news

空飛ぶスパゲッティーモンスター教の存在から得るもの。

アメリカに「空飛ぶスパゲッティ・モンスター教」という団体があるとちらほら聞いてましたが
パスタの湯切りボールをかぶって写真を撮るというオモロすぎる行動が宗教上の行為として認められたと
報道があり、興味深く拝見しました。

正直なところ「空飛ぶスパゲッティ・モンスター教」という名前からして、この団体はカルトなのかな?と、そう思ったのですが
よくよく確認してみたところキリスト教のある一派にたいして痛烈な皮肉・風刺的ジョークで対抗しているようです。

アメリカでは運転免許証の写真を撮る際に、頭部を覆うような帽子などの着用は<宗教や健康上の理由>で認められる場合があるとのことですが、「空飛ぶスパゲッティ・モンスター教」の信者の信仰心を弁護士等を通して認めさせた模様。

「「免許登録所の人たちは、私を見て笑っていました」。ミラーさんは、ボストン・グローブ紙に当時の体験を語った。「私は、理不尽だと思いました。『この信仰を聞いたことがないというだけで、免許を認めないなんておかしい』と思いました」ミラーさんは、頭に湯切りボウルを被ることで、神であるスパゲッティ・モンスターに対する信仰心を表現できるのだと語った。自動車登録所の広報担当者はAP通信に対し、免許証写真では、帽子などで頭部を覆うことは認められないが、宗教的理由により例外を認めていると述べたという。」

HUFFPOST日本版より

「頭に湯切りボウルを被る」そりゃ笑うしかないだろう。。。
と思ってしまうのですが、
これをどこまで大真面目に言っているのか、それが争点かつ焦点。

このニュースを通して日本とアメリカの差をまざまざとかんじます。
地球と自分の誕生、その存在意義について人間ならば一度は考えることあるはずではないかと思うのですが、
そういったことを生活や学校の教育などで、考察・主張など日本になかなか見られないですよね。
考えても仕方ないじゃんという声がどこからか聞こえてくる気がしますが(^_^;)
考えないで人生終わるよりは
考える材料をもって取捨選択する方が、後悔がないのではないかと個人的にそう思います。
かといって、疑問がある内容が公的な機関・学校で教育として実施されてしまうのは
確かに反論・抗議等したくなる気持ち分からなくないなぁとはたから見ていて感じます。
もし日本だったら、「教育委員会が言っているし」とか
「みんながいいって言っているならそれで」というようなかんじで
多数決や公的機関に任せてしまいかねないような所があるように見受けられるので
「空飛ぶスパゲッティ・モンスター教」は宗教というよりは、宗教人を嘲笑しているような感じではありますが、
日本にはない感覚と行動力にいい意味で衝撃をもらいました。

また、このニュースからリアルに宗教と科学が対立する現状があることを知って、
アメリカの摂理メンバーが摂理のバイブルスタディに感動する理由がバシっと肌身に感じられました。

[arve url=”https://www.youtube.com/embed/lrrTxJmBAU0?list=PLxRDpdKN-_wmup5vs7wqKsgr1i77Xm9Rn” /]

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  2. 胸にしみたひと言。
  3. キリスト教福音宣教会とは?
  4. このブログをしている理由。

関連記事

  1. Power of God's word

    自分の価値と本来の値打ち。

    「すべての果物には共通点があります。それは!熟してこそ「本来の成分…

  2. news

    人食いクマ現れる!(゚д゚lll)~原因と対処法~

     最近「人食いクマ」のニュースが世間を騒がせている。秋…

  3. 摂理の人々

    摂理の岡山人めぐみちゃんのパワーのすごさ。

    ぶっちゃけ岡山大学では、摂理についてものすごい悪口があると以前聴いたこ…

  4. Power of God's word

    時間についての考察が深まる神様のみことば。

    Time is moneyとよく言ったもので、お金と時間はイコールで結…

  5. news

    熊本地震 6月14日現状

     4月に九州を襲った「熊本地震」。発生から二ヶ月だった…

  6. Power of God's word

    知るという朝日、希望という平安。

    自分の考えが悪いということわかっていても、それをどうやって直せばい…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    ダイバーちーちゃん、世界の海へ!
  2. Workつれづれ

    業界No1のエステティシャン…結末は!
  3. イキサツ。

    ジュエリー店員が見た真の宝石
  4. Workつれづれ

    エステティシャンからリハビリ・看護助手へ転職!?
  5. イキサツ。

    憧れのピアノ講師…のはずが?
PAGE TOP