家族とのイロイロ

怪獣プンスカからの脱却。

私や父はかなり怒りキャラでした。

話しかけるだけで、怒り出す父を見て少しでもかわいく思えるように
「怪獣プンスカ」と命名をしたことがあります。
しかし、そんな自分もかなりの怪獣プンスカでした。

怒りキャラ暗黒期時代の写真は、見るだけで見た人の運気を下げそうな恐ろしい形相をしています。
よって、ここではご紹介出来ない代物です。(もしそれでも!恐いもの見たさで見たい!という方はしかるべきところからお問い合わせください。)

ふと和やかに夕ご飯食べている我らを見て、いやぁ本当にこんな日が来るなんてねと
私は奇跡をしみじみと目の当たりにしました。

ちょっとしたことで激昂し、様々なモノに当たりちらす怪獣プンスカだった我ら。
当り散らしては自己嫌悪のどん底に落ちていました。

怪獣からどうやってヒトになったのか?

それは、人間らしい考えを学んだのでした。

人間は学び続けること、成長する祝福を神様からもらっているのだなと
私は摂理で聖書について神様について教えてもらったことを生活で試してみて実感しました。

わたしの部屋に貼っている感謝についての格言。

『感謝すれば、間違った認識観がまともに変わる。
感謝すれば、認識の方向が変わって「まともな方向」から見るからだ。
感謝すれば、肯定的に見るので、近くで見て、くわしく見るようになる。だから正しく見るようになる。』

感謝の精神がハンパない摂理の創設者のチョンミョンソク牧師が教えて下さった感謝についての格言です。

私がなぜ怒っていたのか?
それは間違った認識から勝手に怒っていたこともあったのだなぁと
「感謝すること」を神様に向けて続けて「感謝」していたら、自然とおおらかな視野に広がり、肯定的な考えが湧いてくるようになって気づくようになりました。

怪獣プンスカが休業するようになったので、妹も母も驚くわけです。
怪獣だった私がキリスト教福音宣教会-摂理に通って、ヒトになりつつあるので
良い所に通っているね!と
そして、良い生き方をするには学ぶことが大事だね!と思われているっぽいです。

以上、怪獣プンスカからの脱却ストーリー①終話。

この記事を書いたブロガー

黄雲 kou★un
生まれも育ちも山梨。東京へ通いながら摂理のバイブルスタディを学び、意を決して上京した後、教会がない山梨で生活している平信徒アラフォー。中高短大山梨英和卒業。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 胸にしみたひと言。
  2. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  3. キリスト教福音宣教会とは?
  4. このブログをしている理由。

関連記事

  1. 家族とのイロイロ

    姪っ子名言集。

    御年、4歳。「大きくなったらお金を貯めて、やまなしに家を買って…

  2. 家族とのイロイロ

    Not家族崩壊=家族再生。>摂理の問題ホントのところ

    祖母は90歳越えている。先日、玄関先の段差で転んでいるのを目撃した…

  3. Thinking

    姪っこからのプレゼント。

    姪っ子画伯から私の肖像画をもらいました。↓妹の解説によると…

  4. 家族とのイロイロ

    父について祈ったら変わってきたコト。

    ①白米好きな父が雑穀米も食べるようになった。健康のために雑穀をと推…

  5. 家族とのイロイロ

    家族でおでかけ★パパーん

     先日、家族でお出かけをした@佐賀父親と母親とまっちゃ…

  6. なんちゃってCooking

    チョッパヤ、一汁二菜と共に回顧。

    今日は母がおともだちとご飯食べに行くから父のことをよろしくと頼まれたの…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    業界No1のエステティシャンが見た現実は…
  2. イキサツ。

    ダイバーちーちゃん、世界の海へ!
  3. イキサツ。

    エステティシャンからリハビリ・看護助手へ転職!?
  4. イキサツ。

    20歳のトラックドライバー、その後
  5. イキサツ。

    ピアノの先生からトラックの運転手へ!
PAGE TOP