動物

続つばめ通信。

その後、すっかり大きくなり巣には入れない5羽はどうしているか?というと
巣のななめ前にある、父が以前作った止まり木的な板をねぐらとしている。
県図書から借りてきた本によると、どうやら巣立つと本来は川沿いの草むらとかに生息するそう。
この子たちは巣の近くに良いねぐらがあったので川に行かないのかもしれない。

だいたい朝、5時半くらいから騒ぎ出して7時くらいには餌を食べに行くみたいでいなくなる。
夕方には、6時くらいには戻ってきて仲良く並んでいる。

すごい騒いでいる時に、なになに?どうしたの?と見に行くとピタリと鳴き止む。

5羽のうち1羽は警戒心が強いらしく私が出ていくとすぐに飛び立ってしまう。

残り4羽はだいたい寄添っている。
↓は、なぜか横に押し出して寄って行っている面白行動。
名付けて、関取すわろーず。。。

面白すぎる。

かわいすぎる。

万物を比喩にして、神様が悟らせたい目的がある。
それを解るためには、万物の特性を知る事。
注視すること。
神様に尋ねて見ながらメッセージを読み解くこと!と教えてもらったので
「ツバメの謎」という本を借りてきた。

初めて知った事が増えた。

ツバメは抱卵を1回の場合もあれば、
2回あるのも普通なのだそう。
なんと、3回ある場合もあるそう。

1回目は4月、2回目は6~7月とのこと。
たしかに~時期はあっている。

ツバメは春の鳥というイメージがあったので、たまたまずれたのか?
もしかして、そういう種類なのか?と思っていたのだが・・・。

なるほど~やはり知ること大きいな。
と感嘆しながら謎本を読み進めて行ったところ、

さらなる驚愕な生態を知った。

それが、自分にとって結構なメッセージとなったので、正しい悟り・解釈なのか神様に確認中である。。。。

や~すごいっす万物通してのメッセージ。

この記事を書いたブロガー

黄雲 kou★un
生まれも育ちも山梨。東京へ通いながら摂理のバイブルスタディを学び、意を決して上京。信仰生活5年の時、想定外にUターンな平信徒アラフォー。中高短大山梨英和。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 大阪でおススメのパフェ屋 nana’s green tea
  2. キリスト教福音宣教会とは?
  3. 教育現場の叫び 過労死ラインの労働時間
  4. 京都 おすすめスイーツ かき氷・綿菓子編
  5. 胸にしみたひと言。

関連記事

  1. 動物

    神様の愛、気づいた瞬間。

    御年18歳雑種犬、ぽぽ。左目のフチに腫瘍持ち。高齢のため麻…

  2. 動物

    カッコイイ生き方~リスとお師匠~

    お師匠の子どものころのエピソード☆お師匠が子どもの…

  3. 動物

    天敵との接し方~新しく~

    天の敵と書いて【天敵】…

  4. trip✈

    佐賀~カチガラスの語源は?

    佐賀には「カチガラス」というカラスがいる。これは、佐賀での呼び…

  5. Thinking

    万物で悟らせてもらいました。

    自分の価値がいまいちわからないと思い続けて長いわたし。申し訳な…

  6. Thinking

    大阪教育大学~カラスとの攻防戦その②~

    先日、大阪教育大学で大量に発生したカラスの大群とバ…

  1. Thinking

    お化粧の本質
  2. food-Cooking

    バイブルスタディと大学生たちの証
  3. Thinking

    九州でも摂理の御言葉を学ぶことが出来て、本当に感謝すると~!!
  4. Thinking

    バテ気味か?自分。
  5. Power of God's word

    刃物の刃みたいな考えとは。
PAGE TOP