Thinking

このブログをしている理由。

やまなしには摂理の教会がない。
教会があるところまで通う生活を、しているとメンバーからものすごい驚かれるが
特急を使って移動をすれば甲府から一番近い教会までだと1時間ちょっとあればいける。
これは、都心から東京の端っこに移動をする時と同じくらいの所要時間ではないかとおもう。

実際、私が所属している摂理の教会には
1時間半~2時間くらいかけて通っている壮年部の方、キャンパスの方もいらっしゃいます。
実際、山梨の大月から東京の都心まで通勤通学をしている方がフツーにいるのだけれど・・・・・。

埼玉から東京。神奈川から東京だと、全然遠くない印象なのに、どうして山梨だと遠いというイメージになるのだろう・・・・

「山梨」というネームがものすごいド田舎の印象を与えるので、ものすごい遠い所から来ていると思われるのだろうか。

実際、冬の朝の室温度は3度だったり、5度だったりするし
大月あたりは部屋の中にあるペットボトルの水が氷ると聴いたことがあるが、
そういう都会にはない状況が物凄い別世界みたいな感覚をあたえるのだろうか。
たしかに、山梨は地方都市とは言い難いがしかし、時間的な距離感ではそんなに遠くないのだ。。。

認識って大きいなと思う。

摂理とか宗教とか、イメージが悪い話があるのも
同じ感じなのかなと思った。

宗教ってだいたいこんなイメージがある気がする

あやしい。

それってきっとよくわからない異世界みたいな日常からかけ離れているだろう空間に対しての畏怖感。
そして、伝え聴くウワサから来ているんではないか・・・。

だいたい未知なものってイメージがよくない。
その上に、よくない話があったら。。。そういうイメージに固まってしまうだろうな~

ふと鎖国時代の日本に開国をせまりに来たペリーを思い出した。
鎖国時代の日本人がペリーについて聴いた通りに書いた当時の瓦版↓
 
@横浜開港資料館より

ペリーさんは実際ひげがない方なのですが、
直接見た人達からの伝聞と
受け取り手のイメージによる脚色・デフォルメがかかった模様。。。

ペリー来航時、交渉に参加したのは幕府高官とお役人だけ。情報は一般庶民には秘密にされ、当然幕府からは何の発表もありません。ところが、この時の騒ぎがあまりにも大きかったものですから、黒船異聞は瓦版に絶好のネタを提供することとなりました。「ペリーは赤鼻の仁王のごとき顔付でキバを生やし、ワシのような爪をもち、真っ赤な血の酒を飲んでいる」など、愚にもつかないことが瓦版となって庶民の間に伝わったのです。みな伝聞と想像で描いている訳ですから、ペリーの肖像ひとつをみても、このように西郷ドンから関羽さんまで様々な顔のペリーさんが現れました。チョンマゲ、ヤジキタ、東海道五十三次の時代だからと一笑に付すことなく、この背景にある「ものごとの事実を知らされないということはどんなことか」、「ものごとの事実を知らせないということはどんな結果をもたらすか」という、現代にも通じる問題をお考えいただきたいと思います。
(黒船館案内文より引用)新潟県HPふるさとレポートより転載

実際のペリーさん↓

Matthew C. Perry 1855-56
イメージと実際は別物。。。

だから、事実をお伝えしていきたいという所存なのです。摂理の実情を。

 

 

 

この記事を書いたブロガー

黄雲 kou★un
生まれも育ちも山梨。東京へ通いながら摂理のバイブルスタディを学び、意を決して上京した後、教会がない山梨で生活している平信徒アラフォー。中高短大山梨英和卒業。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  2. このブログをしている理由。
  3. 胸にしみたひと言。
  4. キリスト教福音宣教会とは?

関連記事

  1. Thinking

    摂理人あるあるかもしれない。

    ミコトバを読む事で満足・信仰が良いとおもってしまう。それを真っ…

  2. Thinking

    失敗を恐れない工夫。>マツダの「失敗大賞」

    失敗は成功のもと。の代名詞と言えるエジソンは失敗と成功についての名…

  3. Thinking

    ダメだし祭りのさなかで思う詩。

    だいぶ負のスパイラルをしなくなったとしても、自分のことを肯定的にみ…

  4. About 摂理

    カルト摂理から出られない理由。

    はじめに。。。「摂理はカルトである」と明言されているのをどこで目に…

  5. Thinking

    泣くのが好きな日本人。

    泣ける映画、泣ける小説、泣けるいい話。日本人は「泣く」というこ…

  6. Thinking

    神様の懐の深さ、考えの高さを逆境で感じるのです。新青年部のみなさんへ

    いろんな状況、環境を通して神様のその偉大さを知ります。&n…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    ジュエリー店員が見た真の宝石
  2. イキサツ。

    業界No1のエステティシャンが見た現実は…
  3. イキサツ。

    業界No1のエステティシャン…結末は!
  4. イキサツ。

    ピアノの先生からトラックの運転手へ!
  5. イキサツ。

    20歳のトラックドライバー、その後
PAGE TOP