家族とのイロイロ

家庭内問題も結局コレか。

母が父に対してご立腹し、ぷんぷんしている母から事情を聴きながら夕食をともにした。
話を聴きながら、最近、チョンミョンソク先生から教えてもらったことを思い出した。。。

認識によって人は判断し、選択する。

その認識が自分の偏った見方、バイアスである場合、問題が生じる。
「自分の認識」と「事実」が違う事があるのだ。

しかし、大問題なのは、それを当事者が分かっていない・きづかないということ。
父がそれを自覚しない限りは、実は問題が解決されない。

心の中で、「では、神様いったい、どのように対処したらいいのでしょうと。」
SOSを発信してみたところ
「祈ってあげなさい」、そういうインスピレーションと
「生活の中で助けてあげなさい」という主日礼拝で聴いたメッセージが頭をかすめたので
実践のチャンスじゃーん。っと、母にバイブルスタディで得た争いをなくす為の秘訣を少しだけ話した。

確かに少なからず父に非があるため、母の言い分は正論でもある。。。
母は度重なる父の自己中心的な言動に腹を立てていたのだが、第三者の私からすると
言葉にはなっていないが、多少は済まなく思っている心が感じられた。
良心が生きていてよかった。と思った。
「言葉にしないと届かない」という母の意見はごもっともだが
何が問題なのかその核が神様によって解かれるし、そうしてこそ真の和がなされることを母に伝えてみた。

自分の観点は、相手の心を見落としてしまう事があるのだが、
神様の観点で見る時は、自分の心も相手の心も生きるようになるのだ。
そして、争わせようとする悪なる存在に対してどのように戦うのかその術を知ってこそ
私たちは神様の心に近づくことが出来る。

母にどの程度、届いたのか未確認だが
神様の助けがわれらに臨むことを確信しつつ、
成されるまで、挑戦するしかない
家庭天国を希望的に目指そうと改めておもった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 胸にしみたひと言。
  2. このブログをしている理由。
  3. キリスト教福音宣教会とは?
  4. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。

関連記事

  1. 家族とのイロイロ

    引くか引かないか分かれどころな気がするが。>信徒の基準

    年に一回でも礼拝に参加するならば、信徒です。と、言ったら…

  2. 家族とのイロイロ

    母の変化。

    コミュニケーションがデッドボール的なわれら一家ですが、祈りと御言葉…

  3. 家族とのイロイロ

    ひさびさに怒鳴った自分に驚いた件。

    ウチの家系、特に父方の祖母も祖父も、その子である父も怒鳴るので、私…

  4. 家族とのイロイロ

    姪っ子名言集。

    御年、4歳。「大きくなったらお金を貯めて、やまなしに家を買って…

  5. 家族とのイロイロ

    デッドボールではなく、キャッチボールができるようになった件

    わたしたち家族は自分のキモチをそのままぶつけて相手の言葉(キモチ)…

  6. 家族とのイロイロ

    リアルに「このようにこうだ」。

    新聞記事の内容がよくわからないと言って、妹が父に説明を求めていた時、…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    ダイバーちーちゃん、世界の海へ!
  2. イキサツ。

    憧れのピアノ講師…のはずが?
  3. Thinking

    ちーちゃん、摂理に洗脳された妹を救いに!?
  4. Workつれづれ

    20歳のトラックドライバー、その後
  5. イキサツ。

    エステティシャン→整形外科の若手主任に!
PAGE TOP