About 摂理

摂理で聴いたことがない単語集。>合同結婚式・幹部・入信・脱会

似て非なるもの、タラバガニと


ズワイガニは

見た目はカニですが、実はタラバガニは「ヤドカリ」の仲間なのです。
味も違います。(違いを知りたい方はこちら

そんなわけで、摂理も韓国が本家本元であるから、ちょっと似ているあの団体と同じなんじゃない?と思われているかもしれないですが、
まったく違います。

 

【合同結婚式】

これやっていたら、即私は去っていたと思いますね。。。
私がルームシェアしていた時のルームメイトの先輩は、今は家庭局で二児のママさんです。
カワイイ女の子を楽しくかつ、たくましく育てていらっしゃいます。結婚式&披露宴に招待していただきました。
去年、私と同じ年くらいのメンバーも挙式をしましたが、やはり親族とメンバーを招待をして、盛大に催していました。
声楽からバンド、聖歌隊、多様なジャンルとセンターのメンバーが真心で歌って神様に感謝を捧げて祝福をしていました。
摂理の結婚式の温かさを感じます。

 

【女性幹部・幹部】

主を頭にして各自は主の肢体。

コリント人への第一の手紙/ 12章 27節
あなたがたはキリストのからだであり、ひとりびとりはその肢体である。

なので、指導者のみなさんは、幹部というよりは、「お遣い」だと指導者の方、ご自身から聴いたことがあります。

女性指導者という表現はありますが、女性幹部はないですね~
幹部っていうと、ピラミッド的な組織をイメージされますけれど、摂理は聖書にあるこの聖句を目指しているなと思います。↓

コリント人への第一の手紙/ 12章 26節
もし一つの肢体が悩めば、ほかの肢体もみな共に悩み、一つの肢体が尊ばれると、ほかの肢体もみな共に喜ぶ。

 

【入信・脱会】

私、バイブルスタディーを学んでいる時から主日礼拝に参加していたんですが(当時私が通っていた摂理の教会は1部と2部に分かれていて、2部に参加していました)一般的なキリスト教の教会と同じですが、礼拝に参加をするのに、特に申込み書、誓約書等を書くことないです。

ふつーにキリスト教の教会に行って「入信します・しました」とか無いように、摂理でもそうです。
「脱会したい(摂理にいたくない)」と思っている人は、普通に礼拝に来なくなる(行かない)だけです。
いきなり、挨拶もなく連絡が取れなくなるとか。。。。
そういう悲しい別れありましたね。。。(遠い目)

もしかしたら、摂理は一度関わったら抜けにくい団体となぜか思い込んでしまわれている方がいるのかもしれないですけれど、
去るもの追わずというか、「また来たい時はいつでも来てね。待っているよ。」と言うようなところです。
これも、一般的なキリスト教の教会とあまり変わらないと思います、こういったスタンス。

次回は、摂理に来て初めて聞いた単語集をするかもしれません。。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  2. キリスト教福音宣教会とは?
  3. このブログをしている理由。
  4. 胸にしみたひと言。

関連記事

  1. About 摂理

    摂理から離れられない理由。~ある意味、脱会できない~

    たいしてとりえもなく。頭がいいわけでもなく。見た目がいいわけで…

  2. About 摂理

    御言葉、読み方問題。>摂理を極悪カルト集団として報道した番組の件

    ちょっとした小話というか。。。摂理のメンバーにとっては当たり前すぎ…

  3. About 摂理

    マインドコントロール。

    マインドコントロール《(和)mind+control》自分の感情を…

  4. About 摂理

    心配しないで大丈夫。>摂理勧誘

    摂理に勧誘されるんじゃないかと心配されている方々へ。わたしは摂理で…

  5. About 摂理

    摂理の「勧誘手口」が明確になる動画。

    この動画を見て、摂理の勧誘手口とはいったい何なのか?があらわになってい…

  6. About 摂理

    このブログをしている理由。

    やまなしには摂理の教会がない。教会があるところまで通う生活を、して…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. Thinking

    ちーちゃん、摂理に洗脳された妹を救いに!?
  2. イキサツ。

    エステティシャン→整形外科の若手主任に!
  3. イキサツ。

    業界No1のエステティシャンが見た現実は…
  4. Workつれづれ

    20歳のトラックドライバー、その後
  5. イキサツ。

    ピアノ講師から転換!次の道は?
PAGE TOP