家族とのイロイロ

母と祈る。

毎日ではないが、母とお祈りをする。
母が神様と親しくなれるように、母がもっと神様に自分のことを話すことが出来るように。

家族の問題を、解いていくには、お祈りと御言葉だと
しみるほどわかったので、
母と祈る。

母はまだ摂理のメンバーではない。
バイブルスタディを学び途中。
摂理を悪い団体だと言っている人たちの存在があることや先生の状況については
壮年部の合宿に参加させてもらった時に教えていただいたので知っている。

母は私のように祈れないとよく言うので、
私は私、
お母さんは、お母さん。
お母さんの心からの一言を待っている神様なんだよ。
お母さん、ソフトボーラーだからキャッチボールわかるよね?
キャッチボールをするみたいな対話をしようと思って待っていらっしゃるんだよ。

と、認識の転換を図れるように幾度となくトライ。

そして、そう話している自分自身がちゃんと神様とキャッチボールできているっけ?と
自分自身の点検にもなる。

母がどんな思いで、一緒に祈っているのかは正直分からない。
でも、永遠である霊があること。人生一生をかけてより良く自分の霊を作ることが大事だと
伝えた時に、それはそうだと思うと母は神妙な面持ちで認めていた。

祈り終わったあと、母は温かくやわらかい表情であることが多い。
なんらか、神様から癒しと恵みをもらっているのかもしれない。。。。

私が知る限り母が家を出ようとしたことは4回ある。
言葉に出来ない辛い思いをしながらも子供を捨てないで
一生懸命に育ててくれた母が、どうか後悔のない人生を生きることが出来るように
心からの祈りを捧げ、
聖霊様に助けを求める日々である。

(2016年12月27日UP記事リライト)

この記事を書いたブロガー

黄雲 kou★un
生まれも育ちも山梨。東京へ通いながら摂理のバイブルスタディを学び、意を決して上京した後、教会がない山梨で生活している平信徒アラフォー。中高短大山梨英和卒業。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 胸にしみたひと言。
  2. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  3. キリスト教福音宣教会とは?
  4. このブログをしている理由。

関連記事

  1. 家族とのイロイロ

    父について祈ったら変わってきたコト。

    ①白米好きな父が雑穀米も食べるようになった。健康のために雑穀をと推…

  2. 家族とのイロイロ

    リアルに「このようにこうだ」。

    新聞記事の内容がよくわからないと言って、妹が父に説明を求めていた時、…

  3. 家族とのイロイロ

    ひさびさに怒鳴った自分に驚いた件。

    ウチの家系、特に父方の祖母も祖父も、その子である父も怒鳴るので、私…

  4. 家族とのイロイロ

    失敗しながら、学びます。

    母に『Sun Stop~日よとどまれ~』を伝えました。ヨシュア…

  5. 家族とのイロイロ

    母が、祈った日。

    母はアウトプットが苦手なタイプ。なので、一緒にお祈りをする時はわた…

  6. 家族とのイロイロ

    引くか引かないか分かれどころな気がするが。>信徒の基準

    年に一回でも礼拝に参加するならば、信徒です。と、言ったら…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    業界No1のエステティシャン…結末は!
  2. イキサツ。

    エステティシャンからリハビリ・看護助手へ転職!?
  3. イキサツ。

    ピアノの先生からトラックの運転手へ!
  4. イキサツ。

    ピアノ講師から転換!次の道は?
  5. イキサツ。

    ちーちゃん、摂理に洗脳された妹を救いに!?
PAGE TOP