Thinking

時間についての考察が深まる神様のみことば。

Time is moneyとよく言ったもので、お金と時間はイコールで結ばれるくらいに貴重だと
誰しもうなずくしかないだろう。
学生の時よりも社会人になった時に痛感する人が多いかもしれない。
もしくは、家族を作って子育て期の方々に多いのかもしれない。

いずれにしも、人生を生きる中で老いも若きも時間は止められずに、進んでいくし
よくできても、よくできなかったとしても時間はなくなる。

「人生の意味を知るために人生があるんだとおもう」と
「死ぬ時に生きてきたとおりに答えと目的を得る。悟るのだろう」と話している人が結構いるのを見聞きしてきた。

 

生まれてきてから死ぬまでの時は定まっているが
わかって生きることはできない。

つまり、時を定めた神様にしかわからない。ってことだと痛感した。

わたしは分からないまま生きるなんて、辛すぎるって思った。
でも、時間の使い方についてのHow to本はあっても、目的と意味を教える本はなかった。
そして、生きる意味と目的をわかって生きる人生を実体験を通して見せながら教えてくれる人を探したがいなかった。

なので、知らないで生きるのは仕方がない事なのか・・・と諦めた。

諦めて、惰性のようにつづくような変わり映えのない日常に
閉塞感を感じながら生活していた。摂理に来る前までは。

 

 

今朝の箴言で

<時間>について分からなければ、「時間の味」も分からない。

<時間>は「よく使う味」だ。
キリスト教福音宣教会-摂理 チョンミョンソク牧師による箴言

とあった。

摂理に来てから神様の観点でみる歴史と人間の人生について知るようになってから
私の時間に対する感覚がかなり変わった。
以前は、12/31が来てから「あ~なんか、あっという間だったな~何かいろいろあったけれども、なんか残ったものがあるのか?と言われたら何もないな」という感じが否めなかった。
もちろん、今も「あっという間」な感じはあるが
挑戦できた。=自分の変化
が、摂理に来てからはあるので、
時間を使う=成長するという意味で
私は時間の味を感じるようになったのだ。

「人生、一生自分を作ることだ」とチョンミョンソク先生がおっしゃっていたが
本当に、自分を作ること・直すことができる
神様の御言葉(みことば)を学ぶことができて本当にしあわせかつ感謝。
だと、時間についての認識の変化を通して思った。

この記事を書いたブロガー

黄雲 kou★un
生まれも育ちも山梨。東京へ通いながら摂理のバイブルスタディを学び、意を決して上京した後、教会がない山梨で生活している平信徒アラフォー。中高短大山梨英和卒業。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  2. このブログをしている理由。
  3. キリスト教福音宣教会とは?
  4. 胸にしみたひと言。

関連記事

  1. Thinking

    忘れられなかった一言。

    「買う方がいるから、売る方もいるわけじゃん。なんで、ウルほうばかり悪く…

  2. Power of God's word

    使徒の精神 聖霊を受けて変化したペテロ

    新約時代、イエス様が十字架につけられて、残された弟子たちの上に聖霊が臨…

  3. Thinking

    80歳代で現役活躍されている方々の輝き。

    85歳の世界最高齢モデルと83歳のトップセールスレディの記事を読みまし…

  4. Thinking

    いつでもできること。

    仕事中に、強烈に無理だ。と諦めそうな気持ちが湧いてきて私を取り囲んだ。…

  5. Thinking

    地味な作業のさなか、派手に感動したこと。

    あんなに小さかった子がこんなに大きくなりました。といわんばかりにカ…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    業界No1のエステティシャン…結末は!
  2. イキサツ。

    ジュエリー店員が見た真の宝石
  3. イキサツ。

    エステティシャン→整形外科の若手主任に!
  4. イキサツ。

    ピアノの先生からトラックの運転手へ!
  5. イキサツ。

    ダイバーちーちゃん、世界の海へ!
PAGE TOP