Thinking

キリスト教福音宣教会とは?

まっちゃんが通っている教会は、「キリスト教福音宣教会」だ。

正式名称は「キリスト教福音教会」だが、一般的には「摂理」と呼ばれることも多い。

 

9e44c8_6b3f63f752234e948b755c0689e68ee0.png_srb_p_666_430_75_22_0.50_1.20_0

キリスト教福音宣教会」は、韓国から始まり、今はもう世界50か国に広がっている。

神様とイエス様の教えと愛を実践することによって、真に平和と愛の世界を成すために日々活動している。

一般に良く旅行に行くような国なら、海外どの国に行っても教会があり、同じ御言葉を聞いているメンバーと交流もできる。

まっちゃんは、旅行が好きだから、海外の教会に足を運んで、そこにいるメンバーと交流できるのがとっても嬉しい♡

 

 

しかも!!

お師匠が【神様を愛する事】【お互いを愛する事】(マタによる福音書22章36-39節)を第一にする精神を教えて下さったから、どの国の教会に行っても、神様の愛をもって本当に親切に接してくれる。

摂理

 

 

この間行った韓国では・・・・

 

まっちゃんと同じ教会に通っている人が持っていたネックレスが欲しくて、(買うど~)と、わくわくしながらあるお店に行った。

そこは「キリスト教福音宣教会」のメンバーが経営しているお店だった。

 

 

 

しかし‼‼‼

 

 

 

 

開いてなかった・・・・(;O;) Oh my God!!

 

 

 

 

どうしても買いたかったが、その日のうちに帰国する予定だったので、どうしたらいいか途方に暮れて、あちこち知り合いに聞いて回った。

しかし、「なんで開いてないのか分からないの。ごめんなさいね。」と残念そうに言われるばかりだった。

ほとほと困っていたら、その事を知ったあるメンバーの方が店長にわざわざ電話してくれて、店を開けてくれないか 頼んでくれた (ノД`)・゜・。

 

その優しさに じんとした。

 

 

 

話を聞いた店長も、急いで駆け付けてくれて、たった15分のまっちゃんの買い物のために、お店を快く開けてくれた。

本当にありがたかったよ~

 

 

 

 

韓国の年輩の方は、竹島の事や、日本が戦時中に韓国人におこなった様々な事が原因で、あまり日本に対して良いイメージを持っていない方も多い。

お師匠だって、日本との戦争の影響で、幼少期に食べるものにも生きる事にも苦労したにも関わらず、

 

「みんな神様の愛する人たちだ。

日本もそうだ。

だから、悪い感情は捨てて、互いに仲良くすべきだ。」

 

と仰り、率先立って日本に、とても良くして下さった。

 

 

 

 

お師匠がそのようにして下さるから、韓国のメンバーもおなじ精神でいつも迎えてくれる。

まっちゃん、いつも奢ってもらったり、プレゼントしてもらったりしてるから、

日本に海外のメンバーが来た時は、今までしてもらった分をお返しできるように、沢山良くしてあげたいな~☆

 

 

 

 

 

 

この記事を書いたブロガー

まっちゃん
大阪教育大学卒。小学校教師。
大阪(在住)と佐賀(実家)をこよなく愛するグルメ好き。
最近のお気に入りスポットは梅田。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 胸にしみたひと言。
  2. このブログをしている理由。
  3. キリスト教福音宣教会とは?
  4. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。

関連記事

  1. Thinking

    摂理でよく聴く単語:恵み深い。

    結構、このワードは至るところで聴くので幸せな私たちだな・・・と思うです…

  2. Thinking

    小さい頃だけじゃない。

    魔女の宅急便の主題歌の出だしの歌詞に「小さな頃は神様がいて」とあるけれ…

  3. Thinking

    楽しくない時。

    疲れている時かもしれないですよ。チョンミョンソク先生も少し休ん…

  4. Thinking

    楽しいって何か。

    「楽しくしたいですね」とある摂理メンバーから言われました。あること…

  5. About 摂理

    誰にも彼にも開かれている場所、ウォルミョンドン。

    摂理の猫カフェのりおさんが「月明洞に行くと生きて帰ってこれないらしい」…

  6. Thinking

    能動的インスピレーションをもらう摂理の礼拝。

    チョンミョンソク先生は故郷を神様の作品になるまで開発された方。それ…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    ピアノ講師から転換!次の道は?
  2. イキサツ。

    バイクで意識不明、気づいたら病院に…
  3. イキサツ。

    エステティシャンからリハビリ・看護助手へ転職!?
  4. イキサツ。

    業界No1のエステティシャンが見た現実は…
  5. イキサツ。

    20歳のトラックドライバー、その後
PAGE TOP