Power of God's word

日本人のように、異邦人だったアブラハム

 

旧約聖書の中で「信仰の父」として大きな人物であるアブラハム

聖書にこのような記述がある。

 

☆。.:*・゜☆。.:*・゜☆。.:*・゜

 

このように、アブラハムは

「神を信じた。それによって、彼は義と認められた」

のである。

だから、信仰による者こそアブラハムの子であることを、知るべきである。

聖書は、神が異邦人を信仰によって義とされることを、

あらかじめ知って、アブラハムに、

「あなたによって、すべての国民は祝福されるであろう」

との良い知らせを、予告したのである。

このように、信仰による者は、信仰の人アブラハムと共に、祝福を受けるのである。

<ガラテヤ人への手紙3章6~9節>

 

☆。.:*・゜☆。.:*・゜☆。.:*・゜

 

ここに出てくる「異邦人」とは??

唯一神=エホバ=神様

を信じていない人の事である。

 

アブラハムの家系は「偶像」を作る家系だったから、父親ももちろん「唯一神=エホバ=神様」を信じていなかった。

(信じていたら偶像を作らないよね~)

そんな環境の中で生まれたアブラハム。

そんな彼が神様の存を知り、

「神を信じた。それによって、彼は義と認められた」

のである。また、

神が異邦人を信仰によって義とされること

と聖書に書いてあるように、

「唯一神を信じていない異邦の人も、信仰によって救われる」

のである。

神様は「信仰」をどのようにみられるのか?

アブラハムの行いを見たら分かる。

アブラハムは絶対に神様を信じたことで神様に認められた人だ。

自分自身の考えよりも、「神様の考え」を最優先にして行った。

 

神様がアブラハムに、

「あなたの唯一の子どもイサクを捧げなさい。」

と仰った時も、とても愛している子どもで、自分の考えでは到底できないとしても、その考えを置いて子どもを捧げようとした人だ。

アブラハム3

@catholicuwajima

神様は、ひたすら神様の言葉を信じ、自分の考えを捨てて行うアブラハムの姿をご覧になって、

「あぁ、この子は私の考えを何よりも大切にして行うのだな。」

と、その「信仰」を認められたのだ。

(この後、神様はイサクを殺そうとしたアブラハムに「あなたの信仰は分かった。もう充分である。」と仰り、イサクを捧げさせるのをやめさせられる。)

 

どうしてアブラハムはそこまで出来たのだろうか??

神様は「考えの次元」が高い事をはっきり分かっていたし、

「自分の考える良いもの」よりも「もっと優った良いものを神様が下さる事」を分かっていたからできたのだ。

 

人間の考えには限界がある。

それを超える為には、人間よりも高い次元の「神様の考え」を受けないといけない。

そのために神様が送って下さったのが「キリスト=救い主」だ。

キリスト4

@jintano

キリストに会ってこそ、私たちは人間の限界を超えて、真の意味で「自由」を得る。

 

聖書にはこう書いてある。

 

☆。.:*・゜☆。.:*・゜☆。.:*・゜

 

あなたがたが召されたのは、実に、自由を得るためである。

ただ、その自由を、肉の働く機会としないで、愛をもって互に仕えなさい

律法の全体は、「自分を愛するように、あなたの隣り人を愛せよ」というこの一句に尽きるからである。

気をつけるがよい。

もし互にかみ合い、食い合っているなら、あなたがたは互に滅ぼされてしまうだろう。

肉の働きは明白である。
すなわち、
不品行、汚れ、好色、 偶像礼拝、まじない、敵意、争い、そねみ、怒り、党派心、分裂、分派、 ねたみ、泥酔、宴楽
および、そのたぐいである。
 
このようなことを行う者は、神の国をつぐことがない。
しかし、御霊の実は、
愛、喜び、平和、寛容、慈愛、善意、忠実、 柔和、自制
であって、これらを否定する律法はない。
キリスト・イエスに属する者は、自分の肉を、その情と欲と共に十字架につけてしまったのである。
もしわたしたちが御霊によって生きるのなら、また御霊によって進もうではないか。
互にいどみ合い、互にねたみ合って、虚栄に生きてはならない。

<ガラテヤ人への手紙5章13~25節より抜粋>

 

☆。.:*・゜☆。.:*・゜☆。.:*・゜

 

たとえ日本のようにキリストを信じる人が国民の1%にも満たない民族だったとしても、キリストに出会い、その御言葉を聞いて神様を正しく信じ、「御霊の実」である愛、喜び、平和、寛容、慈愛、善意、忠実、 柔和、自制を行いながら生きるならば、聖書に出てきたアブラハムのように「信仰によって義とされ、真の意味での自由を得る」人生になるだろう。

 

この聖句は、異邦の地のような日本民族にとっても、希望的な聖句だなぁと思ったまっちゃんでした★

 

生活の中でもっと9つの「御霊の実」、結びたいッス!ヽ(*´∀`)ノ

 

 

自分の体質を悪く作っておいたら、その運命が、自分が好きな悪い世界に傾いて生きるようになる。

鄭明析牧師の明け方の御言葉より@ www.god21.net

 

 

<考え>によって「一日の運命、一生の運命、霊の永遠な運命」が左右される。

だから<考えの絶対者神様>を頼って<神様の考え>どおりに生きなさい。

そうしたら絶対失敗しないで、地獄に行かず、永遠な天国に行く。

鄭明析牧師の明け方の御言葉より@ www.god21.net

 

 

 <天国>に行くか<地獄>に行くかは、

「自分の考えと行ない」で左右される。

鄭明析牧師の明け方の御言葉より@ www.god21.net

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. このブログをしている理由。
  2. 胸にしみたひと言。
  3. キリスト教福音宣教会とは?
  4. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。

関連記事

  1. Power of God's word

    イラスト箴言。

    絵って理解を深める力あるなぁと毎回思う。私もいつか描いてみたく…

  2. Power of God's word

    「しあわせ」はどこからくるのか?

    もし、人が花ならば花の蜜は人の心・考え。はちみつを作るハチは、…

  3. Power of God's word

    行なって感じる。

    秋空と稲穂の色合いが美しいと思う季節。蒔いて植えて、刈り取…

  4. About 摂理

    聖霊は「お金」で買えるの!?

    「聖霊を受けたら、やる気が満ち溢れ、パワーが満ち溢れる!」と以前ブログ…

  5. Power of God's word

    力が抜けない方法。

    分かって損を被ることがないように、変化と成長が出来るように神様が教えて…

  6. Power of God's word

    自分の価値と本来の値打ち。

    「すべての果物には共通点があります。それは!熟してこそ「本来の成分…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    業界No1のエステティシャンが見た現実は…
  2. Workつれづれ

    20歳のトラックドライバー、その後
  3. イキサツ。

    ジュエリー店員が見た真の宝石
  4. Workつれづれ

    ピアノの先生からトラックの運転手へ!
  5. イキサツ。

    ピアノ講師から転換!次の道は?
PAGE TOP