About 摂理

指導者が救いならば、ヤバマズイ。

父に「長く教会に通っているから何か役職とかあるのか?」と6年くらい昔に訊かれたことがあります。
全く無し。と事実を答えました(笑)

3年くらいで摂理の大学生ハナちゃんのように指導者をしている人もいるし、
また、1年未満で指導者したい~と目指す人たちもいます。

ただ、会社みたいな組織と完全に違うのは主の手足となる組織だから、『指導』の認識もちがうんです。
そのポイントで摂理内外で「偏見」が生じているかもな~と思うことがあります。

摂理を集団でとらえる人たちは、おそらく幹部が統制とってなんか指示とかやらせてんだろうなとか
思ったり、洗脳されて可哀そうとか思っているだろうなと。
しかし、このただでさえクリスチャンが少ない日本でそんなことしていて人が集まるワケがない。
本当に、落ち着いて考えてほしいとおもうのは私だけでしょうか・・・

多分、私の父のように組織を会社みたいなものでとらえると、年功序列とか、そう思うのかもしれないですね。
しかし、「人為的でない組織」なんて理解出来ないから、きっと洗脳という異次元な単語が登場するんだろうな・・・

まったくもって人為的な組織でないのです。
天とまず近いかどうかってこと。

天が育てたくて、任せる仕事もあれば
天がその人を使いたくて任せる仕事もあるし
結局は、天と一対一であることが基本だなぁと思います。

ちなみに、わたしは考えが本当に良くないので、使いたくても使えない人。
そう本当に、使われなくてよかった。私のせいで傷を受ける人がいたら大変。(というか、すでにいたらどうしよう・・・)

以前、「汚い考えがある」と端的に言われて、数年落ち込んでいたけれども
よくよくちゃんと考えてみたら、
確かにわたしにきれいな考えなんてもともとないや。
頑張っていなかったわけではないところでそういう言われ方したのですごい打撃を受けたけれども、
事実だしな。と。
そう気づいて、こういう端的な表現は
あまりにもアドバイスにもならないから気を付けようと思いました。

どのようにしたらきれいになるのか、直せるように教えてくれるならば感謝なご指導・アドバイス
しかし、ただ「汚い」とだけ宣告されるのは、どん底でズンドコです。
良かれと思っていってくれるならば、言われる側の気持ちを考えるべきなんだと、本当に勉強になりました。
大事なことを知ることが出来て良かったな~と感謝できるようになりました。

感謝できるようになった時に、
名医である「主」と天にすがってこそ「生きることができる」ことを、
わたしは知っているので、それを見越してそういう言い方をされたのかもしれない。。。。。と思えるようになりました。
最近。

そう、摂理で良かったなとしみじみ思うのは、
どん底みたいな時も、
絶対に天はいろんな意味で自分にとって必要なことを教えてくれている。
自分がより良くなるチャンスを掴めるようにして下さる天の法則・理致を教えてもらいつつ
実施訓練できるところです。

数年、落ち込んでいたこの一件を通して、
私も過去、このようなことしていたから悔い改めなさいと学びつつ
自分がもし指導者だったら、もっとひどいことをしていただろうなとわかってよかったです。
そして、自分のまがった考えがひどすぎてホントに天をどれだけ傷つけ悲しませてきたか、日々悔い改め中です。
悔改める分だけ、部屋が片付いてきれいになるように、
なんか変わっていく過程を生きています。

大切なのは、天と自分。
私がどれほど大事な存在なのか、それを教えて下さるのは神様しかいない。そう改めて思います。

「天は使命と年輪で人に接することはしない。
ただ愛で経緯どおりに接してあげる。
だから経緯があなたの冠であることを悟って、
毎瞬間、経緯を残しなさい。」

神様のメッセージ(みことば)を心を開いて受け止める瞬間から、
いろんなモノゴトや
人との関わりも天とのイキサツになるなぁって思いました。

こんなかんじで考えが天ともっと通じるように自分を大切に作ろうとしています。

そんな信仰生活です。

ゆえに、指導者はいるようでいないというか、結局主が頭であり、ほかは肢体の一部なのです。
平信徒のながーいつぶやきでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. キリスト教福音宣教会とは?
  2. このブログをしている理由。
  3. 胸にしみたひと言。
  4. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。

関連記事

  1. About 摂理

    勧誘と伝道の違いを露わに教えてもらった壮年部礼拝。

    今週の主日は東日本壮年部の合同主日礼拝でともに捧げさせていただきました…

  2. イキサツ。

    適性が無いこと、わかった時どうするか考えた。

    コールセンターの仕事から転職しようかという現状を綴った記事を書いたとこ…

  3. About 摂理

    誰にも彼にも開かれている場所、ウォルミョンドン。

    摂理の猫カフェのりおさんが「月明洞に行くと生きて帰ってこれないらしい」…

  4. Power of God's word

    成功したいと思う方に、オススメ。

    聖書を根拠にアドバイス・コーチングしてくださるくらら牧師You…

  5. Thinking

    感性が、写真と文字であらわれる。>せつりぺたぺた日記

    以前も一度、紹介したのですが「別れへの感じ方が変化した話」を読んで…

  6. イキサツ。

    私が出会った摂理と韓国。

    私が初めて韓国を訪れたのは高校生の修学旅行でした。当時は、2002…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    ピアノ講師から転換!次の道は?
  2. イキサツ。

    ジュエリー店員が見た真の宝石
  3. Workつれづれ

    業界No1のエステティシャン…結末は!
  4. イキサツ。

    業界No1のエステティシャンが見た現実は…
  5. Workつれづれ

    ピアノの先生からトラックの運転手へ!
PAGE TOP