家族とのイロイロ

Not家族崩壊=家族再生。>摂理の問題ホントのところ

祖母は90歳越えている。
先日、玄関先の段差で転んでいるのを目撃した際、

「チクショーいてぇなぁ、ごくろーなしめ。。。」自らの老いに悪態つきながら起き上がっていて
気の強さは今なお、健在と思った。

三つ子の魂百まで。ということわざ、平成生まれのみなさんあまり使わないかもだが、
私にも受け継がれている気の強さというか血気の問題は祖母や父を見て思うところ。。。

幼いころ祖母が祖父を鍋で叩きながら口げんか(鍋凹んでいました)していたり、
父が怒鳴り散らしているのを見ながら育ったので、どこの家庭もこういうものなのだろうと思ってた小学生時代、
友達のおうちに遊びに行った時にあまりに穏やかなご家族におどろいた記憶がある。

見たものに影響するし、怒鳴らずに対話するということを知ることなければ
やはり連鎖は止められず、私も妹たちにそのようにして、自己嫌悪の嵐。
また、話そうものならば、怒鳴り合いに発展するような負のコミュニケーションのため
家の中は自然と静まり、ダークトーンな雰囲気醸し出すしかないこと常であった。

今では、山梨という田舎にもメンタルヘルスについて公的な機関も取組があったり
心療内科やカウンセラーなどもいるようになったが、
私が学生の頃は自分で心理学の先生を捕まえて質問したり
自分で心理学・メンタル系の本を読んでどうにか改善できないか、研究したり、実際、カウンセラーに診てもらったり、いろいろと自力で出来る限りするしかなかった。

参考になる事もあったし、心の整理も進んだこともあった。
けれども、こみあげてくる血気・憤り・負の感情をどのように対処したらいいのか?
それについて根本から答えをくれる本はなかったし、人もいなかった。

根本からの解決、それは
「こんな私でも生きてて良い」そういう答えが欲しかったのだ。

こんな私・家族だがどうしたらより良くなれるのか?

それを教えてくれるところ・リアルに助けてくれるところ
そんな存在が欲しかったのだ。

当時は、いろいろと疲れてきてもういいやと仕方ないものは、仕方がないと諦めていたのだが
摂理で根本の答えに出会うようになり
切って捨てたかった、悪なる感情について
実際に、どのようにしたら捨てられるのかを学べるようになったのと
かさぶたと血だらけだった心を
羽毛布団みたいなやわらかさと温かさで神様が包んで下さった。

自然とおだやかに笑えるようになった姿をみて、
両親は信仰生活を反対するはずがない。

そして、
摂理のメンバーに会う時に、「いつもお世話になっています」と心から感謝するしかない。

父が数年前、壮年部(結婚してから摂理のメンバーになった部署の方)のお店でメンバーと食事を一緒にした際に、
「自分がうまく出来なくて、娘に辛い思いをさせていた。今、こんな風に元気になっている娘の姿を見て・・・ありがたい」そういいながら、目を潤ませているところを目撃。
そんな風に思っていたとは全くわからなかったから衝撃だった。

チョンミョンソク先生がよく「話してみなければ分からない。話さない事で誤解するのだ。」と対話することの必要性を説いて下さっていたが、本当にそうだなとおもった。

対話の必要性は分かっても、対話が成立するには傷む心を癒してくれる絶対的な神様の愛が必要だった。

神様の愛は思い込みでも、マインドコントロールでもない。
ただ、求めたとおりに、応えて下さる神様だと
体験してそう思う。

そして、宗教で家族崩壊する新興宗教の話は書籍になっていたり、講演会していたり、救済活動もあること知っているが
摂理において(私自身は摂理は新興宗教だと思っていないが、そう捉えている方もいるようなので)は、摂理から離れるよう強制的な監禁等をしている団体からの偏りのある加工された情報で恐ろしくなってしまったご家族が、そちらに言われるがまま、監禁することなどを許諾するにいたり、家族間に溝が生じる問題があるを見聞きしてきた。

しかし、昨今の摂理では、ちーちゃん家族のように
一家で、楽しく摂理メンバーになることが、5,6年前に比べてよく聴く話になってきている。

それをとおして、
問題はどこにあるのか?
実際が、見えてくると思う今日この頃だ。

 

この記事を書いたブロガー

黄雲 kou★un
生まれも育ちも山梨。東京へ通いながら摂理のバイブルスタディを学び、意を決して上京。信仰生活5年の時、想定外にUターンな平信徒アラフォー。中高短大山梨英和。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. キリスト教福音宣教会とは?
  2. このブログをしている理由。
  3. 胸にしみたひと言。
  4. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。

関連記事

  1. About 摂理

    結婚できないのか。それとも、結婚しないのか。

    摂理で結婚する人達と結婚しない人達がいますけれど、結婚するのも…

  2. イキサツ。

    指導者が救いならば、ヤバマズイ。

    父に「長く教会に通っているから何か役職とかあるのか?」と6年くらい昔に…

  3. 家族とのイロイロ

    リアルに「このようにこうだ」。

    新聞記事の内容がよくわからないと言って、妹が父に説明を求めていた時、…

  4. 家族とのイロイロ

    失敗しながら、学びます。

    母に『Sun Stop~日よとどまれ~』を伝えました。ヨシュア…

  5. About 摂理

    度肝抜かれた十字架に対する感覚。

    摂理は十字架がないからカルトだ、異端だ、と判断をしているあるサイトがあ…

  6. Thinking

    摂理の聖霊運動

    学校でする【運動】といったら、…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    20歳のトラックドライバー、その後
  2. イキサツ。

    業界No1のエステティシャンが見た現実は…
  3. イキサツ。

    ピアノの先生からトラックの運転手へ!
  4. イキサツ。

    バイクで意識不明、気づいたら病院に…
  5. イキサツ。

    ちーちゃん、摂理に洗脳された妹を救いに!?
PAGE TOP