動物

続つばめ通信。

その後、すっかり大きくなり巣には入れない5羽はどうしているか?というと
巣のななめ前にある、父が以前作った止まり木的な板をねぐらとしている。
県図書から借りてきた本によると、どうやら巣立つと本来は川沿いの草むらとかに生息するそう。
この子たちは巣の近くに良いねぐらがあったので川に行かないのかもしれない。

だいたい朝、5時半くらいから騒ぎ出して7時くらいには餌を食べに行くみたいでいなくなる。
夕方には、6時くらいには戻ってきて仲良く並んでいる。

すごい騒いでいる時に、なになに?どうしたの?と見に行くとピタリと鳴き止む。

5羽のうち1羽は警戒心が強いらしく私が出ていくとすぐに飛び立ってしまう。

残り4羽はだいたい寄添っている。
↓は、なぜか横に押し出して寄って行っている面白行動。
名付けて、関取すわろーず。。。

面白すぎる。

かわいすぎる。

万物を比喩にして、神様が悟らせたい目的がある。
それを解るためには、万物の特性を知る事。
注視すること。
神様に尋ねて見ながらメッセージを読み解くこと!と教えてもらったので
「ツバメの謎」という本を借りてきた。

初めて知った事が増えた。

ツバメは抱卵を1回の場合もあれば、
2回あるのも普通なのだそう。
なんと、3回ある場合もあるそう。

1回目は4月、2回目は6~7月とのこと。
たしかに~時期はあっている。

ツバメは春の鳥というイメージがあったので、たまたまずれたのか?
もしかして、そういう種類なのか?と思っていたのだが・・・。

なるほど~やはり知ること大きいな。
と感嘆しながら謎本を読み進めて行ったところ、

さらなる驚愕な生態を知った。

それが、自分にとって結構なメッセージとなったので、正しい悟り・解釈なのか神様に確認中である。。。。

や~すごいっす万物通してのメッセージ。

この記事を書いたブロガー

黄雲 kou★un
生まれも育ちも山梨。東京へ通いながら摂理のバイブルスタディを学び、意を決して上京。信仰生活5年の時、想定外にUターンな平信徒アラフォー。中高短大山梨英和。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  2. このブログをしている理由。
  3. キリスト教福音宣教会とは?
  4. 胸にしみたひと言。

関連記事

  1. 動物

    天敵との接し方~新しく~

    天の敵と書いて【天敵】…

  2. feeling

    おさなごのこころ。

    念のために、申し上げるがおなごのココロにあらず、幼子オ…

  3. feeling

    生きることは命によって命が生きること。

    真夏なのに、ツバメが子育て奮闘中です。5兄弟は両親をぐったりし…

  4. やまなし情報

    佐賀~カチガラスの語源は?

    佐賀には「カチガラス」というカラスがいる。これは、佐賀での呼び…

  5. 動物

    神様の愛、気づいた瞬間。

    御年18歳雑種犬、ぽぽ。左目のフチに腫瘍持ち。高齢のため麻…

  6. Thinking

    大阪教育大学にキノコが生える?!~天敵との攻防戦その①~

    先日、大阪教育大学に行ったら、大量にカラスが生息し…

  1. イキサツ。

    ダイバーちーちゃん、世界の海へ!
  2. イキサツ。

    エステティシャンからリハビリ・看護助手へ転職!?
  3. イキサツ。

    ピアノ講師から転換!次の道は?
  4. イキサツ。

    憧れのピアノ講師…のはずが?
  5. イキサツ。

    エステティシャン→整形外科の若手主任に!
PAGE TOP