つぶやき

陥れる祖母のおかげだと思えた日。

ご近所や親戚に、接するときと家族(とくに嫁である母へ)に対するときの言動が全く異なるというか、母にキツイ当たりを日常的にしている本人なのに、むしろひどい仕打ちを嫁から受けていると涙ながらに語る姿や、祖母の意にかなわないことがあるとニコニコしていたとおもったら相手がいなくなったとこで人相激変させながら「畜生めが」と罵る祖母の二枚舌の姿を子どもの頃から目の当たりにしたことは、ヒトとは恐ろしい存在であるゆえに、安らぎなき不確かな世界それが私の見るこの世だった。

私など生まれてこなければ良かったと思うようになった主要因かもしれないが、むしろ今は良い経験だったと感謝するようになった。

それは、チョンミョンソク総会長牧師を訴える方々の存在をよく理解できるから。

無駄な経験は何一つないとおもえるようになったこと有り難く、チョンミョンソク牧師が無実であると改めてなぜ思うのか改めて文字にするのも必要なのかもしれないと思う今日この頃。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 胸にしみたひと言。
  2. キリスト教福音宣教会とは?
  3. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  4. このブログをしている理由。

関連記事

  1. つぶやき

    ランニングを続けると何が変わったか?

    家族や親戚から、部活に入るならば体育会系がいいよと進められつつも完全に…

  2. つぶやき

    チョンミョンソク牧師のお母さんを思い出すと知らないうちに涙が出る。

    もう亡くなられて3年目になること、あっという間で驚くしかないけれど…

  3. つぶやき

    人は気分で死に、生きるってしみじみ思うわけです。

    一日を振り返ってみると、自分の気分をどのくらい調節できたかな~とあ…

  4. つぶやき

    セイタカアワダチソウの濡れ衣から学べることが意外にある話。

    秋が始まり、朝と昼の寒暖差も野の草のメンツも明らかに秋を感じる頃に…

  5. つぶやき

    報道と恐れの因果関係がなくなる日を願って。

    私はなんでもないただの小国民ですが、メディアの暴力を体験したことがある…

  6. つぶやき

    蒔いてこそ刈り取る。

    私の家の近くには水田が多い。秋の始まりを告げる風は稲穂の香りだ。…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    ダイバーちーちゃん、世界の海へ!
  2. イキサツ。

    エステティシャン→整形外科の若手主任に!
  3. イキサツ。

    業界No1のエステティシャンが見た現実は…
  4. Workつれづれ

    業界No1のエステティシャン…結末は!
  5. Workつれづれ

    エステティシャンからリハビリ・看護助手へ転職!?
PAGE TOP