感じた。

先生のウォルミョンドンの開発を通して見せて下さった姿が思い浮ぶ。。。
成功哲学はやっぱり「いそしんで行なうこと」なのだ。
と成功者を見て痛感。

自分の生活と人生をもっとよくなるように「作る」面白さをもっと自分のものにしたい。
そう思った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. キリスト教福音宣教会とは?
  2. このブログをしている理由。
  3. 胸にしみたひと言。
  4. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。

関連記事

  1. Thinking

    チョンミョンソク牧師の10年刑について。

    自分と関係がないと思う冤罪。しかし、冤罪がどうして起きるのか、知っ…

  2. Thinking

    祈って始める事の心地よさ。

    摂理に来る前に私は6年間くらい平日は学校で礼拝を捧げていた。授業が…

  3. Thinking

    一年の4分の1が過ぎました。

    明日で、4月も終わり。本当に光のように早く4月がおわり、そして冬か…

  4. Thinking

    暗雲なとき。

    心と考えがもしゃもしゃ・モヤモヤ・暗雲めいている時。祈りにくい。。…

  5. Thinking

    作品の笑顔。

    「先生は「<肉>は他の人たちのように格好よくないから、<霊>は最高に素…

  6. Thinking

    ほぐすこと大事。

    ほぐすこと。とどこおりをなくすこと。体も、こころも。…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    ピアノ講師から転換!次の道は?
  2. イキサツ。

    憧れのピアノ講師…のはずが?
  3. イキサツ。

    ダイバーちーちゃん、世界の海へ!
  4. Workつれづれ

    20歳のトラックドライバー、その後
  5. Thinking

    ちーちゃん、摂理に洗脳された妹を救いに!?
PAGE TOP