feeling

母校からの便りで思い出したこと。

私が山梨英和で中学生をしていた時、名物的なというか、印象的な校長先生がいらっしゃった。
ミッション系の学校なので、クリスチャンの教員が多いが、その校長先生もクリスチャンだった。

ある時、校長先生がどうしてクリスチャンになったのか?を話して下さった。
校長先生がまだ10代だった時、第二次世界大戦まっただ中。
病気をして療養所にいたそう。そこで、病気によって半分顔が崩れた女の人がいたそう。。。
正直恐かったと。
申し訳ないけれども、真正面から向けなかったんです。
その時に、イエス様の愛について衝撃を受けたんですよ。と話されていた。

イエス様は、一人ひとりに向き合って、愛して、癒してあげた。
それがどれだけすごい事なのか、ショックを受けたのだと。

当時、わたしは聖書をおとぎ話のような、物語のような感じでとらえていたので、
どうしてそこまで衝撃を受けるのか、正直理解できず
ただ、校長先生の正直な心で話される内容に心打たれた。

イエス様がされた奇跡がおとぎ話ではないらしい。
そう、おもった。
大の大人が人生かけて信じるほどのことが、この聖書に書かれているらしい。
しかも、私が観察してきた大人の中で、この人は正直な人だ!
校長先生なのに、まったく偉ぶることなく、謙虚な話され方をするところに信仰ってなんかイイものらしい。そう感じた。

わたしが神様について、イエス様について真剣に考えるようになったのは、
多感な時期と言われる10代の時に、神様がこの校長先生はじめいろんな信仰者に出会わせてくださったからだなぁと
しみじみ思った。

校長先生が好きだった「讃美歌第二編64番のぼれ高く」
夏の青い空に映える白い入道雲を見ながらメロディが頭に流れた。
あの時は、歌詞の意味もそこに込める思いも全く分からなかった。

生きた信仰者に出会っていなければ、摂理や宗教に対しての悪い噂で多分にもれず、悪いものというレッテルそのまま判断していただろう。。。。
疑心暗鬼の塊のような私に、必要な人に出会わせてくださっていた天に感謝。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. キリスト教福音宣教会とは?
  2. 胸にしみたひと言。
  3. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  4. このブログをしている理由。

関連記事

  1. Thinking

    失敗は悪いことではないってコト。

    失敗しないことが大事だという考えがどこかにあると失敗するときに…

  2. Thinking

    大阪教育大学~カラスとの攻防その④~

    大阪教育大学の運動場で白いキノコを食べている集団の…

  3. feeling

    秋の賛美コンサート。

    キリスト教福音宣教会 オープン行事。Autumn Event201…

  4. feeling

    考えが方向だ。

    「考えが方向だ。人間は考えるとおりにそちらの方…

  5. feeling

    毎年クリスマスにおもうこと。

    キリストを礼拝するという意味のMerryChristmasクリ…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    ジュエリー店員が見た真の宝石
  2. Thinking

    ちーちゃん、摂理に洗脳された妹を救いに!?
  3. Workつれづれ

    業界No1のエステティシャン…結末は!
  4. Workつれづれ

    20歳のトラックドライバー、その後
  5. イキサツ。

    エステティシャン→整形外科の若手主任に!
PAGE TOP